ロードマンのディスク化と今後の予定

予報通りの冷夏とは言わないまでも去年よりは過ごしやすい今年の夏、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
私はすこーしずつ妄想を現実にしていっております。

ロードマンF4の実用車計画ですが、ディスクブレーキの台座取り付けを依頼していたビルダーさんからフレームが返ってきました。

IMGP9910.jpg

フロントフォークです。
眺めてはにやけています(笑)
これ、自分で寸法出したり治具を作ったり溶接したりしたらトライ&エラーで大変だったでしょうね。
しかも製作と取り付けで1ヶ所8000円。安!

IMGP9911.jpg

さっそくキャリパーとローターを取り付け。
おお~!形になってますやん!

IMGP9912.jpg

いかついですね。
フロントフォークにかなり力がかかることになるので補助フォークでも付けて少しでも力を分散したいと思ってます。

IMGP9914.jpg

心配だった、フォークとローターの干渉ですが問題ありませんでした。
エンド幅もロードマンが採用しているママチャリ規格からスポーツ車用に広げていただいています。

IMGP9916.jpg

眺め回しています(笑)
クイックのレバーはこっち側でも干渉しなさそうですね。

さて、次はリア側。

IMGP9917.jpg

何だか良い感じになっています。

IMGP9918A.jpg

台座取り付けの際、ブリッジを製作して取り付けてくださいました。
もちろん、ディスクブレーキによる大きな曲げモーメントによってフレームが変形するのを防ぐためです。

IMGP9921.jpg

こちらもキャリパーとローターを仮組してみました。
当たり前のようにちゃんと組めます。

IMGP9922.jpg

あかん・・・
にやけてしまう(笑)

こちらもママチャリ仕様のエンド幅を広げてもらいました。

IMGP9923.jpg

一番気になっていたリア側のローターとフレームの干渉もOK。
これでロードマンのディスク化の目処が付きました。
それにしても良いお仕事をしてもらって嬉しいです。

ビルダーさんはこちらのYANAGI CYCLEさん。

IMGP9929.jpg

フロントフォークのハブ軸もママチャリ仕様からスポーツ車仕様に改造&補強してくださいました。
このあたりは自分でやっていたら適当な作業になっていたと思います。
でも大事な部分ですもんね。やってもらって良かったです。

IMGP9925.jpg

今日も息子の勉強をみていたので合間に作業しました。
かつてスバルのエンジンを組んだりクーラー化の採寸をした秘密基地。
今はすっかり室内なので軽作業しかできません。
もう軽い作業しかしたいと思わないけど(笑)

でも自転車の完成まではまだまだ道のりがあります。
機能的に求めるのは以下の点。
・ワイドレンジなギア:これは前後内装44段で対応しています。
・しっかりとした制動力:今回のディスク化でそれに対応したいと思います。
・十分な積載能力:これがこれからの課題。

最後の十分な積載能力というのは課題ではありますが答えは自分の中で出来ています。

ずいぶん前から気になっている「Bakers Bike」というのが私の目指しているところ。
数年前から海外のサイトで写真を見つけては保存していて、いつの間にか100枚近く集まりました。

どんなのかというとこういうのです。

140825a.jpg

まあ私の場合、こんなにパンを運ぶことは無いので(笑)
ここまで大きな前カゴは必要ありません。
A2サイズの製本図面(折りたたんでA3サイズです)が入ったカバンが入れば良いのです。

これが現行のママチャリ。

101212k.jpg

4年半ほど前にリニューアルしたときの写真です。
このとき大事にしたのはシートポストの延長による正しいポジションの確保と積載能力のアップでした。
私の自転車の使い方は仕事で書類と図面を満載するのと買い物や学童保育に子供を迎えに行く時がメインです。
今の積載状況はというと
・後ろに子供を乗せてランドセルを持たせる。
・前のチャイルドシートに子供のソロバンや英語などの習い事のカバンを入れる
・前カゴに子供の学童保育用カバン(着替えや他の持ち物色々入り)を入れる
・その前カゴの上に私の仕事用カバンを載せて落ちないように肩掛けをハンドルにからめる
・さらに夏場は子供のプール用カバンがプラス(笑)
・その上で帰りにスーパーに寄って夕食と朝食、翌日の上の子の弁当の材料を買って傘用のホルダーに吊して帰る

