スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと青空の下で

12月30日土曜日。
この日は本当は休みのはずでした。
予定では早朝出発し鷲ヶ岳でスキースクールでプライズテスト対策コースを受講するつもりでしたが
仕事が終わらず腰痛もあったので見送りました。
で、仕事は何とか午前中に仕上げ12時半に整体へGO。
相変わらずここの治療は猛烈に痛いのですが、終わればしゃんとします。
びわ湖バレイのライブカメラをチェックすると久しぶりの晴天!
ふもとは晴天でもゲレンデは雲の中が多いこのゲレンデが晴天です。

・・・行くしかないでしょう(笑)
というか、整体にはボルボで行きましたが荷室にはスキー道具一式を積んでいました。
はなから行く気満々でした。

DSCN0659.jpg

1時過ぎに大阪市内を出発しましたが1時間ちょいで到着します。
ふもとに近づくにつれて雪を頂いた山々を見てテンションアップ。

DSCN0660.jpg

2時半にはゲレンデに立っていました。
晴れてますやん!!!!
昨シーズンは一度も晴れたびわ湖バレイを経験しなかったので久しぶりに晴れたびわ湖バレイで嬉しい。

DSCN0662.jpg

蓬莱山頂からの眺め。
これぞびわ湖バレイ。
海の様に見えるびわ湖めがけて滑ります。
大阪から1時間で来れるゲレンデ。
何度も倒産の危機に瀕していますが持ちこたえて欲しいですね。

腰のこともあるので中まわりや大回りのポジション確認をメインに滑ります。
前日の雨で雪質はあまり良くありませんが視界の広いところで大きく滑って気持ちが良い。

DSCN0668.jpg

夕方、雪雲が立ちこめてきました。
これは京都方面です。

DSCN0670.jpg

照明がつき始めました。
六甲以外の照明ってひさしぶりかな。

DSCN0673.jpg

写真では分かりづらいですが、京都盆地の向こうに淀川や大阪も見えていました。
こうやってみるとやはり大阪からの距離が近いということが確認できます。
昔は湖西道路もなくゴンドラに乗るのも90分待ちとかでゲレンデにあがるまでトータル3時間半とかかかっていたのですが今は1時間半ですからアクセスが良くなりました。
岐阜や長野もずいぶんアクセスが良くなっているのでスキー復活組は良い意味で驚きの連続かも知れません。

DSCN0675.jpg

鏡の様に静まりかえったびわ湖を眺めてナイターです。
この日は17時半までの営業だったのでぎりぎりまで滑りました。

DSCN0682.jpg

これで今年の滑り納めです。
年明けはウイングヒルズに滑りに行くので、今から楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

若い頃、関西でスキーなんて遠くて大変だなあ・・・って思っていましたが、関東よりはるかに近くて便利なんですねえ・・・
本日の画像はとてもきれいでした。
琵琶湖が一面に見えるスキー場なんて素晴らしいですね!
こっちではせいぜい、猪苗代湖がちょろっと見えるスキー場しかありません(笑)。
いろいろ読ませてもらっていると、関東より、関西の方が豊かで生活しやすいように感じています。

MAKさん

いやあ、遠くて大変ですよ!

写真はとても良いシーンを切り取っています(笑)
雪質の悪さと人の多さを考えるとやはり信州以北でないと。
岐阜の奥美濃エリアでさえコースが狭くて人が多いのが難点。
やはり信越や東北のパウダーで思いっきりのびのび滑りたいですね。

でもちょっと思い立って行けるのは関西も便利だと思います。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。