特殊工具(SST)

さて、ずいぶん以前にママチャリの右ワンが外れないという日記を書きました。
夏頃に自転車屋のおやじに相談して外してもらえることになりましたという報告も書きました。

でも自分の手でどうにか出来ないかと少し前からチャレンジ開始。
昼休みにちょこっとばらして採寸。

111028a.jpg

ママチャリの右ワンって皆さん苦労されているようです。
別の形状では大きなナットをSST代わりに利用されているのをネットで見ました。

111028b.jpg

でもこの形状ではだめでした。
フックレンチも引っかけることが出来ません。
フラットバーから切り出した方もネットで見かけましたがかなりの手間です。
どうしようかと実は夏頃からずっと考えていました。

で、ある時ひらめいた「楽に作る方法」(笑)
思いついたときは小躍りしました。

111028c.jpg

採寸したものをCADで描いてそこに適当な大きさのパイプをあてがいます。
学生の頃、ベッドやキャンプ用のキッチンを作った時に活躍したイレクターパイプ。
まだ切れっ端が残っていました。

111028d.jpg

ペンで印を付けて細工用のダイヤモンドヤスリで削って形にし、先週の日曜日いよいよ作業することにしました。
朝から洗濯をすませて作業開始。

111028e.jpg

出来れば今日は内装4段のF4を仮付けするところまで進みたいものです。
ペダルやクランクをサクサク外して右ワンに到達。

111028f.jpg

これがSSTです。
うまくいくでしょうか。

111028g.jpg

どきどきしながら合体!
ほんまにどきどきしてました。

111028h.jpg

おお!とりあえずサイズはぴったり。
パイプに穴を開け棒を通し、Tレンチのようにしてぐいっと力を込めて回しました。
JISの逆ネジなので右に回します。
すると・・・・・

111028i.jpg

やたっ!
外れました。はずれましたよ!!!
1月に作業中断してからどうしようかな~っと考えていましたが自分で解決できました。
パイプを削ればあの複雑な形状が作れると思いついた時はさっきも書いたように小躍りしたし、こうやって実際に外れて一人でガッツポーズ!
後日、自転車屋の親父さんにSSTを見せに行きました。
「こんなんでよう外れたなあ」とおっしゃってました。

これが外したBB周り一式です。
正当派カップ&コーン式。

111028j.jpg

さて、この姿を拝んだ以上はF4装着の試行錯誤にやっとかかれるわけです。
ここで一番の問題はF4を取り付けるにはF4用の右ワンを取り付ける必要がありますがこの右ワンがなんと正ネジ、そしてママチャリは逆ネジ。

ネットで事前に情報収集すると折り畳み自転車にF4を取り付けた方の作業が参考になりました。
若干削ってタップを当てるようにしておられます。
それでバカになっても押し込み式にすれば対応できるかとは思います。

で、早速パーツ箱にまとめたF4一式を取り出しましたがここで問題発生(笑)
ほぼすべてのパーツはそろっているのですが虎の子のBB軸だけがありません。
なんで???

あれが無いと話にならないので大捜索を開始。
どこをひっくり返しても出てきません。

111028k.jpg

途中で、「あそっか」と思い出しました。
昼休みに洗浄&採寸しようとずいぶん以前に事務所に持って行ってました。
まあ今日はあきらめて部品や工具、キャンプ道具の整理をすることにしました。

「何でこんなもん、とっておいたんやろ??」というような宝の山がザクザク(笑)
なめたボルトやゴムの切れっ端とか。
他にもいらないものを処分したりして大きな衣装ケース二つ分くらいスペースが空きました。
残ったものを整理してまとめておきました。

111028l.jpg

まあ今日はF4の装着まで行くつもりでしたが、準備不足で思わぬ予定変更となってしまいました。
段取りができてないなあ(笑)

111028m.jpg

ものが減らせたので良しとします。
F4装着は右ワン加工が肝になりそうです。
もしくはママチャリ用の右ワンを加工するか???
はたまた右ワンのワンオフ。これもありかもしれません。

要するにF4の太陽ギア部分を固定するためのスプラインの入ったパイプが一体となった逆ネジの右ワンがあれば良いわけです。
しばらく考えようかな。

あ、BB軸はちゃんと事務所にありました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ごぶさたしています。いまジャイロと戦っていますエンジンにWPCをと思っているのですがスバルにはうどうでしたか?おおしえ下さい。よろしくです。

強面1号さん

ご無沙汰してます!ブログ見ました。
ジャイロ、面白そうですね~

WPCは良いと思います。
「思います」と微妙な書き方の理由は以下の通りです。

・ニューエンジンはSS仕様のためシリンダーがノーマルのアルミ&鋳鉄スリーブから
 オールアルミ&ポーラスメッキという仕様になっておりピストンクリアランスも詰められているそうです。

なので首振りが押さえられて、WPC処理以外にもエンジンがするすると回る要因があります。
今回SS化とWPC処理を同時にやってしまったので、このするするっと回る感じにWPCがどれだけ貢献してるかはっきり言えませんが

WPC処理をしたピストンとピンを組んでピストンを傾けるとスーッとピンが滑り出すくらいなので
摩擦力の低減には大いに役に立っているはずです。

クランクもばらしてWPC処理してから組み直しています。
私はピストンとリング、ピン、クランクのジャーナル部、シリンダー内壁にWPC加工しました。
ついでにマイクロロン処理もそれらの部品とベアリングすべてに施しました。
するする回って面白いです。


> ごぶさたしています。いまジャイロと戦っていますエンジンにWPCをと思っているのですがスバルにはうどうでしたか?おおしえ下さい。よろしくです。

SSTは

最後は作るですな。
こちらはカセットフリーの分解工具作りました。
モデルによって完全に分解できない物も有るんですが、洗って
専用グリス詰め直しただけでかなり違う物です。

BEATさん

> 最後は作るですな。

そうですね、たいがい売ってませんからね(笑)
でも今回は作る方法がなかなか思い浮かばなかったのです。
無事に外れたときはほっとしました。
これも楽しみの一つですね。

No title

あつしさん ありがとうございます。マロッシ フルポートにWPCやってみます!2ストは1年生なので、また先輩のアドバイスお願いします。とにかく耐久性&速さを求めて頑張ります。

強面1号さん

先輩なんてとんでもありません!(笑)
思いっきり我流なんであまり真に受けないでください~

それはさておき、そのままのエンジンでWPCの効果がどうなのか知りたいです。
強面1号さんのブログもチェックしてますのでアップしてくださいね!

No title

あつしさん 了解しました。2ストの耐久性がどんなものか?早く知る方法考えます。出来る限りアップしていきます。よろしく!
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク