スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄る年波(笑)

一昨日の朝、布団をたたんでいて腰をやられたワタクシです・・・・
ロキソニン飲んでコルセットしていますが結構つらい。
今週のスキーはちょっと様子見です。

一昨日は忙しさも極限でした。
午前午後と役所の検査に消防の検査をこなして、さらに2時間走って信楽の役所へ別の現場の検査済証を受取に行きました。

DSCN0614.jpg

新名神をボルボで走りました。
写真には写っていませんがこのとき大雪が降り始めていました。
帰るときには路肩に雪が積もっていてスタッドレスにして良かったと思いました。
盆明けからスケジュールがずっと綱渡りでしたが、とりあえず年内の仕事はこれで一段落。
あとは事務所の雑用です。

翌朝、大阪も冷え込んでいてボルボのフロントガラスは凍り付いています。
この日もボルボで外回りに行こうと思い乗り込みましたがエンジンかかりません。
正確に言うと一度かかったけど1秒でストール、あとはセルはまわるもののかかる気配無し。
初爆がまったくないのです。

DSCN0618.jpg

何となく燃料系??と思いスロットルバルブあたりをコツコツ叩いたりしましたがダメ。
あきらめて事務所カーで出撃しました。

用事を済ませて昼過ぎに戻り、ボルボのことを考えます。
正月休みの間に泊まりでスキー行くのでそれまでに何とかしないといけません。
スタッドレスを新調したのも、そのためです。
まあ最悪事務所カーで行けばいいのですが、やっぱりボルボで行きたいところ。
で、春にお世話になった滋賀県のボルボ専門店に電話で相談。

店主さんによると
・850のエンジンが止まる原因は燃料ポンプの不具合によることが大半です。
 10万キロくらいで不具合が出ることもよくあるので25万も走っていたらいつ壊れてもおかしくないかもしれません。
・燃料ポンプかどうかを判断するには給油口をあけ、耳を近づけた状態で誰かにセルを回してもらってください。
 ポンプが生きていれば「ウイィーン」と音がします。しなければポンプの不良でしょうね。

ということだったので冬休み中の息子にキーをひねる役をやってもらいました。
結果、給油口からはうんともすんとも聞こえませんでした。
ビンゴ!やっぱり燃料系でした。
さすが20年ボルボばっかりいじってる人はするどいですね。燃ポンが原因ということをすぐにつきとめることができました。

さて、原因が分かったけどこれからどうするか。
滋賀の工場は年内はいっぱいいっぱいで残念ながら対応できないとのこと。
第一持って行くのが大変です。
ということで、元々お世話になっている工場(大阪市内)に電話をいれてJAFのレッカーで持って行く旨を伝えました。

問題はうちのまわりって道が狭いのでレッカーで出せるかどうか・・・・
とりあえずJAFに来てもらいました。これで年会費の元はとれたかな(笑)

DSCN0627.jpg

JAFのお兄さんに症状を伝え、おそらく燃ポンだという工場の診断だということを説明すると「ガソリンタンク叩いてみました?」とおっしゃいます。
そっか、燃ポン叩くという手がありましたね。
JAFのお兄さんは「一回やってみましょう」とのことなので燃ポンの位置を教えました。
タンクを叩くつもりだったので「あ、ポンプを直接たたくんですね」とおっしゃいました。
まあ普通「燃ポンここです」って言う人いないですもんね。

DSCN0628.jpg

850の燃ポンは荷室のマットを取り除いてスペアタイヤとリアシートの間のプレートを外せば出てきます。
まずはキーをオンにしてテスターをあてて、電源が来ているかどうか確認。
okなので私がセルを回し、お兄さんがポンプをコツコツと叩きます。

ブオン!
おお、エンジンかかりました!
これで燃ポンが原因だということが100%確実になりました。
JAFのお兄さん、めちゃくちゃ嬉しそうな顔(笑)
何でもあまりもの道の狭さにレッカーで出す自信がなかったそうです。
自走ででれるようになったのでほっとしたとのこと。
この先いつ止まってもおかしくないので、動いたものの当然交換することにします。

工場に電話をいれ、やっぱり燃ポンが原因なのですぐに手配してもらうようにお願いしました。
日付は12月27日。部品屋さんが出荷してくれるかどうかぎりぎりだそうです。

DSCN0631.jpg

工場に到着すると全国に手配をかけて返事待ちの状態でした。
東京も大阪も在庫無しとのことで微妙な感じ。
返事がでるまで待たせてもらうことにします。
チンクチェントやトライアンフがいて待っていても飽きることがありません。

DSCN0633.jpg

ロータスやヒーレーやら目の保養になります。
しばらく待っていると、名古屋に在庫があって明日の15時便で到着するとのこと。
おーぎりぎり間に合いました。
ついでにポンプリレーも交換してもらうことにしました。
とりあえず部品は何とかなりそうです。
あとは交換時に硬化したホースが割れないことを祈ります(笑)
割れたらそれでおしまい・・・・

それと自分の腰を何とかしないと。
なかなか取れない整体の予約ですが何とか土曜日の昼間に押さえてもらいました。
ほんとはこっそりスキーに行くつもりでしたが、おとなしく腰を治します。
正月のスキーに照準をあわせよっと。

ボルボも私も寄る年波には勝てませんねえ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おおっ!
さすが大坂、すごい工場ですねえ。
トラ3は、本物見た記憶がありません。

燃料ポンプは他人事ではありませんねえ。
うちのは2台ともいつ逝ってもおかしくないかも・・・

腰はお大事にしてください。
車と違って部品交換できませんから。

タイムリーに

回りがばたばた逝ってるんですよね>ポンプ・燃料系
うちの27万キロ車燃料ポンプとセルくらいしか無交換部品が無くなってきました

腰は無理しないことです。
・・といっても寝てられないんでしょうけど・・

MAKさん

とりあえずボルボも腰も復活。
正月スキーに間に合いました。

この工場は趣味車が非常に多いのが特徴で、この日はジャガータイプEも入庫していました。
なのでボルボ850なんて普通すぎて浮きます。

BEATさん

まだまだ無交換部品はたくさんあるので気が遠くなります。
でも交換してあっさり直ったのでほっとしてます。
自分でやる場合と違って原因究明もさくっと出来て良かったです。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。