スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私とスキー

今シーズンは久しぶりに向上心が芽生えているので自分のスキーライフを振り返ってみたいと思います。

親が昭和30年代後半から40年代にかけての第一次スキーブームの世代です。
夜行列車にゆられて信州や遠くは蔵王まで遠征していたそうです。
私も物心つく前からゲレンデに連れられていた様ですが一番古い記憶は3歳の時の菅平。
レンタルコーナーで借りたプラスチックの幼児用スキーを履いて緩斜面でひたすら練習させられたのを覚えています。
しかも途中で親父は「ほな、俺滑ってくるから練習しとけよ」と一人にさせられてかなりの長時間一人で斜面を登っては滑り降りるということを繰り返していました。
かなり短い板なのでちょっとでも後傾になると尻もちをつくので一生懸命前傾姿勢をとっていました。
地元の子どもたちが颯爽滑っているのを見て、よせばいいのに対抗心を燃やして雪の中につっこんでいました(笑)

幼稚園、小学校、中学校と年越しはスキー場で迎えるのが当たり前の生活をしていました。
経費削減のために志賀高原の夏用のバンガローに泊まっていました(笑)
一泊2000円。あれは極限の生活を体験しました。
ベニヤ板一枚のバンガローに夜は氷点下20℃のところで寝泊まりするのです。
息が結露して天井が濡れ、それが氷となって寝ている顔に落ちてくる・・・・
指先は凍傷になってジンジンと激痛にも襲われました。
風呂はバンガローを経営しているホテルまで行くのですが腰より深い雪をかき分けて行き、帰りは髪の毛がバリバリに凍る中、歩いて帰りました。
あんな体験すると、たいていのことを受け入れる様になるもんです(笑)

正月は志賀高原、春スキーは赤倉か妙高というパターンでした。
関西のスキー場はあまり行くことが無かったかな。
菅平、戸狩、関、燕あたりも良く行ってたと思います。

子どもの頃、家にはテレビが無かったのですが(これも大変珍しい・・・)中三の時にとうとう我が家にテレビが来ました。
85年のことです。
そしてその秋、釘付けになったテレビ番組がサロモン提供の「SKI NOW ’86」でした。

http://www.youtube.com/watch?v=pC-gm6jvX5U&feature=related

YOUTUBEにオープニングが出ていますね。懐かしい!
翌年、高校生になってからは親とは別に自分でスキーに行くようになりました。
格安ツアーを探しては夜行バスで行ってました。
この頃が一番向上心があったかな。
高校1年の時は「脱!中級!」と思って練習しましたがいっこうにウェーデルンが出来ない。
で、バイト代でミズノの靴をサロモンの靴に変えたら一発で出来るようになりました。
ミズノの靴は初級用の足首のホールドが全くないのを履いていたんですねえ。

高校生の間はほとんど志賀高原に行っていたと思います。
格安なのでホテルは相部屋。4~5人の部屋の時もあれば10数人の大部屋の時もありました。
高校生でそんなところにいるのは私くらいで(笑)、スーパー放任主義の親のありがたみを感じていました。
まわりは大学生や社会人。
晩酌や花札、オイチョカブにつきあえるので、とっても可愛がってもらえました(笑)
知らない人と交流出来る相部屋というシステムは面白かったです。
花札では負ける気がしなかったので結構なことをしていたような・・・
これも親に仕込まれていました(苦笑)

大学生になってからはちゃらんぽらんなスキーをしていました。
あのころもっとスクールに通っていれば良かった!と今になって思います。
でも友人と素泊まりの宿を渡り歩いて部屋で自炊したりとそれなりに楽しんでしました。

今はなかなか時間がとれませんが出来ないことを数えるよりも出来ることを考える精神で、より高みを目指したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

We stumbled over here coming from a different web address
and thought I should check things out. I like what I see so now i am following you.

Look forward to going over your web page for a
second time.

No title

Hi to all, how is the whole thing, I think
every one is getting more from this web site, and your views are nice in support of new
people.
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。