生活感丸出し(笑)夕食作って子供を風呂に入れてからまた仕事をしています。毎日こんな感じ。
まあ自転車に求めるのは積載能力が重要な要素となっているのです。

大きな前カゴと言えば新聞配達の自転車などでよく見かけます。
しっかりとしたステーでステンレスのカゴを支えているのを見ますがあれだとハンドルが取られるんですよね。
商店街をゆっくり走る時にハンドルがフラフラするのはいただけません。

BakersBikeに似た自転車でこういうのがあります。

s-140825bs.jpg

これだと新聞配達の自転車と同じでフロントフォークとカゴが一体化しているのでハンドルが取られてしまいます。
BakersBikeの特徴は車体のフレームからカゴを支えるフレームが張り出しているということです。

140825c.jpg

画像ではわかりにくいですが、ハンドルとカゴは別体になっています。
私の場合、前述のようにここまで大きなカゴは必要ありません。
というか、フロントのタイヤ径が小さくないのでこういう風にはなりません。
参考になるのはこういうのかな。

140825d.jpg

良いですね。
リアに子供のシートも取り付けるのでこんな雰囲気にはなりませんがイメージは大切にしたいと思います。

140825e.jpg

これも前後の車輪径が同じタイプ。補助フォークというか補助アームがフロントに付いていますね。
カゴ用のフレームが車体フレームからのびているのがわかるでしょうか。
このカゴ用のフレームは車体に合わせて作る必要があります。
トライ&エラーの連続になるでしょうが、最初からスチールパイプで作ると大変だろうし
途中であきらめてしまうような気がするので(笑)、塩ビパイプで試作します。
すでに材料は用意しています。

バスケットはどうするのか?
これもすでに用意出来ています。
あまりファンシーなカゴにするのもどうかと思い、実用的なものにしました。

IMGP9931.jpg

これはなかなか良いです。
もちろん自転車用ではありませんが、脱着用のアタッチメントを装着すれば買い物に行ったときに外してスーパーに持って入ればマイバッグとして活躍出来ます。

IMGP9932.jpg

手提げもちゃんとついてます。
問題は耐候性ですが、簡単に外せるようにしておけば野ざらしの時間は減らせると思います。
まあ腐れば耐候性のある籐かご風の樹脂ヒモを自分で編めばいいかと思っています。

140825g.jpg

イメージに近いのはこういう感じかな。
まあ前後700cのタイヤにディスクブレーキですからこうはなりませんが(笑)

140825h.jpg

これもフレームの作りがよくわかる写真ですね。
カゴ用のフレームは塩ビパイプで試作して、鉄工所にでも持ち込もうと思います。

140825f.jpg

あとは色をどうするか・・・
英国車のイメージは深みのある黒ですが、以前ロンドンやアイルランドで実物を見たときに赤や緑も混じっているなと感じました。
なかなかあの深みのある黒は難しいでしょうね。
いっそのこと深い緑にしっかりと艶を付けるのもありかもしれません。
ただ、フェンダーに細い金色のラインは描きたいと思っています。
F4クランクなので難しいとは思いますが全カバーのチェーンケースも出来れば付けたい。

BakersBikeに関しては日本語のサイトはほとんどありませんでしたが海外では生活に密着していたのか「おじいさんが使っていたのをレストアした」とかいうのを見かけます。
もちろん運んでいたのはパンばかりではありません。

140825i.jpg

これはかつて肉屋さんで働いていた自転車。
これをレストアショップに依頼してレストアした状態がこれ。

140825j.jpg

昔懐かしい白いグリップが黒になったのは残念ですが良い感じですね。
この車両の納車風景。

140825k.jpg

おじさん、嬉しそうですね(笑)
カゴ部分のフレームってなかなか写真ではわかりにくいものですがここのレストアショップの写真はとても参考になります。

140825l.jpg

何種類かパターンがあるようですが一番一般的なのがこの形。
こういうのを取り付けたいと思います。

それにしても海外のレストア状況を見ていて面白いなと思ったのは「オリジナルにさほどこだわらない」ということでした。

140825m.jpg


140825n.jpg

こんな感じで、自由です。
まあこれが良いか悪いかは別として(笑)
とらわれない自由さが良いですね。
私の場合はそもそもオリジナルとはまったく別物で、ある意味キワモノ・・・・
自由に行きましょう。

