スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入れ放題

旧秘密基地跡の床下への収納作業もほぼ終わりました。

P1090814a.jpg

色々と分類をしながら収納。
季節モノも分類しておきました。

P1090816a.jpg

こんな感じでフタが開きます。
市販の床下収納のフタは45cm角か60cm角ですが、これは90cm角の大きな開口です。
しかも床下すべてが収納スペースとなっているので入れ放題。
ストーブまわりの冬ものやアウトドア用品などの夏ものなどグループ分けしています。
もちろんスキーは冬ものエリア。

P1090818.jpg

床の構成はプラ束+大引き+根太+針葉樹合板とシンプルにしています。
フローリングは張らずに針葉樹合板にウレタンワニスを塗装しています。
その分針葉樹合板は15ミリと若干厚みを増しています。

P1090820.jpg

もちろんスバル関係の部品も整理して収納しています。
写真の左に積んでいるケースの下はベアリングやガスケット類、上はピストンやシリンダー関係。
右のケースはスプレー類やケミカルをまとめています。

P1090815a.jpg

リッジランナー2台も収まっています。
土間部分はコルクタイルにしてみました。
この下も収納スペースとして活用。

P1090822.jpg

フタには回転取っ手を付けました。
これが機能性抜群。
隣の部屋の床下にある秘密の収納は「秘密」であるために取っ手なんてありません。
今回は取っ手があるので大変便利。

これが秘密の収納。

P1090824.jpg

美術全集の本棚を動かしてから開けます(笑)
相当な重量があるので動かすだけでも大変・・・・

P1090825.jpg

木ねじを電動ドライバーで外してあけます。
そして床下はコンクリートそのままなのでホコリっぽい。
今度の収納はあらかじめ防塵塗料を自分で塗装しました。
これだけでずいぶん違います。
何よりアクセスしやすいのは重要ですね。

これで収納は充分確保できました。
次は作業スペースの確保です。
新秘密基地の施工図もぼちぼち考えます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

床下

広大な収納スペースいいですね!

真似をしたいけど床をめくる勇気がありません(^_^;

しんじさん

設計段階から通常よりも床下の高さを多く確保しています。
これでうちの1階の床下はほぼすべてが収納となりました。
次はあこがれの作業小屋です!
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。