スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのプライズテスト

テクニカルプライズ検定、ついに行ってきました。
検定会場はびわ湖バレイのさらに北に位置する箱館山スキー場。

結果を先に言いますと不合格。
当然といえば当然の結果ですが二日間楽しんできましたので日記に残しておきます。
土曜の朝、5時起床。最近毎週土曜日に休んでるなあ(苦笑)
ま、その分平日に仕事してます。

DSCN1110.jpg

5時半出発。
湖西道路が比良より先に延伸していて、さらに高島周辺もバイパス化が完了していて非常にスムーズになっていました。

DSCN1120.jpg

白鬚神社のあたりで夜が明けてきます。
ちょっと車を駐めて鳥居越しのご来光を待ちます。

DSCN1123.jpg

宮島の厳島神社みたいに水面に浮かぶ鳥居です。

DSCN1125.jpg

おお、良い感じ。
何だか頑張るぞという気になります。

DSCN1130.jpg

近江今津まで来ると急に雪が降りはじめ積雪路になりました。
路肩でチェーンを巻いている人たちをパスして進みます。

DSCN1131.jpg

スキー場駐車場まで2時間。
以前のことを考えると30分は短縮されています。
ゴンドラの運行開始、8時まで30分ほどあるのでゆっくりしました。
早割りチケットを1日券に換えてもらいゴンドラ乗り場に行くとまさかの長蛇の列。
箱館山ってこんなに混むところだったっけ???
上にあがってから知りましたがこの日は県大会があって、大回転(GS)とクロスカントリーのそれぞれ一般とジュニアの選手が大勢集まっていたようです。

DSCN1135.jpg

大会関係者でごった返す第一ヒュッテでプライズテストの受付を捜し当て手続きしました。

DSCN1136.jpg

ゼッケンもらってからウォーミングアップに何本か滑ります。
ゲレンデコンディションに苦笑い。
ここ何日かの暖かさで全面が一旦ベタ雪になってから昨夜からの冷え込みでカリッカリのアイスバーンになっています。
ゲレンデ全部が一枚の氷になったような感じ(笑)
そしてその上に新雪が15CM程度かぶっています。
長野と違ってこのあたりの新雪は激重。重たい雪に足をとられたかと思うと今度はアイスバーンに足をすくわれます。
滑りにくいですが、どんな状況でも颯爽とすべるのがプライズホルダーです。
そのプライズホルダーを目指すのであればどんな雪質も素直に受け入ましょう。
検定前講習の受講者はクラウン2名テクニカル10名の合計12名でした。

DSCN1139.jpg

クラウンの受検者はさすがにプライズホルダーです。うまい!
午前中はひたすら大回りの講習でした。
私が受けた指摘は、やはりまだ荷重が外足気味。内足に乗れているときもあるのですがそのときは内足がうまくたためていないので外足への荷重が抜け気味になっているとのこと。
うまく両足に乗れるようになるのが課題です。
早めに谷回りに移行してニュートラルポジションをしっかりとるというところは、視線の移動を先行させることによってうまくできました。

DSCN1140.jpg

天候は晴れたり急に雪が舞ったりとめまぐるしく変化します。

DSCN1141.jpg

晴れた瞬間はこのようにびわ湖を眺めることができました。

大回りでは横のスペースをきっちりとって深めのターンを心がけてくださいとうことだったのでそれを意識して深回りしたときに事故が起きました。
県大会の大回転と講習は同じバーンで行われていました。当然大会のコースはロープで閉鎖していましたが、講習に使っている場所は誰が滑ってもかまいません。
ちびっ子たちもいるので気をつけながら滑ってはいましたが、後ろから大回転の練習をしている選手に突っ込まれるとは思いませんでした。
右まわりから左まわりの谷まわりに移行する時にいきなり視界の端にスキーヤーが見えたと同時に激突。
互いにかなりのスピードだったので思いっきり吹っ飛びました。
整地でこけるなんて30年ぶりくらいかなあと変なことを思いながら斜面を流れ落ちていきます。
起き上がって互いに相手の状態を確認しあいます。
幸い普通に起き上がることができ、頭を打つこともありませんでしたが右手が痛い。
我慢できる程度なのでそのまま講習を受け続けました。
昼休みになり昼食をとろうとすると、右手が使えないことがわかりました。
財布を出せない、箸を使えない、コップが持てない(苦笑)
ありゃ、困った。
折ってはいないようですが打撲と筋を痛めたようで紫色になっています。
まあ今の滑りはストックをほとんど使わないので明日の検定は支障ないだろうと判断しました。

午後は小回り。視界はだんだん悪くなってきています。

DSCN1145.jpg

講師が言ってましたが、去年から教程が変更になり今までの小回りとはまったく別のものと思ったほうがいい、大回りを小さくしたようなイメージで、今までの小回りよりは倍くらい大きめのスペースを使わなくてはならない。
とのことでした。ザッザッザッ!ではなく、ニュインニュインニュインと言った感じです。
綺麗な円弧を描いてすべるということです。
そのために、最近練習している内足主導のターンが必要な訳ですが目下修行中。
最後の方はかなり良い線言ってますとのことなので、この種目だけは合格点取れるかもと淡い期待。はなから全種目合格点が取れるとは思ってません(笑)
そしてこの頃になるとかなりの吹雪となってきました。
前が見えない・・・・
でも最後に不整地いっときましょうとなりました。

DSCN1146.jpg

不整地は通常コブか新雪という設定になります。
コブも嫌いじゃないし新雪も好きなほうですが、浦島太郎な私にはラインコブ(溝コブ)という落とし穴がありました。
通常コブ斜面というと急斜面をスキーヤーが滑ることによって自然発生するものです。そういうコブは昔から滑っているので苦手意識はありません。
でもコブが出来ないスキー場では何度も同じラインをトレースして無理矢理人工的にコブを作ります。通称溝コブ。
そして検定に設定されたのはこの溝コブでした。一度滑ってみましたがさっぱりわからん。
何度もこけそうになります。視界も悪いので転倒者続出。
はっきり言って私も滑っているという状態ではなく、何とか降りているだけ。
何度かチャレンジしましたがどこを滑っていいのか分からないままこの日の講習は終了しました。
解散後練習しようと思いましたがどんどん雪が降ってきて溝コブに雪がたまり、余計に難しい状況になったので素直に山を下りました。

DSCN1150.jpg

駐車場ではボルボに雪が積もっています。
おお、平地でも結構降っていたんですね。

DSCN1151.jpg

雪かきグッズを取り出して雪を落としエンジンかけます。
何故か駐車場で渋滞

DSCN1152.jpg

おや?と思うと駐車場出口で何台かがクラッシュしてました。

DSCN1154.jpg

溝に落ち込んでいたりドアがベッコリへこんだりした車が何台かたたずんでいました。
あー、夏タイヤで来ちゃったかな?
来るときは大丈夫でもスキーをしている内に道路に積雪することも想定して装備の準備をしないと。

DSCN1161.jpg

長野か新潟にでもいるかのような景色。
この日、滋賀県北部は一日で90センチの積雪を記録したそうです。

近江今津で早めの夕食を済ませ、マキノのホテルへ移動。
旧プリンスホテルですが、ネットで格安プランを展開していたので利用しました。

DSCN1162.jpg

早速風呂に入って身体を温めてからビール(笑)
さて、ワックスかけようかな。

右手が使えないので左手で丁寧に作業しました。
あ、もちろんスクレーパー使うようなことはこんなところでしてませんよ。

DSCN1163.jpg

ワックスがけと並行して何冊か持ってきたスキージャーナルの付録DVDを物色。
あったあった。

DSCN1164.jpg

これです。
溝コブの滑り方を解説していたはず。
おお!そんなところを滑るのか!!
明日、朝一番に試してみよう。

DSCN1165.jpg

ついでにこんなのも見ておきます。
外はまだ雪が降り続けています。雪質は期待できそうですね。

DSCN1166.jpg

お、吹雪は止んでいます。
右手がパンパンに腫れているのでテーピングで固定しておきました。

DSCN1169.jpg

びわ湖側も良い感じに日が昇ってきました。
出発準備を済ませてから朝食のためレストランに降りていきます。

DSCN1170.jpg

おお、レイクビュー。

DSCN1172.jpg

いただきます!

DSCN1173.jpg

冷え込みで対岸が蜃気楼の一種、浮島現象となって見えています。

DSCN1174.jpg
DSCN1179.jpg

浮いてますね。
腹一杯になってきました。

DSCN1177.jpg

コーヒー飲んでから移動開始。

DSCN1180.jpg

絶好のスキー日和。

DSCN1184.jpg

これはもうコンディションのせいにはできませんね(笑)

DSCN1185.jpg

びわ湖を眺めてから早速DVDを参考に溝コブを滑ってみます。
おお~!!こういうことか!
やってみると簡単。あっさり滑れるようになりました。
もちろんまだ自分のものに出来てはいません。滑れるようになったというだけ。
でもとりあえずこれで検定中の転倒なんてことは回避できそうです。

検定受検者はクラウン3名。テクニカル12名の合計15名となりました。
検定斜面を全員で何度かデラがけ。
横一列に並んで横滑りをして整地します。

DSCN1186.jpg

だんだん雪が降り始めましたが昨日よりは視界もあり、雪質は格段に良くなっています。

DSCN1187.jpg

合格基準点は75点です。さあどうなるか。

まずは大回り(整地)
思ったより横のスペースを使い切れていませんでした。
結果74点

総合滑降(整地)
リズム変化を入れてから斜面の落ち込み部分に突入しましたが若干オーバースピード。
おそらく余裕のある滑りにはならなかったでしょうね。
結果74点

そして小回り(整地)
これだけは75点取れるかもとりきんだのがいけなかった(笑)
途中で雪に足をひっかけバランスをくずし、しっちゃかめっちゃか。
うわーやってもうた。とリカバリーするもそのままグダグダに。
結果73点