ただし、こだわりはあくまで国産車。ブリジストン製はもちろん、ロードマンという表記は必ずやります。
ブリジストンの書体は昭和初期の物を使い、ロードマンのは雰囲気に合わせた物にします。
ヘッチンズやラレーのヘッドバッヂを付けて「なんちゃって英国車」というようなことはしたくありません。
そんなことしたら英国車も国産車もバカにしてるような気がして・・・・
どちらもリスペクトしながら私のオリジナルな国産車に仕上げたいと思います。

まあ毎日乗る物ですからね。
そういった細部のこだわりは一番最後に置いておき、まずは「乗りやすさ」にこだわりたいと思います。
積載性能と乗りやすさはバランス取らないと両立できないので楽しんで検討していきます。

・・・しかし、我ながらおバカなことやってますな(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

インコたち

相変わらず忙しくしていますがとりあえずお盆休みは確保しました。
現場が動いているので連絡とったりしていますが休める時は休むことにします。

うちのインコたち(オカメインコ&サザナミインコ)は元気にしています。
オカメのアイスは2歳になって、サザナミのすずは1歳になって丈夫な身体になったようです。
動物病院のお世話になることも今はありません。

先日コメントでご質問をいただいたのでどのようにベタ馴れにしたのかを書いてみたいと思います。
「ベタ馴れにする」というよりも「どのように信頼関係を築くか」という視点で読んでいただければと思います。
ベタ馴れになったのはその結果にすぎません。
また、オカメもサザナミも初めての経験だったので私のやりかたが正解とは思えませんし
他の愛鳥家から見ればおかしい点もあるかも知れませんので話半分程度に読み流してください。

小中学生の頃、セキセイを何羽か育てていました。
知り合いからヒナをもらってきて育てたり、荒鳥として育った成鳥をもらったりしました。
ヒナから育てたのはもちろんなつきましたが、一人餌に切り替わってから自我が目覚めて手乗り崩れになりました。
まったくの手乗り崩れではなくて私が追いかけると逃げるくせに離れようとするとあわてて飛んでくるというツンデレ状態でした。

今になって思えば、挿し餌をしているときはお互いに「ご飯をあげる」「ご飯をもらう」というコミュニケーションが充分取れているのに一人餌になるとそのコミュニケーションが無くなります。
自然界の鳥では巣立ち直後の状態です。
でも親鳥は餌の取り方や危険な外敵を教えたり美味しい実のなるところへ連れて行ったり羽繕いをしたりさえずりでコミュニケーションを充分取っています。

なのでアイスをお迎えしたときはその時期のスキンシップやコミュニケーションを大事にしようと思いました。
そのためにはお互いの信頼関係の存在が前提となります。
やたらと追いかけ回して手でつかんだりするのはしない様に心がけました。
あと、あまり腫れ物に触るようにして育てるとガマンを知らないわがままな子に育つような気がしたので呼び鳴きにいちいち反応したりしないようにもしました。
もちろん呼ぶのには理由があるでしょうから、ちらっと目で確認して何か問題ないかはチェックします。

放鳥時も追いかけ回さずにこちらもじっとしているようにしました。
仕事が遅いので本来は寝させておかないといけない時間帯ですがそれだと放鳥時間がまったくなくなるので私の晩酌にいつも付き合ってもらってます。
肩か膝の上かイスの肘掛けにとまらせて私は本を読みながら晩酌。
たまにカキカキしてあげる。
アイスの場合そんな関係が一番の様です。
すずはべったりとくっつきたいので胸ポケットの中が一番落ち着く様です。
アイスは周囲10cmくらいをパーソナルスペースとして確保したいようで、手や他の鳥がそれ以上近づくのを嫌がります。

DSCN9877_20140815101835f4d.jpg

これはアイスに近づきたいすずが寄っていったところ。
この状態がしばらく続いたあと・・・・

DSCN9878.jpg

アイスは離れていきます。
すずはアイスとくっつきたいがアイスはくっつきたくない。
でも嫌いでは無いのです。同じ群れの一員として認めているのでたまに羽繕いしてあげるのですがぴったりとくっつくのは嫌みたいです。

下の子がアイスと仲良くなりたいから追いかけ回すのですが、それは逆効果。
で、「仲良くなりたいんやったら、絵本を読んであげたら」とアドバイス。
イスに座ってアイスを肘掛けにとまらせて絵本を読むとアイスはじっと聞き入っていました。
下の子にあまりカキカキさせなかったアイスが絵本のあとにカキカキをねだっていました。
やはり信頼関係がないとスキンシップはとれないのかもしれません。

言葉も理解してもらうために日常動作と結びついた声かけはいつもしています。
朝起きたら「おはよう」、帰ってきたら「ただいま」、出かけるときは「バイバイ」
「ごはんやで」「水替えるで」とかいつも同じ動作をすることは少しずつ理解出来ているようです。
放鳥タイムが終わり、ケージに戻る時は必ず「ハウス」と声をかけています。
自分から入っていかないときも手でケージに戻しながら「ハウス」と言うようにしました。
そのうち理解して自分から入っていくようになりました。

最近はすずも「ハウス」をするようになってきました。
「ハウス」と声をかけるとケージへ一目散に飛んでいきます(笑)

あと、フライトスーツは否定的な意見の方も多い様なので推奨はしませんがアイスもすずも嫌がらずに着ています。
着せる瞬間だけは手でつかまれたりするので少し嫌がりますが一旦着てしまうと気にせずにいます。
どちらも一人餌になるころから慣れさせました。

信頼関係を築くことが出来れば爪切りなどの嫌なことを多少しても嫌われることはありませんし
何より全身で信頼っぷりを表現してくれます(笑)

さて、ケージに関してですがこの春に買い換えました。
以前のは国産のHOEI465オカメでした。
充分な大きさと脚のつかむ力が弱いオカメでも登りやすい横方向のアミが選定理由です。
ただ、インテリアとしてどうかなあとも思っていました。
確かに日本製のはいろいろと安心です。
塗装もメッキもしていないステンレス製のをチョイスしたのは中毒にならないように考えたからでした。
ですが海外の愛鳥家のサイトをめぐると良い感じのケージが目につきます。
eBayでいろいろチェックしました。
日本でも輸入しているショップがあったので少々高かったのですが思い切って購入。

DSCN0920_20140815105843242.jpg

一羽飼いなら大型のオウムもいけそうなくらいかなり大きいです。
放鳥時はこのように上をオープンにして止まり木をつけることが出来ます。
前面が大きく開くので手入れがとてもしやすいです。

DSCN0931.jpg

上下で仕切って上がアイス、下がすずの部屋です。
実はアイスはシード、すずがペレットと餌の種類が違います。
アイスはペレットに切り替えたかったのですが断固拒否するのでシードで育てています。
なので部屋を分けていますが、たまにアイスの部屋の餌入れをはずして二羽ともアイスの部屋でまったりさせたりもしています。

二羽ともおっとりした性格でカメラも怖がりません。

DSCN0907.jpg

上の写真は私がすずに近づいたので後ろのアイスは少し「嫉妬モード」に入っています(笑)

DSCN0908.jpg

うしろでそわそわ。
アイスは私のことが好きですずは私のことも好きですがどちらかというとアイスの方が好き。
で、アイスは私を追いかけ回してすずは私とアイスの間を行ったり来たりという感じです。

DSCN0916.jpg

アイスのパーソナルスペースギリギリの位置までにじり寄るすず(笑)
これ以上近づくとアイスは嫌がります。

DSCN0881_201408151114407ea.jpg

微妙な距離感(笑)
かと思えばすずが羽繕いをはじめると近寄って羽繕いをしたりします。
でも少しでも痛いとすずが大きな声でぎゃーぎゃー言うのでアイスは離れてしまいます。
仲は良いのに微妙な距離感を保つ二羽です。

DSCN0925.jpg

でも二羽とも私とはスキンシップとるのが大好き。

DSCN0929.jpg

アイスは相変わらずカキカキのおねだり



すずがハウスする様子です。



アイスはケージの近くまで連れて行くとハウスしますが、すずは結構離れているところからでも飛んで帰ります。

ケージの中で落ち着く様子。

DSCN0932.jpg

DSCN0933.jpg

おやすみ
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク