スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱庭ケージについて

私はインコの「社会性」を伸ばすために普段から外へ連れ出しています。
もちろん、外敵に襲われたり病気に感染するリスクもありますが、十分気をつけた上で感受性が豊かになるように育てています。



IMG_0881.jpg


必要以上に怖がらない性格になっています。
外へ連れて行くと穏やかな表情。

IMG_0258.jpg

で、そんなときに地面の上で草をついばむ姿を見るうちにケージに緑がほしいなと思うようになりました。

IMG_0896.jpg

まず、試したのは猫草。
餌皿に土を入れて育ててみました。



ケージの中に緑があるのは良いなと実感。
そこでケージの中を箱庭化するとどうだろうと思いつき、いろいろと構想を練りました。
元々オカメインコのアイスとサザナミインコのすずが住むには大きなケージです。
縦方向に空間を利用したいと思い高低差のある芝生やシンボルツリーがあると良いかもと妄想を膨らませます。
ホームセンターをうろつき、材料を買ってきて一気に作業しました。

糞きり網で土の荷重を支えることにしましたが、それだけでは心許ないので網を追加して補強。

IMG_1054.jpg

防水層としてビニールを敷き詰めました。
さらに周囲の土留めとしてホームセンターで買ってきたワイン箱を使います。

IMG_1050.jpg

ケージのサイズに合うようにカット。

IMG_1055.jpg

試しにはめ込んでみるとぴったりでした。

IMG_1056.jpg

よしよし、イメージ通り。
さらにケージの扉部分は開口部の高さに合わせてカット。

IMG_1057.jpg

IMG_1058.jpg

これで土が漏れることは無くなりました。
次に高低差を作るための下地と内壁の作業。

IMG_1061.jpg

軽量化のために土を高くするところは発泡スチロールを並べます。
屋上緑化で使う手法です。
木箱の内側をインコがかじってぼろぼろにしそうなのでタイルを貼りました。
これもホームセンターで売っていた軽量タイルを使っています。

IMG_1064.jpg

土は、これまた屋上緑化に使う軽量土壌(パーライト)を使いました。
水受け皿代わりに100均で買ってきたプラケースを使っています。

高低差のある部分の土留めとして木の板を使いますが、無塗装だと白々しいし、かといって鳥に有害な塗装はしたくありません。

IMG_1065.jpg

ということで、コンロであぶって焦げ目をつけました。
これでカビなどにも強くなります。

高低差の下地が出来たらいよいよ植栽。

IMG_1070.jpg

おお、イメージ通りに出来ました。
餌皿周辺は糞を良くするのでタイルを敷いています。

IMG_1069.jpg

全体的にこんな感じ。
この頃はまだキョロがいなかったのでプラケースは付属していません。
早速、インコたちをケージに入れました。

IMG_1106 (1)

IMG_1095.jpg

IMG_1081.jpg

特に怪しむ様子も無く、機嫌良く歩き回っています。
ご飯も一緒に並んで食べています。

掃除は芝の上にした糞をティッシュやウェットティッシュでまめにとっています。
そしてハンディクリーナーをかけてます。

IMG_1261.jpg

たまに殺菌をかねてバーナーであぶっています。

IMG_1262 (1)

晴れた休日はケージをバルコニーに出して日光にあてています。
それでも日照が足りないようなので、LED照明を追加しました。

IMG_2049.jpg

インコたちは芝生の新芽をかじったりしています。
特に掃除機をかけた後は気分が良いようでさえずっています。

IMG_1290.jpg

IMG_2085.jpg

ちなみに芝生は室内環境だからなのか2~3ヶ月で弱ってくるので、庭に貼っているものとローテーションしています。
ケージの中では肥料を使うのはためらわれるので外に出した時に肥料をやったりエアレーションしたりしています。
スポンサーサイト

ボルボもいますよ

V70XCについてお問い合わせいただいたので書いときます。

3月に車検も通して、まだまだ元気です。
故障はどうですかとのご質問でしたが、今のところ大きな故障はありません。
850の方は結構故障していましたが。

ですが、来年で20年選手。
そろそろ燃料ポンプを交換しようと思います。
こいつが故障すると出先でどうしようもありません。
850の時は部品代と工賃で10万円でしたが、4WDであるクロスカントリーはアクセルシャフトも下ろす必要があっておそらく20万近くかかるそうです。
あと、トレーラーの牽引や荷室への積載を考慮してリアサスが自動調整式になっていますが、こいつがへたるとそれなりに高価だそうです。
また、FFベースの4WDで普段は駆動力をほとんどフロントに伝えていますがフロントが滑るとリアに駆動力を伝達します。
これは前後をつなぐプロペラシャフトにビスカスカップリングを入れて実現しているのですが、こいつが壊れると部品だけで20万だそうです。

幸い、うちのはまだどれも大丈夫ですが今年は燃料ポンプを交換しようかなと思っています。



3月の車検でバッテリーを交換したところですが、先日あがっていました。
850時代からジャンプスターターを荷室に積んでいるので事なきを得ましたが、いくらあまり走っていないと言ってもちょっとあがるの早くない??と思ってます。
オルタネータもへたってるのかなあ(苦笑)

先延ばし(笑)


屋根付きガレージを借りて塩漬け状態の我が愛車、スバル360です。
昭和43年、西暦1968年製なので来年で50歳。
今まで何度も手放そうと思っていました。

でも、自分でかなり手をかけた愛車をなかなか手放せずにずるずる…
ところが、今年後半には安住の地が出来そうです。
よし、手放すのは先延ばししよう(笑)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。