スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オカメインコの病気

どうもいまいち調子が良くならないオカメインコ。
別にぐったりしている訳ではなく、よく食べるしよく遊びます。
でも何だかおかしい。
くしゃみの回数は減りましたが鼻水というか、いつまでもグシュグシュしています。
すると昨日から声がおかしい。
鳴き声がかすれているのです。

甘える時の声も呼び鳴きの時もあきらかにかすれています。
今日は残業の前に病院に連れて行きました。
先生に症状を伝えます。
前回の診察では「大きさの割には75gと軽すぎます73gを切ったら即、連れてきてください」と言われていただけに
「あー、83gありますね。食べているようで良かったです」と言いながら聴診器をあてたり触診します。
最近ちょっと下痢気味というか水分が多いと伝え、ちょうどフンが出ていたので検査してもらうことになりました。

検査結果を待合いで待っていると先生が走ってきました。
「フンの中にメガバクテリアがいました」とメガバクテリアの説明をプリントしたものを渡してくれました。
結構やっかいなものらしいですね。
帰ってから調べてみると日本では1990年代から蔓延したそうで、主にセキセイやオカメの若鳥がかかって死んでしまうことも良くあるそうです。
早めの発見で良かったと思いながら処方された薬を投与しています。

P1162.jpg

今回の診察代。
ネットで調べると犬や猫がメインの病院だと鳥のメガバクテリアの薬は取り寄せになることも多いということですがすぐに処方してもらえて良かったです。

もうすぐ生後3ヶ月。
うちに来て1ヶ月ちょっとを振り返ります。

うちに来て3日目ぐらいの時。少し馴れてきたころです。



羽毛は生えそろったものの差し餌を食べる様子はまだまだ雛そのもの。
首を上下に振るのは親鳥の吐き戻しを促す動作です。
今と比べるとやっぱり小さくて丸い。

2週間後。
餌の支度をしているときの様子。



餌を調合するのを見てスイッチ入ります(笑)
「ごはん~ごはん~ごはん~!」とウロウロ。

そしてそのごはんを食べる様子がこれ。



もう、頭を上下に振ることはありません。
セキセイだとこの段階でさっさと一人餌に切り替わるのですが甘えたなオカメは半年ぐらい差し餌をねだることもあるらしい。

さらに2週間後、うちにきて1ヶ月。



ずいぶん落ち着いてきました。
でも支度しているときはあいかわらずキュウキュウ鳴きながらウロウロしています。
でもまだ大人の餌には完全に切り替わることなく差し餌と同じ物を要求します。
おかげで投薬もしやすいので今は無理に切り替えようとはしていません。

他のインコ同様、頭をかいてもらうのが大好きです。

P1132.jpg

指先にかいてほしいところを自分で近づけてきます。
そして普段の顔はこんなのですが

P1134.jpg

かいてあげようかと指を近づけただけで・・・・

P1133.jpg

お前は誰だ(笑)
羽毛を逆立ててかいてもらう気満々。

充分かいてあげると今度は肩によじ登ってきて私の髪を毛づくろいしてくれたりとずいぶんなついてくれました。
しっかり元気になってほしいものです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

かわいいなあ・・・
近かったら見に行きたいところです。
早く良くなるといいですね。

MAKさん

かわいいですよ(笑)

治療は1ヶ月から2ヶ月かかるかもしれないそうなので根気よくつきあいます。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。