スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電源コネクターのソケット交換

キャラバン(トラベルトレーラー)の電源は牽引車側にソケット、キャラバン側にプラグがあって
それらを脱着して使用します。

このソケットにもいろいろと仕様が存在します。

150224c.jpg

USAブレード7ピン仕様
アメリカントレーラーを牽くことのない私はお目にかかったことがありません。

150224d.jpg

USA7ピン仕様
日本で一番普及しているかもしれない仕様です。
やはりボートトレーラーで普及したのがその一因かもしれません。
JIS仕様とも呼ばれていて私のボルボとスイフト5はこれでつながっていました。

150224b.jpg

ヨーロッパ7ピン仕様
EU7ピンと呼ばれていますが、少し前までヨーロッパのトレーラーの主流でした。
もちろんヨーロッパ製のキャラバンはこれを採用したものが多いと思います。
ちなみに今度のエクセルBはこれです。

ですが、7ピンでは灯火類でいっぱいいっぱいで走行充電や冷蔵庫の電源、バックカメラの信号線などを送ることができません。
そこで最近の主流はこちら。

150224a.jpg

ヨーロッパ13ピン仕様
最近のトレーラーはこのEU13ピンの様です。
私も13ピン化したいと以前から思っていました。

そのためにはソケットとプラグを13ピンのものに変更するのと配線も13ピンに対応したものに変更する必要があります。
それらを全部一度に済まさないとだめなのですが、それが面倒に思ってました(苦笑)

すると世の中にはいいものがあるもんです。

150224e.jpg

WeST製の13ピン
基本形状はEU7ピンなのですが、周りに6本増設されています。
なんと7ピンのプラグと互換性があります。
とりあえずこいつをボルボにつけておけばエクセル側は今のままで使用できます。
そののち並行してWeST製のプラグをエクセルにつければ13ピン化ができてしまいます。
主に英国のトレーラーはこの13ピンを使っているそうです。
これなら移行も気分的に楽です。
早速取り寄せました。

で、現場の帰りに昼食の弁当を食べながらオートバックスの駐車場で作業(笑)

150224f.jpg

WeSTのソケットに付属していた対応表はまったく互換性がなかったのでエクセルの配線図をもとに接続していきます。

150224g.jpg

前回は予備半田でごまかしましたが今回はちゃんと棒状の圧着端子を使いました。
車屋さんでは見かけなかったのでネットで取り寄せ。

150224h.jpg

無事にすべて配線できました。
今度、エクセルとつないで動作確認したいと思います。

走行充電などの常時12V電源はできるだけ太い配線で送りたいので専用のソケットを用いたいと思います。
13ピン化したことによってバックカメラを複数つけてもそれぞれ独立して信号が送れるようになりました。
何かセンサーを付けてモニターしてもいいかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

見てると

替えたくなる電線ですなー
年季入ってる感じが何とも。

この手のキャンピング車電源は牽引車両からの給電なんですか。
発電機でもつんでるのかと思ってました。

BEATさん

年季の入った電線でしょ。
13ピン用の電線を発注したので総取っ替えするつもりです。

電源は基本的にトレーラー内のバッテリーを使います。
移動走行中にちょっとでも充電するために走行充電ということをやりますが
ジェネレーターからの距離が大変遠いのであまり期待できません。
灯火類は牽引車と連動させるためにコネクターで接続する必要があります。
なので移動先ではコネクターを接続せずにトレーラー単体で完結しています。
バッテリーのみでも大丈夫ですし、長持ちさせるために発電機を併用することもあります。

No title

ふう~~ん・・・
何もかも初めて見る聞くことばかりです。
出先のキャンプ場で電源細いと不便かなあって考えましたが、そういえばオートキャンプ場で発電機バリバリ焚いてカラオケなどやる輩がいると聞いたことがあり、無粋な人だなあと思いました。
バッテリー程度がちょうど良いのかもしれませんね。

MAKさん

互換性の問題で、牽引車側に各種ソケットを付けている方も結構います。
私もJIS7ピンは残しておこうと思っています。

発電機はなかなか使う場所が限定されますね。
例えばスキー場での宿泊だと夕方から午後8時くらいまでは、割と発電機を使っている方もいらっしゃるようです。

ですが、バッテリーが切れても、電気のランタンさえあれば大丈夫です。
ヒーターとコンロはガスでいけるし、トイレもペットボトルで水を流せば問題ありません。
私は灯油のストーブとカセットコンロも用意しているのでプロパンガスが切れても大丈夫です。
まあテントでキャンプするのと同じことをすればいいのです。

でも、バッテリー駆動で連泊を考えるとソーラー発電が欲しい今日この頃です。

なるほど

それでソーラーパネル設置ですか。
それならコントローラー次第ですが走行中だろうがなんだろうがバッテリーに
充電させておけばいいんですもんねぇ
騒音の問題もないし、自給できる。

インバーターも積んで移動現場事務所も可能ですな?
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。