スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小型端末

知ってる方はご存じですが、私は小型端末マニアです。
今までも常に何か所持しています。
テキストの入力やこづかい帳など非常に重宝していたのがHP200LXですが、先日壊れてしまいました。
電源まわりが弱いLXに無関係の社外ACアダプタを改造して使ったのが原因と思われます。
が、単なる接点の不良かもと若干の希望を持って作業してみました。

P1070523.jpg

バラすのは簡単な作業です。
部品点数が非常に少ない。

P1070526.jpg

これがマザーボード。
小型端末と表現しましたがLXは立派なパソコン。
いわゆるIBM互換機です。
20年も前に良くこれだけ完成度の高いものができたものです。

P1070527.jpg

接点関係を徹底洗浄。
これで直ってくれたらありがたいのですが・・・・
結局、うんともすんとも言わないのは同じ。
やはり電源まわりなのか。
せっかくなので、譲り受けたジャンク品でニコイチできないか試してみます。

P1070539.jpg

山盛りのLX残骸(笑)
一つ一つ試してみましたが全部アウト。
ひとつだけ少し反応しましたがだめでした。

ん~修理に出すか、またLXを手に入れるか・・・・
ヤフオクよりもebayで買う方が円高の恩恵をはるかに受ける様です。

でももう一つの端末も壊れたままなんですよね。

P1070540.jpg

KINDLE3です。
LXは青空文庫の書籍は専用のビューワで快適に読めましたが自炊PDFはさすがに無理でした。
KINDLEは実に快適に読書にのめり込むことが出来ます。
しかもMP3プレーヤーも内蔵していて、さらにネットのブラウザも白黒ながら装備。
特筆すべきは3G回線がタダで使い放題でした。
AMAZON持ちで勝手にネット接続できるのです。
メールもウェブで見れるようにしておけばチェックできていました。
こいつが壊れたのは非常に痛い。

今、手元で稼働しているのはこいつ。

P1070541.jpg

WILLCOMのW-ZERO3
スマートホンなんて言葉が無かった時代に生まれたWINDOWSCE機です。
これが出たときは非常に欲しかったのですがあまりの価格に指をくわえるだけでした。
2年ちょい前にWILLCOMが数百円でデータ通信使い放題の時に加入し、ZERO3はヤフオクで2000円でゲット。
結構重宝しました。
がキャンペーン契約が2年で切れたため解約。

P1070542.jpg

今はWIFIでネットにつないでいます。
ビデオの再生もMP3の再生も出来るので使っていますが長文入力はLXに分があります。
どうしようかな~、LXをまた買うかどうか思案中。
いっそのこと、KINDLEでの自炊PDF環境の復活とLXでの文章入力を融合した環境を模索するべきか・・・
そうなるとipadなんかも視野に入りますが、400g超は重いなあ。
LXは300g、KINDLE3は200g切ります。
今話題のKINDLE FIREもいいかもしれません。
予算の都合上、まだ先の事になりますがいろいろ考えてしまいます。
LXの使い勝手も捨てがたい・・・

まあしばらく悩んでみます。
寒波の影響でかなり冷え込みますね。
なかなか外でトレーニングする気になれないので自宅内でやってみました(笑)

P1070543.jpg

もうすぐ無くなる旧秘密基地です。
アスファルトと違い非常になめらかな感触。
意外とこんなところでもカービングターンの練習ができるということが分かりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。