懸案の不整地小回り
溝コブはここを滑るんだと自分に言い聞かせながら滑りました。
たぶんプライズテストではありえないくらい恐ろしく遅いペースだったと思います。
こちらもぶっつけ本番で溝コブ滑っているので点数よりも転倒せずに滑りきることに集中。
結果73点

さあ最後の不整地大回り
荒れた深雪バーンを使いました。
あまりに雪が重くて思ったよりもスピードに乗れません。
もっと縦に切れば良かったと思いながらゴール。
結果74点

DSCN1188.jpg

良い感じで緊張感を楽しめました。

DSCN1195.jpg


点数と合格発表は実際には昼食後です。

DSCN1200.jpg

合格者はクラウン0名、テクニカル1名。
ん~、やっぱりプライズテストは一筋縄ではいけませんね。
テクニカルの場合、種目あたりの合格基準点は75点です。
74点と75点の差は実は大きく73点だと「おとといおいで」というレベル。
大回り系が74点とれただけでも良しとします。

整地小回りはあきらかに失敗でした。
もっと滑り込んで余裕のある滑りをできれば74は出るとおもいます。
不整地小回りはやっぱり練習不足ですね。
溝コブはコブじゃないと思って滑りませんでしたが、滑り方も分かったのでもっと経験値増やそうと思います。

で、解散した後、溝コブを練習しました。
今まで自然コブで滑っていたラインと全く違います。

sportscar_02_img_L.jpg

谷田部で言うとココを滑るのです(笑)
慣れるとオートマチックにターン出来るものですね。
今時のコブの滑り方をコブ専門スクールでイチから習ってこようと思います。
面白くなってきた(笑)

リフトのかかってないバーンは新雪天国だったので何本か滑りました。

DSCN1198.jpg

新雪なのに非常に重たい雪でしたがふかふか具合は楽しめました。

さて、今後のスケジュールとしては今シーズン中にすべて74点以上出したいし、1種目は75点が出るようにしたい。
来シーズンは3種目くらい75点出るようにして2年後のシーズン中にテクニカル合格。
そのくらいのつもりでいいと思います。
2年でテクニカル合格。結構頑張らないといけませんがとりあえず目標設定はそんな感じ。
ハイシーズンもあと1ヶ月。3月になればベタ雪なので今の内に滑り込んでおこうと思います。

山の上は吹雪でしたがゴンドラで駐車場まで降りてくると晴天。しかも路面の雪も無くなっていました。

DSCN1201.jpg

さて、混む前に帰りますか。
湖西道路を快適に進みます。

DSCN1203.jpg

相変わらず浮島状態でした。
京都あたりで猛烈な眠気に襲われたのでインターを降りてサンクスの駐車場で30分ほど仮眠しました。
今回夏から体力作りしてきた成果を確認できました。
コブ斜面用にもっと身体を作っていこうっと。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

頑張ってますねえ!
ストイックを楽しんでいる様子が目に浮かびます。
怪我は大丈夫でしたか?
泣き言も言わずにチャレンジする姿は尊敬に値します(笑)。
今後に大いに期待しています。

MAKさん

行ってきました。
右手はまだテーピングしてますが腫れはひいてきました。
今回頭を打つことはありませんでしたが、やっぱりヘルメットは必要だなと思いました。
ま、あくまで趣味なので楽しんでやります。

No title

ヘルメットはお勧めしますよ
ボクはアルペンボードにも乗るので必須アイテムです
それに安心感もあり、少しアグレッシブな領域に踏み込めるっていうのもあります
安全な上に楽しみたいもんですね

マキノ・・・春から秋にはそのホテルの前あたりで
フォールディングカヤックで漕いでいますよ

wakatakeさん

そうですね、ツリーランで多少枝が当たっても大丈夫ですし頭の怪我は深刻な事が多いですもんね。
明日、ヘルメットデビューしてきます。
3日連チャンで滑りますが、現地の予報は明日いっぱいは降雪してるみたいです。
気温も低いので明後日の早朝パウダーが楽しみです。

おお、カヤックいいですね。やってみたいです。
折り畳みはやっぱり便利ですか?
滋賀は夏も冬も身近に遊べていいですね。

No title

フォールディングカヤックについては、こちらをご紹介しておきます
http://granstream.jp/
ここの主は今、妙高に行っているようです

wakatakeさん

おー、楽しそうな世界ですね。
私にとっては禁断の扉です(笑)

No title

因みにこのカヤックはスバル360のリアシートに載ってしまいます(笑)
組み立てるとスバルの1.5倍の長さになっちゃいます
山スキーとカヤックを楽しむ人が多いです
どうですか?

No title

Hey There. I found your weblog the usage of msn. That is a very smartly written article.
I will be sure to bookmark it and return to read extra of your
useful information. Thank you for the post. I will certainly return.

No title

Asking questions are truly good thing if you are not understanding anything completely, however this paragraph presents fastidious understanding yet.
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。