高校受験のサポートを終えて③(基礎を押さえる)

夏休みが終わり、どれだけ勉強が進んだか見てみました。

・・・・・問題集はさらっピンのまま(笑)
あ~、そうきたか。
まあ「やっとけよ」でやるようなら今までもやってきてるはずですよね。
もう少し角度をかえてアプローチしてみるか。
具体的に何をするか示してやらにゃあ・・・・

そこまで親が口出しをすべきかどうか迷いもしましたが、私が社会に出てからいろんな人と出会い
この人はしっかりしてるなあと思った方は、だいたいその親御さんがしかるべき時に呼び水を差しています。
放任主義とほったらかしは違うと言う話をどこかで聞いたのを思い出し、手取り足取りでは育ってくれませんが、将来の自立を目指して何かを示してやりたいと思いました。

さて、具体的にどうするか。
とにかく1・2年の復習を済まさなくてはなりません。
本来は夏休み中にしておくべきことでしたが後悔する時間があるなら少しでも復習を進めましょう。
まずは、毎日「1・2年のまとめ」という問題集を、理科と社会を中心にやらせました。
英国数は3年の問題をやっていても何が理解できていないかという判断は出来ますが
理科と社会は、1・2年の範囲もやらないことには判断出来ません。

特に理解が進んでいない日本史関連をどうにかしなくては。
小学生のドリルをやってもらいます。
これから先は「これをやれ」や「これをしなくてはいけない」という表現は出来るだけ使わずに
「これ、やってみるか」とかという言い方を使いました。

140914i.jpg

気分転換にバーベキューをしにいった河原で小学生のドリルをやってる姿です。
時はすでに9月なかば。
受験まであと5ヶ月。
5ヶ月しかないと考えるか、5ヶ月もあると考えるか・・・
まあ大学受験と違って5ヶ月もあればかなりのことは出来るはず。
志望校を決定する11月や12月の模試には決して間に合いませんが1月中に実力が付けば良いわけです。

とにかく今は基礎を固めることに集中しよう。
という訳で、9月と10月は1~2年の復習にかなり時間を割きました。
問題集を解いていく時に、間違った箇所は必ず問題に印を付けるように指示。
たくさん印があるほど、それはあとになって得点源になるのだぞと言って聞かせました。

たとえばすでに平均点が95点あると、そこからいくら頑張っても点は伸びませんが
50点や60点しかないのなら、いくらでも伸びしろはあるわけです。
その伸びしろというのは、問題を解いて間違ったところ、わからなかったところです。
問題集に間違いの印が付けば付くほど、宝の山があるんだぞと教えました。
それをまとめて表にして貼り出しました。

20141019b.jpg

宝の山です(笑)
とにかく基礎の大切さをことあるごとに話して聞かせました。
より高度な知識を得るためには、それの基礎を理解している必要があります。
解けない問題や知らないことを理解するためには、上述のように小学生のドリルに立ち戻ったり1年や2年からやり直したりしなくてはなりません。
これから先もそういうことが必要になってくるかもしれませんが、あまり行ったり来たり出来る時間がありません。
出戻りを防ぐためにも、今基礎をしっかりと身につける必要があります。
基礎が無いのに、より高みを目指せるわけがないと何度も言って聞かせました。

英語は基本構文
数学は図形問題(相似などの基本的な解き方の徹底理解)
国語は漢字や慣用句
理科と社会はひとつひとつ理解をすすめていきました。

うちの子は自分の部屋の机では勉強出来ないタイプの様です。
なので10月からはリビングのテーブルで勉強することにしました。
そういうふうに少しずつ環境を整えて、上記のような基礎力アップに集中して取り組み始めました。

また何校か見学会に一緒に行きました。
そして10月末に志望校を見つけました・・・

続きはまた今度。
スポンサーサイト

高校受験のサポートを終えて②(現状把握)

さて、自分の実力を客観的に分析する力が無い我が息子。
まあ私も中学生のころはそんな力はさっぱり持ち合わせていませんでした。

そうは言っても、何ができないのかを全教科洗い出さなくてはなりません。
どうしようかと重い腰をあげたのが7月終わりのことでした。
本人に聞いても客観的に説明できるほどまだ勉強に手をつけていません。
塾の公開テストの結果を参考にすることにしました。

テストの結果を眺めるだけでは何も見えてこないと思い、手を動かすことに。
教科ごとに間違った項目をノートへ書いてまとめてみました。
するとなんとなく見えてきました。

英語
PB265319.jpg

見開き右ページは間違った回答の出題内容、左は全体の総評として私のコメントを書きました。
公開テスト6回分の結果が一目でわかります。英語は苦手科目のようです。

PB265320.jpg

間違った部分のアップ。
同意文への書き換え・整序作文・空白への穴埋めがかなり苦手だということがわかります。
これは基本構文が頭に入っていないということですね。対策は簡単、基本構文をモノにすればいいだけです。
それと正答率が35%以上の簡単な問題は確実に正解出来るような力を付けるべきです。
偏差値は15以上あげたいですね。落としている基本構文で正解がとれるようになれば十分可能な数字です。

数学
PB265321.jpg

まだまだですが英語よりは良いようですね。

PB265322.jpg

図形問題が鬼門のようです。
ほぼ全滅。
大阪府の公立問題は図形問題のウェイトが大きいので確実にモノにしなくてはなりません。
ここをクリアすれば偏差値10以上アップは可能です。

国語
PB265323.jpg

一番得意な科目みたいですね。
偏差値も今の段階でこれだけあれば不安はありません。

PB265324.jpg

あー、古典が苦手なのか。
まだ慣れ親しんでいないからかな。
ここを克服すれば偏差値5はアップできると思います。

理科
PB265325.jpg

なんだかムラがあるなあ。

PB265326.jpg

理解出来ていないところをこつこつやっていくしかないですね。

社会
PB265327.jpg

英語に続く苦手科目です。

PB265328.jpg

地理も歴史もわかっていません。

全体的に見わたすとどうも1~2年生の範囲に問題ありです・・・・
勉強してなかったもんなあ。
と思いつつ「まあ、こうして分析してわかった苦手範囲の復習をするように」と伝えておきました。

ま、それでするはずが無いですよね・・・・
気づけば涼しい風に秋の訪れを感じる季節になっていました。

続きは次回に。

高校受験のサポートを終えて①

上の子は春から高校生活をスタートしました。
毎日自転車通学していて、地元の高校で良かったと私も思っています。

昨年、受験のサポートをしたわけですがその際にいろんな先輩保護者さんたちの情報を参考にさせていただいたので
私もこれから高校受験を迎える保護者さんの参考になればと何度かに分けて書きたいと思います。

まずは私自身、中学の時はどうだったかを少し書いてみたいと思います。
私は中学二年の時に荒れに荒れている中学へ転校しました。
担任の先生に連れられて職員室から初めて自分の教室に向かいましたが、廊下や階段では大勢の生徒がたばこを吸いながらたむろしてます。
ウンコ座りした女の子が「あんた、どっから来たん?」とたばこの煙をはき出しながら聞いてくるのには度肝を抜かれました。
それ以上に驚いたのは教師が「おお、この子転校生やで」と何事もないかのように言って歩いていることでした。

転校前の中学は田舎の学校でしたが、授業はわりとじっくりと進める方針だったようで、ペースは遅いもののしっかりとした授業でした。
もちろん授業中にたばこ吸いながら麻雀やったりジャンプ読みながらトランプするやつなんていませんでした。
転校後の学校は生徒がやりたい放題やってる前で、先生が淡々と教科書を独り言のように読んだり、黒板に向いたまま授業を進める先生がいたりとむちゃくちゃでした。
生徒をほったらかしにしているのでその分ペースは速く、たとえば日本史で言うと転校前は弥生時代だったのに転校後は明治維新まで進んでいるという違いがありました。

先週まで弥生時代をやっていたのに今週から明治です。
それが5教科全部で同じようにあいだが抜けてしまいました。
幸い理科と国語は得意だったので、なんとかなりそうでしたが、英語・数学・社会は途中が抜けたらなんのこっちゃわかりません。
しかも授業は崩壊してるし、取り戻すことなく中学生活は終わりました。

それでも、自分自身がしっかり勉強していれば問題なかったのでしょうが、すっかり自堕落な環境に順応してしまい(笑)、転校してからまーったく勉強しませんでした。
でも環境のせいにしてはいけませんね(笑)、悪いのは自分です。
何をしてたかというと、日本橋に自転車で行ける距離になったのをいいことに、通い詰めてラジオ作ったり黎明期のパソコンにはまってました。

そんな私がまともに高校へ行けるはずがなく、私学も公立も落ちるという親不孝なことをやらかしてしまいました。
当時、昼夜が逆転したような自堕落な生活丸出しのまま、試験日を迎え試験中に熟睡するというマンガみたいなことをやってしまったのです。
ちなみに私学も公立も「数学」で眠ってしまいました。
どちらも半分くらい解いてから記憶がなくなり、終了のチャイムで目が覚めてびっくりしたのを覚えています。

不合格になった翌日、朝刊で私学の1.5次募集が出ているのを見て、聞いたことのない私立高校を受けました。
結局そこに行くことになりましたが結果として、その高校に進学して良かったと思います。
中学2年1学期までの学力だけで受験したわけですから、よくまあ合格できるところがあったものだと思います。

さて、私の高校受験の顛末を書きましたが振り返ってみると、なんて自分はお子様だったのだろうと思います。
昨年の宇宙博の記事に書きましたが、あの日に会ったJAXAの職員さんとAさん(今だから言いますが某大臣のお嬢さん)は、10代からしっかりしていたんだろうなと本当に思いました。
私も10代後半から「それなりに」自覚も芽生え、勉強もバンドもスキーもしっかり打ち込みましたが、10代前半はあまりにも子供すぎたなあと思います。

中学3年生になった自分の子供に目を向けるとやはり「どうしたらいいのかわからない状態」になっていることすら客観視できない様子。
少し呼び水を差してやるかと思ったのが受験サポートのきっかけでした。

DSCN0338_2014072122353079b.jpg

ですが、私自身前述のようにまともに高校受験を経験してませんし、試験問題の内容もまったくわかってませんでした。
私がその後、大学受験や国家資格の受験勉強で、あるいは仕事をする中で身につけたのが「まずは何がわからないのかを把握する」という当たり前のセオリーだったのでそこから手をつけることにしました。

次回、そのあたりを書きたいと思います。

10月の終わりに・・・

気がつけば10月も400時間以上仕事してました。あっという間の一ヶ月。
9月10月となかなか大変でした。年々責任の大きさを感じています。
問題が起きてからでは遅いので問題の起きないように対処しますが、それでもあっちの物件やこっちの物件で
対策や対応に追われる毎日。どうにかこうにかクリアしてますが夜中に聞こえるはずの無い事務所の電話音が聞こえたような気がして飛び起きることも何度か。
1キロ離れてるのに聞こえる訳がありません。

こりゃいかんな。ちょっとリセットしなくては。
そうだ、最近身体を動かしていないのがダメなのだ。
去年MTBで思いっきり山の中を走り回ったように、身体に活を入れなくては!
金曜の夜、打ち合わせが終わってから「明日の土曜日は仕事を休んでどこかの山に行こう」と決めました。
23時過ぎに議事録をまとめ上げて先方にメールにて送信。
さーってどこの山に行こうかなと物色開始。
ネットでうろうろしているうちに「おお!ここにしよう!」と決定。
床下収納から道具をいそいそと引っ張り出してボルボに積んでおきました。

翌朝は5時半に起きるつもりがそんなわけにいかず少し寝坊。
昨夜の残り物を胃袋にかきこんで出発。

PA314910.jpg

さあ、久しぶりの朝のドライブです。
屋根の上に載っているのは・・・・

PA314911.jpg

あ、自転車じゃない・・・
そうです、10月に初滑りしちゃいます。
前日に岐阜のスキー場が2ヶ所オープンしました。
人生初の10月のスキー、いっときましょう!

PA314912.jpg

近づくにつれて山の上に雪が積もっているのが見えてきました。
テンションあがります!
おお~!!

PA314914.jpg

今回はインターから10分以内の鷲ヶ岳スキー場にしました。
スキー場は「インターから3分!」とうたっていますが、それは敷地内に入るまでであって実際には6分以上かかります。
それでも近いんですけどね。

PA314915.jpg

リフトは一番混んでいる時間帯で15~20分待ちの状態、次第に回転が良くなっていきました。
さあ、とりあえず何も考えずに滑ろう!

PA314916.jpg

雪だ!
人工雪といえど、雪だ!全長1000Mのコースですが、なまった身体にはこれで十分。
もうすっかり忘れた滑り方を少しずつ思い出しながら滑走します。

PA314917.jpg

遠くの山には天然の雪が積もっています。今年は雪が多いのかな。
年内に信州へも行きたいな~

PA314919.jpg

コース幅がこんなだし、結構混んでいるので小回りでちょろちょろとしか滑れませんが、去年イメージトレーニングしていたことを少しずつ思い出しては試します。
まあきっちりポジションを直したりするのは12月にスクールにでも入ってから矯正します。

PA314920.jpg

おお、向かいのダイナランドの上部は雪が降っていますね。
同じように前日にオープンしたウイングヒルズは少し雪が舞っているかも。
で、やはりシーズンインに思うこと。
「スキーってこんなにしんどかったっけ?」(笑)
午前中4~5本滑っただけで大変です。
ちょうどお昼になったので車に戻ってコンビニ弁当を食べました。
荷室をフルフラットにしてマットを敷いて少し読書。
眠くなってきたとこで横になりました。

今度は起きようと思っても起きられません・・・
結局2時間爆睡。

ふらふらと起き上がってゲレンデに戻ったのは2時半を過ぎていました。

PA314921.jpg

あ、ちょっとすいてきてる。
あと2時間楽しもう。
・・・・体力もつかな。

PA314922.jpg

すいてきたので少し中まわりを楽しむことにしました。
スピードも出て爽快感を味わえます。
ですが身体のあちこちが痛い(笑)

PA314925.jpg

ああ、気持ちいいな。
このとき、仕事のことなんて本当に忘れてました。
結局4時半のリフト終了まできっちりと滑りました。

PA314926.jpg

終了直前にもゲートにぎりぎり滑り込んでラスト1本!

PA314927.jpg

リフトから眺めるとみなさん名残惜しそうに景色を楽しんでらっしゃいます。

PA314929.jpg

遠くの山も今日一日で結構積もりましたね。
今シーズンは天然雪のスキー場も早めにオープンするかも。

PA314930.jpg

さあ夕日に向かってラストの滑りをしましょうか。
気温も下がってきて雪が少し締まってきました。
板が走るので楽しい!

PA314931.jpg

次はいつ来れるかなあ。
11月にも来たいところです。

PA314932.jpg

最後の最後までゲレンデにいました。
あー楽しかった。

151031a.jpg

ランニングに使っている腕時計型GPSの軌跡です。
同じところをぐるぐる回ってました。

さて、帰るか!

PA314933.jpg

あ、いつの間にか8万キロ超えてた。
帰りは3時間ちょいくらいかな。

PA314934.jpg

センターハウスに温泉があるのですが、入ったら動けないような気がするので帰ります。
途中、たいした渋滞も無くスムーズに帰ることが出来ました。

PA314935.jpg

予定通り3時間で帰宅。

151031b.jpg

腕時計型GPSをオフにするのを忘れていたので自宅まで追尾されました・・・
助手席に無造作に置いていたのに結構捕捉するものですね。

今シーズンは仕事がかなりキツい感じですが、たまには思いっきり羽を伸ばすためにゲレンデに行きたいと思います。
早く八方オープンしないかな!
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク