スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残暑厳しき折

まだまだ暑い日が続きますが、朝のセミの鳴き声が数十匹から数匹に減ってきたので夏のピークは過ぎたのかなと感じております。

一応お盆休みはきっちり4日間休みました。
若干持ち帰り仕事がありましたが、初日の朝、涼しいうちにやっつけました。

家にいても暑いしセミもうるさいのでどこかへ泳ぎに行くことに。
でもプールはどこも寿司詰め状態だと思うので子供の頃泳いでいた川に行くことにしました。

P1070412.jpg

去年も来た泉南の山中川です。
今年は雨が少ないからか水量が減っていて、しかも瀬に石や砂利がたまって流速も落ち、淵が少し淀んでいました。
早速、瀬の石を取り除き瀬の入り口と出口の流速を確保。淵の透明度がみるみる上がります。

P1070438.jpg

弁当を食べて、天然スライダーで遊びました。
ここはもう誰も泳ぎに来ない様でずっと貸し切りでした。
子供の頃は結構みんなでわいわいやってたんですけどね。

沢ガニを捕まえたり魚を追いかけ回したりと久しぶりに川遊びを満喫。
梅雨の頃には蛍もいる川です。カワニナがいたので今も蛍はいると思います。

次の日はママチャリのメンテにいそしんでいました。
前日の河原の石を動かしたダメージが身体にこたえています(笑)

P112091.jpg

さて、その翌日はまたまた泳ぎに行くことにしました。
今度は和歌山の細野渓谷の清流を楽しむことにしていたのですが

P1120913.jpg

現地についたとたんゲリラ豪雨。
2時間かけてきたのに・・・・
30分ほど強烈な雨でした。
川は増水しているので引き返し始めると晴れ間が見え始め、山を下った頃には快晴に。
どちらにしても増水した川では遊べないので大阪に戻り海で泳ぐことにしました。

結局、もと地元の海に昼過ぎに到着。
朝にちょちょっと作った弁当で腹ごしらえ。

P1120916.jpg

箱作の海ですが、子供の頃はそれはそれはきたない海でした。
赤潮なんかしょっちゅうで、赤茶色の海にワカメが漂っているのを見るとホントに赤だしの味噌汁みたいでした(苦笑)

P1120918.jpg

それを思うと今はずいぶんきれいになっています。
道路事情も良くなって自宅から1時間で来れるので思い立ったらすぐに来れるのは便利です。
たまには白浜あたりへ足を伸ばしたいですが。

連休最終日はまた自転車三昧。
ロードマンコルモF4です。

P1120945.jpg

実は少し前に手に入れていたのですが、ばらした状態で受け取り手つかずのままでした。
ママチャリの改造の参考資料として各部計測をしようと思っていますが、我慢出来ずに先に完成車としてくみ上げました。
試乗したらまたばらしてBBの採寸やワイヤーの移動量の計測をして手持ちのF4クランクのママチャリ取り付けに生かしたいと思います。

P1120946.jpg

80年代後半のロードマンロゴ。
フレームはぽつぽつさびていますがレストアベースとしては上物です。

P1120947.jpg

最大の特徴であるF4クランク。
ネットで調べて色から判断すると87年モデルの様です。

ちなみにこちらが88年モデル、オーバーホール済みです。

P1100199.jpg

89年は生産されていないのでしょうか。

P1120954.jpg

87年モデルはチェーンガードがありませんね。
スプリングやワイヤーの位置関係を把握。
あとはBB周りの計測をすればママチャリにどう付けるか検討出来ます。

P1120955.jpg

ブレーキの調整や注油をすませ、シートポジションをあわせます。
ママチャリと同じ高さになりました。
空気圧もパンパンにして試乗しました。

フレームがちっちゃい(笑)
ハンドル位置が手前過ぎます。
そっか~、基本ジュニアスポーツの延長ですもんね。
少年ジャンプの裏表紙にずっと広告出てましたから。

でもF4はちゃんと動作しています。
フロントの内装4段。これは面白い。

P1120957.jpg

F4内部のグリスが劣化して手で回しても抵抗を感じるので分解洗浄すればもっと軽やかになると思います。
問題はフレームサイズ(笑)
こればっかりはどうしようもないですね。
まあもう少し遊んでみようと思います。
まずはばらして採寸ですね。

ちなみに今現在のママチャリの最高速。

P1120996.jpg

MAX46.7キロ(時速)です。
ポジションの調整やペダリングの工夫でノーマルのままでも少しずつ速度が伸びるのが面白いです。
ペダルにクリップ付けたら50キロいくかな。
そろそろブレーキの強化を本気で考えないといけません。

この4日間は 泳ぎ → 自転車 → 泳ぎ → 自転車 というサイクルで過ごしました。

※追記
ロードマンのフレームサイズを測りました。
540と意外に小さくありません。
そういえばハンドル高さの調整をしていなかったので前傾姿勢が強くなり窮屈に感じたのかもしれません。
私の股下寸法から言うと560が理想的なサイズだそうですがそんなに大差はないので調整の効く範囲だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ずいぶん懐かしい物が出てきましたね~
ロードマンとは。
田舎の中・高通学車大概ロードマンでした。
新車から5年チョイ何とか保たしたものの流石に過走行故+事故ってフレームまでガタが・・・
通学だけで1日30km 田舎の町の奥地まで行って帰って60kmとかいくら走ったか解りません。
末期は今で言うとクロスバイク状態でしたが(爆
その後マウンテンバイクに移行、マウンテンバイクは20年のってますかね。

BEATさん

懐かしいでしょ(笑)
学生時代、みんな乗りつぶしていましたよね。

私もマウンテンバイクは20年ものになります。

年代ばれますよね(笑

ロードマン世代でも末期にあたりますが、写真のモデルは1~2下の学年の子
で乗ってるのを見ましたね。
わたしらの代まではこのクランクは無かったので。
あと、ロードマン以外にカルフォルニアロードに乗ってるのがたまに居てウチのあたりでは
希少品でした(爆
まー今にして思うとあのクソ重いロードもどき(というかランドナーですな)のってたもんだ
と思いますけどね。
マウンテンバイクは3代目になってます。
フレームしか残ってませんが(爆

BEATさん

確かに年代ばれますね(笑)
私も高校生になってからこのクランクのモデルが出たので一つ二つ下の世代が乗っていたと思います。
当時は大手スーパーで安売りしていた素性のわからないドロップハンドルを親が買ったのを横取りして乗っていました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

taroさん

すみません。
その後F4クランクは使い続けています。
予備のクランクもありますが一番実用で使っている自転車なので残念ながらお譲りすることはできません。
お役に立てなくて申し訳ありません。
ヤフオクをチェックしていると今も年に何台か見かけますので頑張ってください。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。