リッジランナー再生・勢いに乗って

リッジランナーの再生は勢いのあるまま一気に行きたいと思います。
1号車のパーツ類は自分で選んでいたら数週間迷い続けることでしょう。
ここは昨日の日記のようにプロショップに意見を聞きつつさっさと再生の方向性を決めて行くべきと判断しました。

では意見を聞きに行くにはまずどの部品が使用可能でどの部品が必要なのかはっきりさせる必要があります。
ハンドル・フォーク・フレーム・シート以外はすべて交換するつもりですがとりあえずばらしていきます。
ショップに相談に行った土曜日深夜、その勢いを借りて作業開始。

P1130973.jpg

水洗いした後なのでさわっても大丈夫。
とにかくすべて外すつもりで作業。

P1130975.jpg

クランクはずしてギアリングも外します。

P1130976.jpg

若干固着と戦いながらの作業。

しかし、BBのロックリングがどうしても回りません。
深夜に音を立てる作業をするわけにはいかないのでCRC吹き付けてそっとしておきました。

P1130977.jpg

ブレーキやワイヤー、シフターなどもすべて外した後、ピカールでこびりついたホコリや泥を落とします。
ひとまず満足したところで就寝。

P1130979.jpg

翌朝、家事を済ませてから作業再開。
昨夜断念した固着コンビとたたかいます。
ボトムブラケットのロックリングとシートポストがガチガチです。

P1130980.jpg

CRCとヒートガンを使ってもにっちもさっちもいきません。
無理せずここはプロにゆだねることにしました。
ステムのボルトはゆるめることが出来ましたがヘッドセットをゆるめるサイズのスパナを持っていないのでフロントフォークもつけたままにしました。

P1130983.jpg

カセットスプロケットを外そうと思いましたが全体重をかけてもびくともしませんでした。
前後のホイールの新調決定(笑)
まあ数万キロ走っているので買い換え時かな。
今までお疲れ様。

P1130984.jpg

これが再利用できる部分。
写真に写っているいないものではこの他にハンドルです。
ハンドルも元の蛍光ピンクに再塗装して復活させようと思います。
ボトムブラケットとヘッドセットはショップでばらしてもらい様子をみることにしました。
ピカールでずいぶん綺麗になりました。
若干塗装にくすみを感じますが後でクリアを塗装すればいいでしょう。

P1130985.jpg

BBのロックリングも泥とさびでこてこてでしたが真鍮ブラシで綺麗にしておきました。
昼前にショップに持ち込んで再生の方向性を伝えました。
用意してもらいたいパーツを紙に書き出して持って行き、それを元に店員さんと打ち合わせしました。
リアはオリジナルは7速ですが、今の主流は8速から9速。トップレベルでは10速だそうです。
一番多いのは8速だそうで最初は8速にしようかと思いましたがそのうち世間の主流は9速になると思い9速化の方向で決まりました。
シフターやディレイラー、ワイヤーやチェーンなど9速用でそろえるわけです。

タイヤはもとのホイールにスリックを付けていたので「スリックですか?」と聞かれましたが
当時は街乗りに使っていたのでスリックにしていたわけで今は街乗りはママチャリでokです。
レストア後のリッジランナーは室内保管で乗るときは山と決めているのでブロックタイヤでお願いしました。

今回リッジランナーを再生するにあたって方向性ははっきり決まっていたので話もとんとん拍子で進みました。
問題はボトムブラケットが外せるかどうかですね。
あそこが整備出来なければ再生できません。

どきどきしながら待つことにします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

旧式フレームの使用で問題になるのは・・
ヘッドパーツが入手できるかとブレーキ回りをどうするかですね。
また、ハブの幅です。
コンポーネントはすでにXTR XT SLX Deore等定価10万~の車体に着いてる
物は10速になっているので、これから安価モデルはすべて9速になりますねぇ
今年Alivioの9速モデル発表されてるので。

さて、ヘッドパーツは1インチなのか1-1/8なのかで違ってますが・・
1インチの場合ビストや旧タイプのロード用の物でどうにかなるでしょう。
1-1/8インチなら現行なので探せばいくらでも有ります。
ブレーキについて当時はカンチブレーキしかない頃なので、すでにビンテージ物の
カンチブレーキ探すか、車体補強パーツを用いてVブレーキ化するかです。
またブレーキレバーの互換性の問題もあるので、Vブレーキ化してしまうのが一番と思いますけど。
最大の問題はハブの幅でしょう。
このころの物はフロント75mm リア130mmが多く現在のMTBはフロント100mm リア135mm
で幅が合いません。
リアについてはロードが130mmなのでどうにかなりますが。

当方4年前に現在のMTBに替える前までカンチブレーキの最終型(今から16年前の物)に
乗っていたので、4年前突き当たった問題です。
今ならホイールを組み直すこともできるので有る程度直せますが、当時はホイール回り
買うか、自転車屋に頼むしかないため高額になりそれより遙かに安くアルミフレームの
DISK車が買えるので買い換えました。

BEATさん

詳細なアドバイスありがとうございます。

手持ちのリッジランナーは91年製ですが、ハブ幅がフロント100、リア135なので大丈夫です。
何もかんがえてなかったんですけど、たまたまOKでした(笑)
ブレーキはレバーごと交換するのでVにするつもりです。
ヘッドは今回グリスアップだけで対応するつもりです。

フレームの清掃とクリア塗装が本日完了したところです。
完全硬化したらロゴマークを貼りたいので現在ロゴデータ作成中です。

No title

なるほど!
直してる人が多いわけだ。
オーバーロックナット寸法が最大のネックなので。
やはりミヤタは先見の目がありますね。
今は自社でのスポーツ車製造止めてmeridaの代理店になってますが・・

と言うことは、コンポーネントで2~3万、安い完組ホイール1式1万、タイヤ+その他で1万と言ったところですか。
360を直せるあつしさんならMTBのレストアは造作もないでしょう。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク