キャンプ&豪雨

盆休み二日目はキャンプに行きました。
滋賀県にある毎年コテージに泊まっているキャンプ場ですが今年はテント泊にしました。

120813a.jpg

ルーフキャリアとヒッチキャリアに荷物を載せ、荷室はあまり詰め込まず後方視界を確保。
ただ、ヒッチキャリアをシートで囲むと排ガスの熱がこもりシートが一部溶けました。
帰りは積み込み方を変更。

2時間半でふもとの日野の街へ到着。腹ごしらえをしてからキャンプ場に到着。

120813b.jpg

狭い区画サイトかと思っていましたがあとで増設したサイトのようで木々に囲まれたサイトでした。
斜面にはヤマビルが多くて閉口しましたが・・・
夜から結構な雨が降る予報だったのでヘキサウイングのタープ下にテントを設営しました。
リビングよりも就寝時の雨対策を重視。

120813c.jpg

設営後、ほてった身体を地下水のプールで冷却。
冷たかった。というか大人で泳いでいる人はいなかった(笑)
ちなみにこの時点で例のカーサイドタープが壊れてしまった。
ちょっと力をいれると弱いところが外れてしまいました。
どのみち大雨でつかえるような強度ではなかったので、あてにはしていませんでした。
帰ってから補強方法を考えます。

ちょうどこの日はキャンプ場と地元の集落が共催するお祭りが管理棟横でやっていたのでシャワーを浴びてから夜店で遊びました。
テントに戻ってから夕食の準備。
今日はカレーのリクエストがあったので牛スジカレーをダッチオーブンで煮込みます。

120813d.jpg

薪は自宅で大工したときの端材。
カレーを作る手順はあまり考えなくて切った材料をほりこんで水を入れて火にかけているだけです。
本当は肉を炒めて、タマネギを炒めてとかありますが、あまり味に違いを感じないのでいつも適当。

120813e.jpg

薪をくべるうちに、うまく煮込めました。
ついでに薪の中には木炭をほりこんで火をおこします。

120813f.jpg

ルー投入。
ここからはじっくり煮込みます。
ダッチオーブンの真骨頂。

120813g.jpg

たき火からは距離をおいてフタの上に火のついた木炭を置き、上下からじっくり火を通します。
並行してご飯炊き。

120813h.jpg

はい、完成。
スジ肉がいい感じにとろけて美味しい。

120813i.jpg

肉や野菜を焼きながらカレーを食べてビール飲んでました。
夜空は雷がずっと明滅しています。
そのうち降り出すなと思い、食べながら調理器具を片付けたりしていました。

120813j.jpg

なかなか降ってこないので片付けつつたき火を見ながら飲んでました。
20時過ぎについに雨が降り出します。
テントのキャノピーを完全に閉じてタープのサブポールを一本抜いて変則的ではありますが大雨に備えます。
雨がたまるような場所がないように雨どい的な位置にロープを結んでペグダウン。

120813k.jpg

タープの下なのでテントのリア側のフライシートはオープンにして網戸状態でも雨が入ってこない様にしました。
あまり閉め切るとまだまだ暑いですから。
さて、雨のキャンプ。後は飲んで寝るだけ(笑)
ゆっくり楽しむことにします。

120813l.jpg

12vで動く扇風機が快適~!
テントの前室には冷蔵庫がビールと日本酒を冷やしています。
下の子はさっさと眠りましたが息子と私はまったり読書タイム。
外は相当はげしい雷雨ですが木に囲まれた場所だからか風はそんなに強くありません。
ザーザー降る中、結構飲んでまったりしました。

普通、こんな夕立のような降り方だと長くても2時間あれば落ち着くものですが夜通し激しく降り続けました。
朝も大雨。
さて、どこでメシを作ろうかな。と考えてボルボのハッチバックとテントのキャノピーをドッキングさせました。

120813m.jpg

そうこうしているうちに雨脚は少し落ち着きました。
とは言っても結構降っています。

120813n.jpg

さて、メシの準備。

120813o.jpg

ご飯を炊いて味噌汁とポテトとウインナーと簡単な朝食にしました。

120813o2.jpg

雨の中無事に朝食にありつけた。
だんだん小雨になってきたので撤収開始。
ヒルと闘いながら濡れたものを片付けるのに手間取りました。

その後はキャンプサイトにある木工教室や遊び場で夕方まで遊び、明るいうちに帰途につきました。

何も知らずに新名神に乗りトンネル前の電光掲示板を見て目が点に・・・

「京滋バイパス ~災害~ 通行止め」

通行止め???
やっぱりあの雨は猛烈だったようで・・・

120813p.jpg

ネットで見た写真ですが、これは京滋バイパスだそうですね。
うわー京滋バイパスが使えないと第二京阪との接続も悪いし名神も混んでるだろうなと思いながら草津へ進みました。

120813q.jpg

うへ~、この中に並ぶことに・・・・
まずは直接本線にはいらずに草津PAに立ち寄り、トイレを済ませてから本線に合流。
本線はPA手前から混んでいたのでちょっとお得。
名神をそのまま進むかどうかかなり悩んで、下に降りることにしました。

120813r.jpg

京滋バイパスは通行止めの表示。
降り口も結構混んでいました。
すぐに1号線へ向かう人たちを横目に石山まで直進。
滋賀刑務所横を通り裏道を通り東レの裏に抜け富士見台のあたりで1号線に合流。
国道はやはり強烈な渋滞でした。
少し進むのにかなりの時間。
たまらず滋賀女を抜けるコースを通り大津インターへ。
大津からはそれなりに流れていました。
京都南から阪神高速と第二京阪を使い帰ってきましたが本当に疲れました。

翌日、濡れた装備を乾燥させました。

120813s.jpg

うちは行き止まりなので道路を使って折りたためます。
このタープも20年以上使っています。
IBS石井スポーツのオリジナル品。
mossのタープが欲しかったけど若造が買うにはおそれおおくてとりあえずつなぎとして買ったのをそのまま使っています。

120813t.jpg

テントも乾燥。

120813u.jpg

今回の雨でも浸水することはありませんでしたがあれだけ濡れると一度防水をやり直す必要がありそうです。
ともあれ、あの豪雨の中特に問題もなくキャンプは無事終わりました。
京滋バイパスの件は偉い目にあいましたが。
さて、ボルボのタープを修理せねば!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

自分はキャンプの趣味はありませんが、興味深く拝見させてもらいました。
豪雨の中でも快適に過ごせるって大変なことだと思います。
ベテランなんですねえ。

MAKさん

ブランクもありますし、たいしてベテランではありません。
ただ、子どもの頃からキャンプで大雨に何度も遭遇しているので「降る前に荷物は車へ入れる」という鉄則は学びました。
タープの下へテントを入れたのはもし撤収の時に雨が降っていてもテントは濡れずに撤収できるからです。

雨のキャンプはぼーっとするのにもってこいです(笑)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク