スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙しいけど行ってます(笑)

だんだんにっちもさっちもいかないくらいに忙しくなっています。
新しい仕事がないのにおかしいなあ(笑)
アフターな仕事と事務所の組織変更の雑用が山積。

とはいいつつ、ちゃっかりゲレンデには立っています。
ブログは更新してませんでしたがまずは3週間ほど前の出来事を・・・・

3時とか2時とかまで仕事をしていた週ですが、土曜日に時間を確保。
で、前日に行き先は20年ぶりの白馬と決めました。
スキースクールと言えば八方スキースクールです。
本場の講習を受けに行こうと決めて金曜に仕事を早めに切り上げいざ出発。

DSCN1553.jpg

目指せ長野。
コンビニで運転しながら食べれる様におすしやサンドイッチを確保。

DSCN1554.jpg

遠いな(笑)
白馬での深夜チェックインが可能な宿を調べるヒマがないので少し手前の穂高にあるホテルを目指します。

DSCN1557.jpg

20時過ぎには長野県の県境を通過。
良いペースです。チェックインは22時までとのことですが充分間に合いそう。

DSCN1561.jpg

21時半に無事到着。
おお、穂高までなんと4時間でした。

DSCN1562.jpg

だんだん慣れてきた自分が恐い(笑)
ホテル近くのコンビニでビールとワンカップとつまみを買い込みました。
早速熱い風呂に入り晩酌開始。

DSCN1563.jpg

外は雪が降り始めていました。
寒波が近づいているので予報では明日の朝はかなり冷え込むようです。
ゲレンデコンディションは最高だと思いますが、道中は緊張しそう。

DSCN1565.jpg

夜明け前に起床。コンビニで用意した朝食を部屋で食べてチェックアウト。
放射冷却で冷え込んでます。

DSCN1567.jpg

冷えとるな~
ここで-8℃だと白馬村では-12℃くらいかな。
40キロのスノードライブ。気をつけていきましょう。

DSCN1568.jpg

めっちゃくちゃアイスバーンです。
前を行くこの車、ペースを上げて視界から消えましたがしばらく行くとコーナーでアウト側の歩道に乗り上げ左フロントのタイヤが足回りごともげていました。
そしてしばらく進んでいると今度は後ろにぴったりとくっついていた車が直線で突然ふらつきはじめ、右に左に必死に立て直そうとしたけど、おつりがどんどん大きくなってこれまた歩道に乗り上げていました。
たぶん、足回りいってしまってるでしょうね。

うわー、あんなんなったらたまらんなあと思いつつ慎重に進みます。
ちょっとした登りでの発進なんて結構どきどきでした。
まあ志賀高原と違って白馬はほとんどアップダウンが無いのが救いです。
無事にゲレンデ近くの駐車場に到着。
あー、緊張した。

DSCN1569.jpg

後ろに見えているのは岡部、斉藤、そして原田が、船木が飛んだあのジャンプ台。



仕事が休めなくて事務所でテレビ中継を見ていましたがソルトレークの悪夢の後だけに鳥肌もんでした。
そのオリンピック会場に来たんだなあ。
あれから15年、上村選手は未だに現役、里谷選手も今シーズンまで現役、驚異的です。

名物の朝イチリーゼンは、さすがでした。
みなさん、上手い!
強風でしたが何本か楽しみました。

DSCN1571.jpg

雑誌やDVDで何度か見たことのある八方スキースクールです。
恐る恐る上級コースに申し込みを済ませ(笑)班分けテスト。
上級コースの上位班に入れました。ああ良かった。
エキスパートなコースに申し込む勇気はありませんでしたが、基礎をじっくり教えてもらいます。

DSCN1575.jpg

晴れているのですが、ゲレンデトップは強風でリフトが止まっています。
尾根からの地吹雪が白く舞い上がってます。

DSCN1577.jpg

白馬村を見下ろします。

さて、レッスン。まずは大回りから。
緩い斜面での低速ターンで滑りを分析。
軽くシェーレンになるのは後傾だからと教えてもらいました。
外足はきっちりポジションに乗れているけど内足が若干後傾気味。
なぜなら若干外向気味で左右の足に前後差ができているからです。
古いスキーヤーの身に染みついた前後差・・・・
内足をもう少し引いて、きっちりと荷重をかけるとシェーレンにはならないと教えてもらいました。

内足を引いて腰を回す。
ノーマルスキー時代に覚えたのと逆の動作。
分かってはいるのですがまだ身につかない(苦笑)

昼休みに少し時間があったので上までのぼりました。

DSCN1578.jpg

長野オリンピックでのアルペン会場です。

DSCN1581.jpg

気持ちいい!

DSCN1582.jpg

自然コブが出来ていたので滑りました。
やっぱり溝コブと違って楽しい。

昼からは小回りをメインに講習を受けました。
受講生は8人くらいで、和気あいあいとしていました。
それにしてもコーチの説明が非常にわかりやすい。
何も難しい表現は言わずに、さらっとシンプルに指摘されます。
身体はいっこうに理解しようとしませんが(笑)

15時まで講習を受けて解散。
せっかくなのでゲレンデトップを目指します。
八方まで来たなら黒菱や兎平のコブ斜面を滑らないと。

DSCN1586.jpg

寒!
風が猛烈です。

DSCN1593.jpg

風の当たるところはカリッコリのアイスバーンでしたがそこを過ぎればそうでもありません。
溝コブではないので何とかなります。

DSCN1595.jpg

すでに体力が限界でしたが、リフトが止まるまで何本か滑りました。

DSCN1597.jpg

ガスってきたので画像処理した写真です。
関西や奥美濃エリアでばかり滑っている人間にとっては延々とコブ斜面が続くイメージ(笑)
もう勘弁して!ってくらいに滑りました。

DSCN1601.jpg

疲れたー
でもやっぱり長野は良いですね。
「スキーしてる!」って実感がわきます。
コース幅が広いのでとても自由に滑れます。
しかも上手い人がいっぱいなので、後ろについて勝手にラインをトレースするだけでも勉強になります。

DSCN1602.jpg

さーってと。
いっちょ帰るとしましょうか。
眠くなったら、車をとめてがっつり眠ることにしてとりあえずスタート。

DSCN1603.jpg

さらば白馬!
人生3度目の白馬でした。
最初は35年くらい前、小学1年生くらいだったかな。シングルリフトしかない頃です。
その次は22年ほど前。空前のスキーブームの頃ですね。
次はいつ来るのでしょう。
ま、結構近いうちに来そうですが(笑)

DSCN1609.jpg

安曇野インターに入る前にコンビニで夕食を買った後はノンストップでした。
白馬から5時間20分。意外と近いな。
だんだん距離感がおかしくなる今日この頃でした・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

卒業式で忙しくしていました。

しかしすごいですね。
疲れないですか?
次の日仕事していますか?(笑)
20代みたいですよね!

楽しまれることはとても結構だと思います。
見ているこちらも楽しませていただいています。

MAKさん

そういう季節ですね。

意外と疲れないのが不思議です。
帰りの運転も眠くならないし意外とまだまだイケます(笑)
土曜日に行ってるので日曜は家でおとなしくしてますが・・・・

で、来週は志賀高原の前泊日帰りを狙ってます。
そろそろシーズンも終盤ですからね、行ける内に行っておこうかと。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。