スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ち着いて検討中

パーツリストをながめています。
とれなかったのはこの36番のレバー

120220a.jpg

上部の38のナットはゆるみました。
でもこの36はどうしても抜けませんでした。
抜けなければこのレバーの下のナット(オレンジ)が外せません。
みんカラで見た作業ではさくっとこのレバーが外れてその下のナットも外していました。

ですがよくよく考えるとレバーの回転軸のナットって、パーツの固定と兼用するか??という疑問が出てきました。
再度パーツリストをながめます。

120220b.jpg

・・・・・ちゃんとパーツリストをプリントして手元に置いて作業するべきでした。
まず29のナットは外れました。
これを外せばATフルードレベルゲージホルダ(黄色で塗ったパーツ)は引っこ抜けるんですね。
そしてそいつを引っこ抜けば15番のボルトが抜けるわけです。
でもあの狭いところにどうやって工具を・・・・?

外せなかったレバーの下にあったナットは5番です。
こいつはどうやら外す必要はなさそう。
つまりレバーも外す必要が無いのかも。
他の人の作業内容をあてにしすぎていました。

64番のボルトは回せました。
これと15番を外せばインヒビタースイッチは外れます。
ただしコネクタも抜く必要がありますがみんカラでは皆さんどうやって外す??と悩んでいます。
8番のコネクタですが、よく見るとECUを外さないとこのコネクタが現れません。
そしていくつかのコネクタをレゴブロックみたいに組み合わせているのでスライドさせてばらせば良いようです。

って、作業前にしっかり下調べが必要でしたね。
でもパーツリストだけながめていても全然頭に入りませんでした。
今回いじってからながめることによってようやく理解。

しかし手が入らない、工具が入らない問題はどう解決するのか。
答えは腰を据えていろんなホースや配線を外すのが王道なんでしょうね。
まずは何のホースか、何の配線かを理解しないと外すのが怖いのでそこから勉強です。

そして出来ないことはプロにも相談。
そういうスタイルで進めようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ナットは

とれていた?
SW外すだけならシフトワイヤー側を外せばいいだけですが、分解・交換も考えればアームを外す必要があるので
そのつもりかとおもってましたが。
このレバーの構造上穴が歪んでシャフトを咬み込み抜けずらくなります。
板を曲げているためナットを締め込んだ場合とワイヤーの引きの繰り返しで上と下の穴位置がずれるからですが。
これ自体は大した問題ではありませんが、コネクタの引き抜きは回りの部品外さないと無理そうなのかなんとも・・
その辺解る写真が有ればこの手の工具を入手・作ってやれば~なんてこといえるんですが。

BEATさん

ナットは外れました。
写真はしょってすみません。
そしてシフトワイヤーも外せたので何も悩む必要は無かったのです・・・・
ただし、何かよく分からない(苦笑)ダクトや他のパーツが邪魔をしてそれ以上作業できなかったのは事実。
こういうのは焦ると深みにはまるので昨日はそのまま組みました。
コネクタはまだ拝んでいないので見てから悩みます。
そのときは写真撮りますのでアドバイスお願いします~

No title

What's up to every , as I am genuinely keen of
reading this weblog's post to be updated daily. It includes nice material.
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。