スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志賀高原・エイプリルフールにまさかのパウダー?編

ぐっすり眠って翌朝6時半頃目が覚めました。
一瞬自分がどこにいるのかわからなかった(笑)
外は快晴のようです!
ひとっぷろ浴びて7:30からの朝食にみんなで向かいました。
朝食後、朝イチのパウダーを狙いにチャオさんとはまちゃんが早速出陣。
私はキャビンさんとただっちとゲレンデに向かいました。
皆さん深雪狙いの様で長年滑っていない私はついていけるか正直心配・・・
むかーし、ノーマルの板で朝イチのパウダーを滑りに良くリフト待ちしていましたがあくまでコース内。
この方達はどうも違うようです(笑)
しかもみんながみんな年間滑走日数30日以上を何年もキープしているような猛者ばかり。
たかだか数日程度の私がついていけるかなーと不安がよぎります。

昨日足がつったのを知っているみなさんは「あつしさん、とりあえず一本整地いっときましょ~」とタンネのクワッドに乗りました。

P1080133.jpg

抜群の天気です。
気温も低く締まっていて昨日の粉雪が踏みしめばキュッキュッと鳴きます。
そしてはるか遠くまで見えるゲレンデ。これです。これぞ志賀高原!

P1080135.jpg

たまらん(笑)
板もよく走ります。
みんなで焼額方面へ移動。
ダイアモンドでも一本滑って足慣らし。
今日は足も大丈夫かも。

ゴンドラで焼額山頂へ。

P1080136.jpg

抜群のコンディションです。
先行していたチャオさん、はまちゃんと合流、人と滑るのって楽しいです。
ここ最近ずっとお一人様でしたから。

P1080148.jpg

そしてそれからがパウダー天国の始まりでした。
最初の内、写真撮るの忘れてました(笑)

P1080151.jpg

昨日よりはパウダー度が落ちたというものの、深雪を楽しみます。
実はカービングに乗り換えてから深雪に踏み込むのは初めてでした。
ノーマル時代深雪で曲がるのは結構大変で加重と抜重をきっちり全身を使って行わないと曲がれませんでしたし、そもそも板を浮かすのもコツがいりました。
ところがカービングの板だと勝手に浮くし角付けすれば勝手に曲がるのでこっちはコース取りと浮遊感を楽しめば良いわけです。
(決して颯爽とは滑っていません(笑)。あくまで滑って降りることが出来るというレベルです)
これはもっと精進していつかは颯爽と滑ってみたいなと思います。
でもとにかく楽しい。
フワッフワの雪の上で浮遊感を味わう楽しさ。うん、楽しい。

コブ斜面の上に積もった新雪も面白かった。
雪の下のコブを想像しながら滑ります。形はもこもこになりながら分かるのでコブのトップを処理しながら滑りました。
それでも斜面が緩やかになると足をとられてばっふ~んとこけましたがそれも楽しい(笑)
声をあげて笑いました。
焼額で何本か滑ったあとは奥滋賀で昼メシということになりました。

連絡路もフワッフワでした。
P1080154.jpg

P1080155.jpg

昼食を愉しんだ後は奥滋賀のパウダーを愉しみに行きます。

P1080157.jpg

遠くまで見渡せて良い気持ち。

P1080158.jpg

この先は落ち込んでいて少し斜度がありますが、深雪にはちょうど良い感じの斜度。
うっひゃーっと思い切ってつっこんでいきました。
気持ちいい!楽しい!
でも息が切れる!!はーはー言ってました。

P1080163.jpg

モフモフの雪。板の性能に助けられて滑ります。
ノーマルだったらつらいだろうなあ。
ターンの際ひざまで雪をかぶります。

P1080164.jpg

ずいぶん昔、ゲレンデの整地なんてほとんどしなかったころ、朝イチはこんなパウダーをフワフワ滑ってたよなあと思い出しました。
ハチ北のハイシーズン、朝イチの北壁はパフパフで楽しかった。
板が外れると探すの大変でしたが(笑)

最近整地の急斜面を攻めるとひざが痛かったのですが、深雪だと関節にやさしいですね。
思わぬ発見でした。

堪能したあとは「グランフェニックス」なるホテルでフェニックスのセール品を見に行くことに。
奥滋賀では奥滋賀高原ホテルしか知りませんでした。
またまた浦島太郎状態。

ショップを冷やかした後はバスの時間までちょっとお茶タイム。

P1080170.jpg

外を見るとまた雪が降り出しました。
4月になったというのに良く降ります。

P1080169.jpg

これならゴールデンウィークの頃でも充分雪が残ってるかもしれませんね。
バスで一ノ瀬のホテルまで戻りました。
最後まで足がつらなくて良かった・・・
ひとっ風呂あびて荷物をノブさん号に積み込みました。
一ノ瀬はまた晴れてきて気持ちいい天気。

P1080172.jpg

帰りは私も同乗させていただきました。
今回のツアーは1家族+6名と割とこぢんまりとした状態だったので初参加の私にとってはかえって良かったです。

P1080177.jpg

このサークルはかなりの大所帯で来週は八方へ車19台で繰り出すそうです。
なかなか泊まりは無理かも知れませんが来シーズンは日帰りツアーにも参加させていただきたいと思っています。
わいわいと滑るのってやっぱり楽しい。
ハイシーズンだと毎週、複数のツアーが企画され、交通費を全員で割り勘。ユニークなシステムです。
今回は幹事さんの努力で宿代も非常にリーズナブル。
サ○○○○ツに2食付きで3000円台という信じられないような値段で泊まることが出来ました。

岡谷まで帰ってきたとき八ヶ岳が綺麗に輝いていました。
その上にちょこんと頭を出す富士山も可愛かった。
南アルプスも夕日を受けて綺麗に輝いていました。

P1080174.jpg

運転していただいた皆さんありがとうございました。
幹事のたかじんさんも初参加の私に良くしていただきありがとうございました。
またゲレンデでお会いするのを楽しみにしておきます。

P.S.もちろん今回も「こっそり」志賀高原だったりします(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

楽しそうですね(*^_^*)
しかしあつしさんすばらしくアクティブです!
画像や説明文が解りやすく、自分も行っている気になってしまいます。
焼額プリンスは自分も昭和62年頃泊まっています。
「極楽スキー」懐かしいですね(笑)

MAKさん

多少無理して行きましたが、行って良かったです。
楽しかった。
来シーズンは検定関係ないので純粋に愉しもうと思っています。

No title

びわこバレイは明日まで延長営業していますよ
焼額は3年前に行きました(渋温泉に泊まって)
なつかしい・・・・
「極楽スキー」も懐かしい
と、本棚の極楽スキーを見ています(ステッカー付きだ!)
車の広告とか興味深いです!

wakatakeさん

びわこバレイはアンコール営業でもそこそこ雪があったでしょうね。
今シーズンはあと一回チャオおんたけへ行くかどうか考え中です(笑)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。