スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェーン交換

インター4のスプロケットはインター3よりも歯数が多くなっています。

理由は後述するとして、そのため元のチェーンでは長さが足りず部品取り車のを使おうと思っていました。

img071.jpg

ところが部品取りのものでも1コマ足りないし、部品取りのチェーンは動きが渋いので新品を買ってきました。

外装多段車の薄歯用ではなく一般のタイプです。

P1100034.jpg

新品のチェーンって動きがしなやかですね。びっくりです。

出勤前に装着しました。

P1100035.jpg

前後のカゴも付け、ブレーキの調整も行いだんだんと仕上がってきました。

ここで時間切れ。昼休みにインター4の調整をしたら試走できるかな。



ところでインター3と4の変速比を表にしました。
(ちなみに今、勉強しなおしているHTMLのソースを自分で書いてみました)

変速機
段数
1速
2速
3速
4速
インター3
3
0.733
1.000
1.360
インター4
4
1.000
1.244
1.500
1.843


見て分かるように1:1になるのはインター3では2速、インター4では1速です。

インター3で使っているスプロケットのままインター4にするとかなり重くなってしまうので

インター4では歯数の多いスプロケットが装着されています。

もしインター3で使われている14Tや16Tだと4速は漕げないでしょう(笑)

さて、変速機ですがリアはオートマチック機構を維持したまま4速へと変更しました。

8速オートマが現在入手できる最高のスペックですが非現実的な価格なのでいつか中古で安く手に入るときまで

ネタとして眠らせておきます(笑)、次なるプロジェクトは「フロントの多段化」です。

ただし、変速機は「内装型」にこだわりたいと思っています。

フロントを外装の2枚や3枚にするとギアリングの直径が変わるのでチェーンの周長が変化します。

ということはテンショナーやディレイラーで調整が必要になります。

ママチャリにディレイラーはいただけません(笑)

というか、すっかり内装変速機に興味を持っているので昨年、フロントに内装変速機があるのか調べてみました。

するとやはり最新のMTBなんかではフロントの内装化が始まっているようですね。

以前にブログで書きましたが、子供の頃自転車屋のオヤジがオフロードにディレイラーは禁物と言っていたことが

ようやく前後の内装化で改善されているみたいです。

hammerschmidt.jpg

ところが競技モデルなので9万円くらいと非常に高価、論外です(笑)

そうなると中古で安く手に入る物はあるのかとなるのですが、その昔ブリジストンがフロント内装4段のF4を

シマノがフロント内装5段のFM5を出していました。

FM5はなかなか見かけませんがF4はWEBをうろうろするといじってらっしゃるかたがちらほらいます。

F4はロードマンコルモに装着されていました。ほんの数年だけ発売されていたのでタマ数はあまり無さそうです。

ですが、昨年F4を取り外すという方に交渉してみると来年1月に取り外す作業が完了すればお譲りしますと快諾いただきました。

そして最近受け渡しのやりとりを連絡しているところです。ハヤさん、ありがとうございます。

まあポン付けできるわけがなく、いろんな壁を乗り越えなくてはならないでしょうが前後内装4段の16段変速ママチャリを目指します。

内装でディレイラーが無く見た目におとなしいのがミソです(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。