スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床下大捜索

さて、クラッチケーブルをつながないことにはどうしようもありません。
床下の部品庫を大捜索します。

DSCN9316.jpg

ケースを一つ一つチェック。
うーん、すぐには見つかりそうにありません。
地道に行きます。

DSCN9318.jpg

EK32時代のパーツも結構あります。
が、肝心のものはいずこへ・・・

DSCN9319.jpg

だんだん奥地へ進みます。
お!クラッチカバーかな?

DSCN9321.jpg

写真ではわかりにくいですが、プチプチに包まれたクラッチカバー発見!

DSCN9322.jpg

残念!
肝心の蝶ナットは見あたりませんでした。
やっぱりクラッチカバーよりもクラッチケーブルと一緒に保管している確立が高そうです。

DSCN9323.jpg

さらに奥地へ進みます。
すでに8ケースほど捜索しています。

DSCN9327.jpg

ボルトやナット類を再メッキしたものが詰まった箱を発見。
しかしながらここにはありませんでした。

DSCN9328.jpg

そして12ケース目。
お!腐ったソレックスの横にあるのは?

DSCN9332.jpg

ついに発見!
ありました!
やっぱりクラッチカバーにケーブルが付いた状態でないとダメですね。
これはエンジン単体で入手した際、ケーブルを途中で切断されていたのでそのままカバーと一緒に保管していたものでした。

DSCN9333.jpg

こういう状態で保管してないとどこかに無くしてしまいそうです。

DSCN9334.jpg

失われたパーツ三点セットです(笑)
いやー出てきて良かった。
やっぱりなんでもとっておくものです。

DSCN9336.jpg

ひっぱり出したケースをそれぞれしまい込み、床を閉じました。

DSCN9339.jpg

さらに本棚ももとの位置に戻して秘密の収納はご覧の通り。
うちの床下収納は2ヶ所ありますが、容積は想像を絶するものです(笑)
たぶん一般的な納戸の4倍くらいは余裕で飲み込んでいます。
まあ出し入れは大変ですが重宝しています。

さて、これでスバルの路上復帰のめどがたちました。
今また作業の時間が取れませんがここまでくればあと少しです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。