い、忙しい・・・

公私共にと言いたいところですが、公の方が圧倒的に忙しい毎日です。
目の前の処理にアップアップ。取りこぼさないように頑張ります。

スバルはしばらくクーラーを使っていませんでした。
Aタイプのベルトを使うにはダクトの加工が必要で週末が雨だったり仕事が忙しかったりと放置状態でした。
ですがいよいよクーラーの季節になってきたので月極駐車場へ島流しになっているスバルを持ってきました。

P1120097.jpg

作業用のスロープに載せて早速作業開始。
あれ、工具もつのなんだか久しぶりな気がします(笑)

P1120099.jpg

問題はこの箇所。
純正マフラーの「逃げ」でダクトがへこんでいるのですが、内側にしてみると出っ張ってる訳です。
プーリーとの間がぎりぎりでベルトの脱着の際、Aタイプだと太くて干渉します。
ここをふくらますのが今日の主題。
ついでにその上部でチャンバーがダクトに当たっているのでそこは逃げのためにへこませようと思います。

P1120104.jpg

ごろんとチャンバーを外します。
装着以来、初めて外しました。

P1120105.jpg

このへこみを押し出さないといけません。
そしてへこみの上部、写真では見にくいですが塗装が無くなり茶色くなっているところがあります。
ここがチャンバーの当たっているところ。へこまさないといけない部分です。

P1120107.jpg

プーリー自体は一切のガタもなくちゃんととりついていました。

P1120110.jpg

プーリーのベルトが当たる部分の塗料がはがれて飛び散っていました。
溝の部分も塗装された状態で手に入れましたが、本来塗装はされていないものなのでしょうね。

P1120111.jpg

板金ハンマーなんて持ってないので金づちでばんばん叩きます。

P1120123.jpg

それなりの形になったので塗装して仮付け。
こんなもんかな。

ベルトの様子も見ておきます。

P1120119.jpg

クランクシャフト側のプーリーはA型がジャストフィット。

P1120114.jpg

コンプレッサー側はA型だとちょっと大きいかな。
ん~

P1120120.jpg

ちなみに今日、用意した33サイズだとテンションがピンピンすぎます。
後日34サイズを用意することにして、今日はとりあえずM型のベルトを装着することにしました。

P1120127.jpg

M型で滑らないようにテンションをきつめに張ります。

P1120131.jpg

無事、ダクトもチャンバーも取り付けて作業終了。
路地を走る程度では弱冷房車です(笑)
幹線道路でエンジン踏み込むと冷えてくれました。
外気温31度の状態です。35度だとどうでしょう。
たぶんスバルに乗らないでしょう(笑)

もし乗ったとしてもエンジンルーム内がただでさえ高温になっているのにコンプレッサーを作動させてさらに負荷をかけるなんて考えたくありません(笑)

P1120150.jpg

庭では今年も自然繁殖しているエンマコオロギの幼虫がいました。
今シーズン初の確認です。
2齢虫が多かったかな。ぱっと見で20~30匹確認できたので結構いそうですね。
でもそれをねらったヤモリやクモもいるので成虫にどれだけなれるのでしょう。
ま、その辺は自然な流れにまかせます。

P1120133.jpg

スバルを駐車場に戻してテラスを元通りにしました。
このテラスに面した1階の部屋は我が家で一番涼しい部屋で、真夏でも涼しくて昼寝に持ってこいです。

2階も風通し重視の設計にしています。

P1120137.jpg

こんな感じでほぼ全開にすると風が通って過ごしやすくなります。
エアコン苦手なので自然な風を出来るだけ取り入れるようにしています。
(といいつつ、スバルにクーラー付けましたが・・・・)

ちなみに3階は「うだるような暑さ」です(笑)

P1120138.jpg

リビングとバルコニーはボーダーレスな感じにしています。
シマトネリコの木がずいぶん大きくなって近隣の視線をいい感じにさえぎってくれるようになりました。

P1120141.jpg

焼き肉のタレを自分好みの味で作って・・・・

P1120147.jpg

炭を出してきてバルコニーでバーベキューしました。
どこかに遊びに行く余裕がありませんが、ちょっとは気分転換。

さて、本格的にスバルのクーラーを稼働させていきましょうか。
あ、A-34のベルト買ってこなくては。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いよいよですね

夏がすぐそこまで来ましたね!!
結果報告が今から楽しみです(^^)

うちは隣にマンションが建ってからさらに風通しが悪いです(>_<)
特に3階やその上のロフトは・・・

しんじさん

とうとう梅雨明けしましたね。
熱負荷のかかった状態で冷媒が冷えるのかどうか、テストしますです。
コンデンサに水噴霧装置をつけてみましょうか(笑)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク