ヤフオク出品

スイフト5の化粧直しやこまごまとした整理も終わり、ヤフオクに出品しました。

SWIFT1.jpg

中を片付けて、掃除もしたらぴかぴかになりました。
雪の降る中外も洗車してずいぶんきれいになりました。

SWIFT2.jpg

SWIFT3.jpg

ナローサイズのこのボディで2段ベッド常設はレアなレイアウトです。
良い出会いがあればいいですね。
欲しいと思う人に乗ってもらいたいものです。
スポンサーサイト

化粧直し

エクセルを下見に行った時、オーナーさんと2時間以上話し込みました。
私がやたらとエクセルに詳しく、前期型と後期型の違い(例えば冷蔵庫の位置など)について話をしているとびっくりなさってました。
前にさんざん調べてましたから・・・・

それと面白かったのが、このオーナーさん、うちのクライアントさんの知り合いで、うちが設計した家にお泊りしたこともあるということでした。
こういうのも縁ですね。

さて、今までお世話になったスイフト5は売りに出します。
基本的に内装は綺麗なのですが、なぜか扉の板だけがしわしわなのがいただけません。

P1250990.jpg

P1250991.jpg

これは何とかしなくてはいけません。
購入時からこんな状態で私は「張り替えればいいか」となんの躊躇もなかったのですが、次に買う人はやっぱり綺麗なほうがいいに決まってます。
私自身、初めてのトレーラーライフを満喫させてくれたスイフト5を綺麗にして次の人に渡したいところ。
早速ホームセンターで塩ビシートを買ってきました。

ひょっとしたらヒートガンで温めたら縮まってピンと張るかもと思いやってみましたがほんの少しマシになる程度でした。
残念。
では素直に剥離します。

P1250992.jpg

結構時間がかかります。
むーん、何かいい方法はないかと思いつつとりあえず一枚全剥離。

P1250993.jpg

テストで一枚貼ってみましょうか。

P1250994.jpg

現場で見た内装屋さんの手の動きを思い出しつつ、ペロッと軽く貼りました。

P1250995.jpg

これまた内装屋さんの手の動きを思い出して押さえつけていきます。
結構面白いですね。

P1250996.jpg

おお、いい感じに仕上がりました。
よし、一気に作業を進めよう。

P1250998.jpg

カッターで切り目をいれてヒートガンで温めながら引っ張ると効率が良くなりました。
この方法でどんどんいきます。

P1250999.jpg

P1251000.jpg

剥離完了。
さすがに手が疲れてきました。

さて、休む間もなく貼り付け作業にかかります。

P1251004.jpg

慣れてきました。
これなら次のトレーラーの内装をリフォームするのも面白いかもしれません。
塩ビシートではなく天然木の突き板にするのもいいなと思ってます。

P1251005.jpg

P1251009.jpg

完了!
しめて5時間。
綺麗になりました。
あとは追加したインバーターとサブバッテリーを外したり、タイヤをスタッドレスからノーマルに戻したりとちょこちょことした作業が必要です。
平日の隙間時間を使ってちょこちょこ進めたいと思います。

エクセルは温めていた改造ネタをもう少し具体的に煮詰めているところ。
きっちり設計すれば前後のダイネットの両方に上部ベッドを折り畳み式で追加可能。
前の方はメーカーオプションが存在したので物理的に問題なく収まると思います。
でも後ろもすでに頭の中ではちゃんと可動式で収まっています。

最優先項目は息子の受験なので(ほんまか?)、とりあえずはエクセルの納車準備だけを最低限進めたいと思います。

現車確認

トレーラーの買い替えは春になったらと思っていましたが、ほしかった車種がヤフオクにて関西から出品されました。
今まで広島や静岡の出品が年に一度くらいありましたが、関西のは初めてです。
とりあえず現車を確認させてもらおうと連絡をとり、行ってきました。

P1240969.jpg

英国スターリング社のエクセルBです。
私のスイフト5とパッと見ほとんど同じ。
それもそのはず、スターリング社は94年にスイフト社に買収されて傘下に入っています。
私のスイフト5は97年製、このエクセルBは98年製。すでに同じグループになってからの車両で細部のパーツもすべて共通でした。
フロントの窓だけはスターリング社の前身であるスプライト社伝統の一枚窓です。

P1240968.jpg

このエクセルBは日本のアルクという会社(現在はありません)がスターリング社と提携して日本向けに作ったタイプです。
おそらくスイフト5も日本向けの仕様だと思います。でないとあんな狭くて短いベッドにイギリス人が寝れるわけがない(笑)
これらの390サイズはイギリス本国では二人乗りの様です。

P1240966.jpg

全長はスイフト5と同じで全幅が2150とスイフト5よりも17センチ広がっています。
実はこの差が大きく、室内のレイアウトの違いも大きく影響して中の広さが全然違います。

P1240971.jpg

エクセルB最大の特徴である2枚扉。
左は普通のエントランス。右はトイレ兼シャワー室に外部からアクセスできる扉です。
シャワーを引っ張り出して外でシャワーを使うこともできますが、何よりシャワー室内部を乾燥させるのに効果があります。

最初にトレーラーの購入検討をしていた時にエクセルBは候補に挙がってましたが2150の幅では狭小道路を抜けることができなかったのであきらめてましたが、道路事情が変わり可能になりました。

P1240972.jpg

内部です。
フロントダイネット方向はスイフト5とまったく同じ。
ただ、補助ベッドというオプション設定がありこれにはついていませんが自作すれば2段ベッドに展開できます。
これはぜひ作ってみたいと思います。

P1240974.jpg

リアダイネット側。
スイフト5は常設の2段ベッドでしたが、こちらはダイネットになっていてセミダブルベッドに展開できます。
ダイネットが二つあるのが一番の魅力。
しかもリアダイネットの設定がある車両でも、390サイズだととても狭かったりするのですがこれはゆったりとしています。
当然どこかにしわ寄せがいっているのですが、それはトイレとクローゼットとキッチン。
クローゼットとキッチンは5センチずつくらいスイフト5よりは小さくなっています。天吊りの収納がその分多いので問題ないレベル。
トイレは狭いですが、いつもいるところではないので我慢(笑)
スイフト5の様にトイレの対面に洗面があるのではなく便座の上に折り畳みの洗面があるのでそれなりにスペースを有効利用しています。

P1240975.jpg

温水ボイラーもFFヒーターも問題なく動きます。
コンロはスイフト5にあったオーブンがなくなったのが少々残念。
ピザを焼けたので重宝してました。ですがその分冷蔵庫が大きくなったので、良いこともあります。

P1240973.jpg

リアダイネットに座ってフロント方向を見たところ。
スイフト5は真ん中にトイレがあったので部屋の中が分断されていましたが、エクセルBは広々です。

P1240978.jpg

トイレから外部ドアを開けたところ。
これは便利。
走行時はちょっとした外部収納としても使えますね。

走行充電やインバーター、地デジアンテナに自動追尾の衛星アンテナにサイドオーニングまでついていました。
納得の状態だったので即決させていただきました。

内装はそのうちリフォームしたいと思っています。
折り畳み式の上段ベッドもフロント・リアそれぞれのダイネットに作ればかなり使えるトレーラーになると思います。

まずはスイフト5をどうするか考えなくては。

英国車

寒いですね、スキー場はベストシーズン突入の様です。
私は筋トレとイメージトレーニング中・・・・

日曜日、下の子がピアノの練習にいそしんでいるので上の子はトレーラーで受験勉強。

P1180875.jpg

私立の難問に苦しんでいます(笑)
私も本腰を入れ丸一日かけて解説しました。
理科の問題を解説するだけで2時間以上かかってしまいます。

ところで、うちのトレーラーは英国製です。
英国製を選んだ理由は、幅1980ミリというナローサイズが存在するのが最大の理由ですが
ほかにも何点かあります。

P1170872.jpg

日本と同じ、車は左側通行なのでエントランスが左側なのが次の大きな理由。
うちの庭に置くと右エントランスでは非常に使い勝手が悪い。

それともう一つの理由。

P1170868.jpg

年式は古いですが、イギリスのトレーラーは内装のつくりが良いと思います。
もちろんドイツやフランスのトレーラーもいいと思いますが、私はイギリスのこの雰囲気が好きです。

で、心がけているのが中で使うものはそれなりに吟味するということ。
せっかく景色のいいところに、いい雰囲気の内装で出かけるのに100均やホームセンターのプラスチック製品が車内にあふれていたら幻滅です。
生活感丸出しの状態だけは避けたいと思っています。

ヒーターはガスですが、プロパンがもったいないので就寝時以外は灯油を熱源に使いたいところ。
英国車にはValorの小さなストーブが似合うと思ってこの冬から使っています。

DCIM0287.jpg

小さな小さなストーブです。
五徳もついているのでやかんも載せられます。

DCIM0289.jpg

自宅に置いている時は電気のパネルヒーターをメインで使っていますが、ブルーフレームの灯油ストーブもいいものです。
何より、小さいのがいい。
狭いトレーラーの中ですから、アラジンストーブなんかを置くわけにはいきません。

P1170873.jpg

英国車特有の3分割窓。
外観はいまどきのトレーラーと比べると少し古臭くなってきていますが、それが気に入っています。

なのですが、実はやはり一回り大きいのに買い替えようと考えています。
先日、とあるショップで普通免許で牽ける最大サイズのトレーラー(450サイズ)を見ましたが、幅が2150サイズだとキッチンの前が広くてとても良いと思いました。
かなりボディの痛みが進んでいたので、それを購入しようとは思いませんでしたが幅が2150だとこんなにゆったりするのかと思いました。
まあ長さは450サイズだとうちの回りでの取り回しが大変そうなので390サイズくらいでいいと思います。
(ちなみにこの数字は室内の有効長さ(センチメートル)を意味します。)

次も左エントランスとなるとやっぱり17~8年前の英国車を探すことになりますね。
本当はもっと古い1960年代のがほしいけどそんなのは日本に入ってきていません。
どんな感じかというと。

this-used-cheltenham-sable-is-being-sold-for-just-500-$14068940$326.jpg

英国車伝統の分割窓。

hptstore5.jpg

おしりもいいですね。

Carlight-sale-photo-01.jpg

P1000359_JPG-for-web-large.jpg

いいなあ。

Verity1.jpg

コーナー部分のアールガラスがたまらん。

vintage-caravan-3.jpg

色違いのおしり。
これもいいですね。
みんな左エントランスです。

Cool-Caravan-willerby.jpg

ラブリー(笑)

full_Retro_Caravans_-_1952_Muir_interior_800.jpg

内装も実にいい感じ。

年末からずっとイギリスのサイトをうろうろしてます。
むこうの愛好家たちが集まる掲示板も読んでたら面白い。
みなさん維持するための情報交換に励んでます(笑)
どこの国もおんなじですね。

いつかはこんなビンテージのものに触れてみたいと思います。

P1180876.jpg

英語や国語の解説をしているうちに夜になりました。
これは社会の見直しをしているところ。
トレーラーの中もwifiが使えるので、教科書に載っていない用語はパソコンを開いて解説していきました。

お出かけしてないけど、トレーラーは活用してます(笑)

2時間でいっぱいいっぱい

昨年末のことです。

日本海側へ日帰り出張が入りました。
路面は凍結してますとのことなので急きょスタッドレスに交換。

PC200524.jpg

エアも入れてばっちり。
ついでに荷室下のスペアタイヤ(テンパータイヤ)を取り出して、以前スペア用に購入しておいたノーマルタイヤを収納。

PC200527.jpg

欧州車はスペアタイヤのスペースにノーマルサイズのタイヤを入れることができます。
これで遠方でパンクしても高速道路を走って帰ってくることができます。
前に長野でパンクしたときは、焦りましたから。

さて、出張先の仕事は半日程度の内容です。
いつもなら、昼一番に先方に到着して仕事を始めるわけですが、朝一番に行って15時頃には終了しました。

ここから2時間ほどのところにナイターをやっているスキー場があります。
ちょっと遠回りですが行ってみましょう。(なぜかウェアと道具一式を積んでいました・・・(笑))
すんません、最初からそのつもりでした。

PC220698.jpg

スキー場につくと良く降っています。
今シーズンはどこも雪がたっぷりあるそうで、ここも例外ではありませんでした。
着替えて用具もセット。
リフト乗り場に向かいます。

PC220699.jpg

ちょうど営業開始時間の一番乗りでした。
おお~、リフトもちょうど動き出したところ。

PC220700.jpg

よーし、一番乗り行っときましょう。

PC220704.jpg

シーズン最初のスキーなのでいろいろ確認しつつじっくりと滑りました。
オフシーズンの間、イメージトレーニングしていた滑りを重ねつつひたすら滑っていました。
シーズン最初に毎度思うのが、「スキーってこんなにしんどかったっけ?」です。
夏場は運動してないもんなあ。

2時間でくたくたになりました。
ナイターはまだあと1時間やってますが、ここで撤収。
疲れたけど、楽しかった。

次は3月か4月までおあずけになりますが、今シーズンは5月まで楽しみたいですね。

大変遅ればせながら

年賀状2015


謹賀新年!

いつの話やねん・・・
先週後半になってようやく年賀状を出しました。
今回は以前に撮っておいた写真から絵を描きました。
時間もないのでいつもの筆ペンから水性ボールペンに持ち替えて描いてみました。
ものっすごく時間が短縮できてよかったです。

今年はいまだ手放すことができずに不動車のまま放置しているスバルに乗ってみようかな。
それとトレーラーをもっと活用しよう。
でも買い替えも検討中(笑)
今までうちの家から幹線道路までの脱出ルートに難があり、幅1980ミリサイズのトレーラーしか通れなかったのですが
最近、とある文化住宅を取り壊して駐車場になり別ルートが確保されました。
そっちからだと幅2150ミリサイズでも通れます。

しかも大阪で同じ英国トレーラーメーカーの同シリーズのちょっと大きなモデルが販売中・・・
あとは下取り価格次第かな。
などと言いつつ、やっぱり小回りが利く今のサイズの方がいいのかなとも思ったりと思案中。

何はともあれ、目前に迫ってきた息子の受験サポートが最優先項目なのでそっちに力入れます。
私立(奈良県)まであと3週間、公立(大阪府)まであと2か月。
各教科、まんべんなく個別指導しています。

終わったらトレーラーでスキーに行こ。

みなさん今年もよろしくお願いいたします。

ブログ初め

あけましておめでとうございます。

年末年始はひっそりと自宅にこもっておりました。
まあ受験生がいるので、本屋に問題集を買いに行ったのと近所の神社に初もうでに行ったくらいで1月1日以外はずっと勉強をみていました。
それでも夜は珍しくテレビを見たりと少しはゆっくりとまったりとな毎日でした。

おかげで年賀状をまだ出せていません・・・・
下書きまでは済ませたのでもうちょい頑張ります。

さて、この休みの間は自転車の製作にいそしもうと思っていましたが、毎日3度の食事と後片付け、それに洗濯など家事におわれてました。
合間に新しいパソコンのセットアップとデータ移行でほとんど休みをつぶしました。

まあ自転車はまたでいいかと思いつつ、そういえばトレーラーの電気系にトラブルが発生してそのままにしてたなあと思い出しました。
一部の系統の電気が使えなくなったのでヒューズを調べます。

150102a.jpg

まずはダイネットのソファー座面を外してヒューズボックスとご対面。

150102b.jpg

おや?

150102c.jpg

どうも室内系統のヒューズがありません。
どこにある????

わからなければ、バッテリーから配線をおっかけるのが常道。
クローゼット下の板を外しました。

150102d.jpg

おお、ありました。

150102e.jpg

これですね。
10Aのが一つ切れてました。

交換するとダイネット上とトイレの照明が使えるようになりました。
カセットトイレのポンプも動くようになりokです。

ところが清水タンクのポンプが動作しません。
電源を入れてみて少しすると照明が消えました。
ヒューズが飛ぶ原因はウォーターポンプと判明。

ウォーターポンプまわりの配線を一応チェック。

150102f.jpg

ポンプとプレッシャースイッチの接続部分。
問題なさそうです。

150102h.jpg

プレッシャースイッチ。
これは日本では手に入りにくいかな。
まあ最悪英国から取り寄せましょう。

150102g.jpg

ポンプからの配線処理はあまりよろしくありませんでした。
一応ギボシに交換しましたが結果は同じ。
やはりポンプそのものが怪しいです。

150102i.jpg

タンクの中から引きずり出したウォーターポンプ。

150102j.jpg

セットフォード製でした。
カセットトイレのメーカーですね。
同じものはすぐに手に入らないので、同サイズの水中ポンプを発注しておきました。

手元に届いたら交換してみます。

今年は出動回数を増やしたいと思っています。
春の信州めぐりをしてみたい。
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク