ナビパソコンのGPSアンテナ交換

ボルボで使っているナビパソコンのGPSアンテナですが、内蔵のバッテリーが死んでからかれこれ5年以上経ちます。
使えるのは使えるのですが毎回コールドスタートで測位をするので自車位置が表示されるのに電源入れてから20分くらいかかることもあります。
まあ近場はナビに頼ることもないし遠方に行く時も走っているうちに測位できるようになるのでそんなに困っていませんでしたがそろそろ買い換えも検討することに。

SiRFのSTARⅢ内蔵のモジュールが抜群との評判をずいぶん前から聞いていましたがようやく手を出すことに。
ヤフオクで3000円でした。

121111c.jpg

WEB上でドライバ拾ってナビソフトに認識させる儀式もちょこちょこと。
ナビソフトはSONY純正のGPSアンテナ以外は通常認識出来ないのですがその壁をクリアできるフリーソフトに感謝しつつ設定をいじります。

121111d.jpg

ナビパソコンはSONYのVAIOC1MZXです。
10年選手ですが延命処置をしつつ使っています。
最近のウイルスバスターを入れてナビソフトとDVDプレーヤーを使うと固まって仮死状態になるので(笑)
ウイルスソフトは外してネットにはつながないようにしています。
母艦のパソコンでデータをダウンロードしてコピーして使っています。
新しいGPSアンテナを使えるようにして立ち上げると馬鹿っぱや!
一瞬で3D測位を始めます。
しかも室内なのに窓越しに測位。
めちゃくちゃ感度いいですね。
気をよくしてオービスやねずみ取りのデータをナビパソコンと連動出来るように変換して組み込み。
これもフリーソフトです。

121111e.jpg

テスト結果も良好です。
これでスキーでお出かけの際に役立つと思います。
ところでこのVAIOポインティングデバイスはThinkpadと同じようにスティックタイプです。

121111a.jpg

長年Thinkpadユーザーだった私がVAIOに移行出来たのは当時のVAIOシリーズの中でも唯一スティックタイプを採用していたC1シリーズだったからなのですがここ2~3年はこいつが死んでいます。

部品取りを手に入れて修理してもいいのですが、実は良いものを持っています。

121111b.jpg

98年頃に日本橋のジャンク屋さんで手に入れたミニミニトラックボール。
車載パソコンではこれがとても便利なのです。
とっくに寿命を超えてもおかしくないC1ですが、電源が入らなくなるまでもう少し使おうと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク