スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八方尾根で春スキー満喫

八方尾根で春スキーを満喫してきました。
3月3連休の志賀高原から1ヶ月ぶりのスキーです。

実は志賀高原でレジャースキーを満喫してからふと思いました。
「八方尾根の1級、目指してみようかな」と・・・・
スキーをされない方からみれば私が持っている1級も八方尾根の1級も同じ全日本スキー連盟(SAJ)の1級です。
採点基準も規定内容も同じです。
ですが、やはり最難関の1級という認識は基礎スキーヤーの間での一般的なものです。
特段厳しい点数を付けるということではなく、基本的なことが出来ていないと点数をくれないのです。
斜面設定も絶妙でごまかしのきかない斜面で検定をします。

これはある意味、ちゃんとした採点をしてくれるということです。
ここで1級の合格点が出せれば基本的なことができているという評価です。
テクニカル受検はそれからでも遅くない、というか結果的には自分のレベルがきちんとわかって近道のはず。
「急がば回れ」とはまさにこのこと(笑)
ちなみに、岐阜でテクニカルプライズを合格した人が八方尾根で1級を受けてみると不合格というのも良くある話で私のサークルにもそういう人がいます。
頑張らねば。
八方の1級が欲しいというよりも、八方の1級が合格出来るレベルにまずなりたい。
そのためには一度受けてみて何点なのかを評価してもらいましょう。

とはいえ、1級を受検するにはまず検定前講習を受けないといけません。
しかもシーズン終盤でチャンスはスケジュール調整して1回きりになりそう。
今年は種目に変更があり、総合滑走が無くなって「横滑り」という種目が登場しているので
とにかく検定前講習を受けに行くことにしました。

いつもなら金曜夕方に出るところですが、みっちり仕事もしたので遅めにでることに。
帰って夕食作ってさっと食べて風呂に入り、30分布団で眠ってから出発。

DSCN1070_20140421100338e26.jpg

何時につくかな(笑)
順調にいけば2~3時頃到着するでしょう。
8時まで寝るとして5時間以上は睡眠時間がとれます。

DSCN1072_20140421100339dd3.jpg

第二京阪に入り400KM以上先の白馬村を目指します。
今夜は20年以上前のCDなどを棚から持ち出して流しています。

すると京滋バイパスでライオンズカラーのバスが数台隊列を組んで走っていました。

DSCN1076.jpg

スキーにでも行くのかな。
夜にこれを見るとスキーブーム全盛期を思い出します。
「私をスキーに連れてって」のワンシーンでもありましたよね。
ああ、なんだかスキーに行く気分が盛り上がってきた(笑)

順調に進んで3時間経過。予定通り0時過ぎに長野県に入りました。

DSCN1080.jpg

あと2時間ちょい。頑張ろう。

DSCN1082.jpg

1時過ぎに安曇野インターを降りました。
さすがに疲れてきたのでコンビニに立ち寄り休憩がてら晩酌&朝食を確保。
2時過ぎに八方尾根に到着しましたが、この時期の八方は初めてです。
ゲレンデは下半分が滑走不可なのでゴンドラであがる必要があるのですが普段名木山からリフトであがっている私は駐車場を探してうろうろしてしまいました。

DSCN1083.jpg

2時20分、443KMを5時間ちょいかけてやってきました。あー疲れた。

DSCN1084_201404211016032b9.jpg

ここがゴンドラ乗り場の位置。
八方尾根はまだまだ勝手がわかりません。
着替えながら一杯飲んですぐに就寝。
朝までぐっすり眠りました。
7時に駐車場の集金で起こされましたが、すぐにまた眠って8時起床。

DSCN1087.jpg

ゴンドラが目の前です。
天気もいいみたい。朝食をとりながら着替えていざ出陣。
さあ、天気予報通りの快晴の春スキーを楽しむとしますか。

DSCN1088.jpg

・・・・え?(笑)
ゲレンデは思いっきりガスってました。
しかも全面カリカリに凍ってます。
げ、エッジ研いでこなかった・・・・

試しに何本か滑りましたが、カリッカリのバーンでこけたら痛そう・・・
検定がこの状態なら無理だな(笑)

とにもかくにも講習の申し込みを済ませ、ウォーミングアップもこなしてから集合。
検定前講習は一度受けるとシーズン中有効なのでこんな時期は少人数でした。
私を含めてたった5名の1班だけ。
規定では半日受ければいいのであとの4名は午前中だけの講習でしたが私はせっかくなので1日コースにしました。
午後からマンツーマンです。ラッキー。

午前中の2時間だけで「横滑り」「整地大回り」「整地小回り」「不整地小回り(コブ)」を講習しないといけないので忙しかったです。
横滑りはカービング世代には難しいらしいのですがみなさんノーマルスキー世代なので基本は大丈夫でした。
細かい部分の修正をしていきます。
私はやはり左右のクセの違いを指摘されました。
右谷脚の時に右肩が上がらないようにぐっと抑えると良いようです。

大回り、小回りと続いて最後にコブ。
テクニカルと違って1級なのでむちゃくちゃな急斜面では検定をしません。
講習でもおそらくここを検定バーンにしますという兎平と黒菱のあいだにある通称「ソデグロ」というバーンを滑りました。
ラインコブは苦手な私ですが、自然コブに近い形だったので楽しんで滑れました。
1週間後の検定当日はコブがどうなっているかわかりませんが・・・

あっという間に2時間の講習が済んで事前講習証明書をもらいました。
これで受けることが出来ます。

解散して昼食。

DSCN1089_201404211016089c5.jpg

4月も後半にさしかかっていますが、私も含めて物好きが集まったレストラン(笑)
普段は立山山麓で滑っているという富山の人と話をしましたがこの時期は地元では雪が無くなったという方もここまで来るようですね。

午前中はろくに講習が出来ないようなガスでした。
先生の滑りもあまり見えないし、自分自身が滑るときも目の前の状況がわからないのでのびのび滑れません。
が、昼食が終わってレストランから外に出るとこの天気。

DSCN1090_201404211328362a1.jpg

おー、晴れてきた!

DSCN1091.jpg

よしよし、良い感じになってきました。

DSCN1092.jpg

これならコブも攻めることが出来ます。
整地も思いっきりいけます。
先生も「さあ、マンツーマンです。がんがん滑りましょうか。」とやってきました。
雪質も午前とは打って変わってザックザクのベタ雪。
ですが午前中が締まっていたので、夕方までそこそこの状態で残りそうです。

まずは横滑り。
しっかりと前後差を作って身体を開くこと。
ターンの際、にプルークになったり左右の差ができないようにする。
要するにきっちりと抜重して左右の脚をしっかりと同調させてパラレルスタンスをキープするのが大事なようです。
また、ターン後半すぐに前後差をつくることも大事。
そうしないと斜滑降になってしまう。
右外足での右肩あがりのクセにも注意。

次は大回り
これも右肩上がりのクセに注意。
そもそも右肩が上がるのは左に曲がれないから上体で勢いをつけようとしているから・・・・
ということを聞いて考えました。
・・・何故左に曲がれないのか。

左足から右足に乗り替える時に角付けが残っているのかな。
きちんとニュートラルを作っているつもりでも実際にはそうでないのかもしれません。

ということでニュートラルでこれでもかというくらいにゆるゆるに斜面に立って左ターンに突入。
右肩が上がらないようにグーッと抑えてターンを仕上げました。

すると先生が歓声を上げて拍手!
こういうことか。
あとはターン中、ずっと動き続けることを意識するようにアドバイスしてもらいました。
それはもともと出来ているそうです。
前後左右の重心移動が大回りでは特に見えやすいので、それをアピールするようにとのことでした。

そして小回り。
苦手意識はありませんが、普段小回りしないので圧倒的に経験不足だなと感じてシーズン後半から意識している種目です。
出来るだけ小回りもするようにしています。
先生によると大回りと比べてエッジングが弱いとのこと。
それは自分も感じていることなのですが、どうすれば良くなるかわからない。
いろいろと先生と試して、私の場合はストックをしっかり突けばよいということがわかりました。
力強く、ただし前方ではなく横へストックを突くことによって綺麗な弧を描くようになります。
そして右肩あがりのクセも注意。
ただし、ストックを力強く突くことによって左右の差も無くなってきました。
よしよし。
また、小回りは最初の2ターンでしっかりトップを食いつかせるようにするのが大切で最初のターンでしっかりと斜面に身体を投げ出すようにニュートラルポジションをつくるようにとアドバイスをもらいました。

最後はコブです。
今シーズン積極的に入るようにしたコブです。春の柔らかい雪でスピードもコントロールしやすくなっています。
先生と何度か滑りましたが思いっきりいきました。
「おおー、攻めますね!腰から下のひねりと動きがとてもいいです!」とほめてもらいました。

これにてレッスン終了。
「1級お持ちなんですよね。八方でも普通に滑れれば大丈夫です。頑張ってください」
と締めくくりの言葉をいただきました。

どうやら箸にも棒にもかからないという感じではなさそうです。
あとはギャラリーが異様に多いという雰囲気に飲まれずに、滑走ごとに点数を発表するシステムにメンタルを狂わされないように気を付けたいと思います。

ま、楽しんでやりましょう。

DSCN1093_20140421132841df1.jpg

解散してからリフト終了までの約1時間、矯正したフォームを定着させるために滑りこみました。
おそらく検定当日も春の柔らかいザクザク雪だと思います。
急激に圧をかけると足がとられるので雪面コンタクトを大事にする滑りを意識しました。

DSCN1096.jpg

不整地の検定バーンも何本か滑りました。
そこではスクールの先生たちが練習に来ていました。
私も一緒になって滑ります。

DSCN1098_201404212324326db.jpg

検定当日もこれくらいの自然コブならいいのになと思いました。
さて、リフトも終わりなのでゴンドラで下山します。

DSCN1103.jpg

駐車場がゴンドラ前なので楽ちん。
車の中で下着もすべて着替えました。

さて、そろそろ帰りましょうか。

DSCN1102.jpg

さすがに疲れてきたのでゆっくり帰ります。

DSCN1104_20140421232439d89.jpg

あー、楽しかった。満喫しました。

DSCN1106_201404212324411e8.jpg

青木湖もきれいです。
夏にキャンプに来たいですね。

まだ日も高いのでちょっと寄り道をすることにしました。

DSCN1107.jpg

すると立派な枝垂桜がありました。
満開になると綺麗でしょうね。

DSCN1109.jpg

前から気になっていた山岳博物館へやってきました。
もう閉館時間なので中には入れませんが前の景色を楽しみます。
ここから4キロ弱山道を登れば鷹狩山の山頂なので行ってみることにしました。
山頂近くの駐車場にボルボを置いて最後は歩いて登ります。
さらに頂上の展望台(かなり高い)をえっちらおっちら上りました。

DSCN1118_20140421233144fb9.jpg

晴れてたら最高の景色なんでしょうね。
残念ながら春霞でしたが、それでも堪能しました。

再び車で下山していくと白い花が。

DSCN1122.jpg

コブシかな。
「北国の春」で「コブシ咲く、あの丘北国の~」という歌詞がありますがあのコブシです。
お茶室の床柱にも使ったりします。
あー春だなあ(笑)

DSCN1123_20140421233149030.jpg

山岳博物館まで戻ってきました。
天気が良ければここの景色でも十分かも。

さて、1時間ほど寄り道してしまいました。
頑張って帰りましょう。

帰りは映画のDVDを流しつつ淡々と運転しました。

DSCN1124.jpg

あと30分。頑張れ。
23時には帰宅。
あー疲れた。
でも八方で思いっきり滑って満喫しました。
スポンサーサイト

デッドストック・・・

事務所に届いた一つの箱。
待ちに待っていた箱の到着です。

DSCN0754_2014041023094928c.jpg

ブリジストンの箱。

DSCN0755_20140410230953d4b.jpg

26年も前の段ボールです。
中身は何かと言いますと・・・・

DSCN0756.jpg

はい、自転車です(笑)
ただの自転車かと言われれば、普通の自転車です。
ごく一部の少数派マニアにとってはただの自転車ではありません。

DSCN0757.jpg

ロードマンコルモ!
しかもF4のデッドストック!!
こんなのがまだ眠っていたとは・・・・・・
「ロードマン F4」でアラート登録してから4年間待った甲斐がありました。
定価よりもずいぶん安く買えたし(笑)

DSCN0758.jpg

ヤフオクで手に入れましたが出品者の方は一度組んで少し乗ったそうです。
本当のデッドストックではありませんが、全然気にならないレベル。
26年前のものですからね、1週間やそこらは誤差です(笑)

DSCN0761.jpg

以前から所有しているのはRM4-701で「中学生サイズ」です。
この車体は703の方で私の身長でもばっちり。

DSCN0762_2014041023223047a.jpg

さすがに保証はつきませんがいろいろ資料になります。
なんてったって今時なかなか手に入らない「純国産自転車」ですからね。
すべてのパーツが日本製。素晴らしい。

DSCN0764_20140410232231805.jpg

当然ロゴも健在。

DSCN0765_201404102322335b4.jpg

こんなに綺麗なF4クランクを見たのは初めてです。
箱から出すと場所とるし、今は組み上げる時間がないのでそのままにしていますが乗るのが楽しみ。
いいものを手に入れました。

次はリア用に11速の内装変速を手に入れてオール内装の44速ママチャリを作る夢に向かって進んでいかねば(笑)

トレーラー泊

先週末、土曜日に休みをとってトレーラー泊してきました。
このために車検とりましたからね。

さて、行き先をどうするか、その前の週から考えていました。
急に春めいてきていましたが琵琶湖畔はまだまだ寒そう。
京都、奈良は花見で混みそう。
そうだ、和歌山。
和歌山なら暖かいだろうしこの時期なら場所さえ選べば渋滞とは無縁です。
そうと決まれば勝手知ったる和歌山県、トレーラーの停泊地を求めて検討開始。

河川敷にトレーラーでおりられる
夜は温泉に入りたい
道中、トレーラーの牽引走行で困らない

という条件で検討してネットでうろうろ。
今は画像検索でいろいろわかって便利ですね。
行きたい川の名前とBBQというキーワードで画像検索すれば
河川敷でBBQしている画像がたくさんヒットします。
その中の車で河川敷に入っている場所をチェックしてGOOGLEマップとストリートビューで再度チェック。
さらに日帰り入浴先も検索できます。

その結果みかんで有名な有田川のほとりに行き先を決定しました。
3日前くらいまでは暖かな日が続きましたが当日は寒波がやってきました。
テント泊ではないので大丈夫でしょう。

DSCN0632.jpg

金曜の夜遅くまで仕事に追われていたので土曜の朝から準備。
水を積んで着替えとアルコールと食糧を積んで昼前に出発。

DSCN0633_20140408121004515.jpg

途中紀ノ川SAで昼食。
連結の状態を再チェック。

DSCN0634.jpg

この時期、山桜が目を楽しませてくれます。
私は断然山桜派で、山あいに山桜の淡い桜色を見るとほっとします。
途中、運転に不安なこともなく順調に進みました。

1時間半で目的地に到着。

DSCN0648.jpg

後ろはみかん畑の広がる山です。
落ち着いたところで河川敷を散歩。
すると鮎が遡上しているところを見ることができました。

DSCN0663.jpg

写真ではわかりづらいですが、次々に小さな鮎が段差を上ろうと跳ねています。
あー、もう春なんだなあと思いました。
動画での様子はこちら



結構な数の鮎です。
ひっきりなしにのぼっています。

DSCN0669.jpg

しばらくするとエンジン付きパラグライダーがやってきました。
ここの河川敷をベースにして離着陸をしているようです。
気持ちいいだろうなあ。

私はいい感じ傾斜のついた舗装路があったのでスキーのトレーニング(笑)

DSCN0689.jpg

これで小回りは難しい。
まだ納得のいくターンができていません。
夕方までなんだかんだ遊んでから、対岸にある温泉へ移動。

hikari1.jpg

温泉につかってから広間でひと眠り。
目が覚めたら館内で食事。
あとで道の駅に移動して眠ろうと思っていましたが「駐車場で車中泊してもいい?」とフロントに確認してokもらったのでビールと日本酒も頼んでしまいました(笑)

いい気分になったところでトレーラーへ移動。

DSCN0694.jpg

夕方から雨が降り続いていますがバックが桜といういいポジションでした。
落ち着いたところでワイン飲んでました。
朝までぐっすり眠り、温泉の営業開始までに河原へ移動します。

だらだらして食事は朝昼兼用。

DSCN0704_20140408121043f09.jpg

チェックアウト時間を気にすることなくのんびりできるのがいいですね。
結構おなかいっぱい食べました。

DSCN0708_20140408121044bf3.jpg

外は春の嵐のようで、降ったりやんだりの繰り返し。
あとでニュースで知りましたが和歌山も高野山は雪が積もったそうですね。

DSCN0714_201404081211019f4.jpg

トレーラー内でだべったり、ごろごろしたり・・・・
そうこうしているうちに急に晴れました。

DSCN0716_201404081211036d2.jpg

せっかくなのでぶらぶらと散歩。

DSCN0717.jpg

めちゃくちゃ冷えてます。
クローゼットにダウンのコートを用意していてよかった。

DSCN0720.jpg

昨日の堰まで行きましたが、水温が低いからか鮎の姿はありませんでした。

DSCN0739_2014040812110844a.jpg

さて、そろそろ帰るとしますか。
トレーラーの内部を片付けてボルボと連結。
一路大阪を目指します。

DSCN0750.jpg

阪和道の上り坂はこまめにシフトダウンしてのぼっていきました。
キックダウンするまで待つとミッションに負担がかかるそうです。
行きと同じように山桜をめでつつのんびり走ります。

DSCN0751_2014040812112904f.jpg

1時間ちょいで無事帰宅。
最近、うちの近所の狭い道も慣れてきました。

土曜の昼前に出て日曜の夕方に帰ってきたので28時間程のことでしたが2泊くらいしたようにリフレッシュ出来ました。

今年はトレーラーをそこそこ活用したいと思います。

バードテント

最近ブログに出ていないインコたちですが、とても元気にしています。
オカメインコは1歳になれば身体が丈夫になります。
サザナミインコも初めての冬を越しましたが高地にすむサザナミは冬は得意。
どちらかと言えばこれからの夏をどう過ごすか気をつけないといけませんね。
ケージに日影を作ったり風通しを良くしなくては。

放鳥中は基本的に私にまとわりついていますが最近導入したバードテントもお気に入りの場所。

DSCN9886.jpg

サザナミは狭いところが大好きなので以前からケージ内にバードテントを入れていましたが
今回、放鳥用にオカメサイズとサザナミサイズを購入。
オカメのアイスは嫌がるかと思いましたが2~3日してすぐに慣れました。

DSCN9888.jpg

今ではすっかり落ち着いています。
そのままここで眠ったりしています。

DSCN9889.jpg

サザナミインコのすずは寝る気満々。
すずは狭いところが大好きで、フリースの袖に潜り込んでくることも良くあります。
普段もケージ内のバードテントで寝ているのでこの放鳥用テントもすぐに慣れました。

DSCN9896.jpg

ひと眠りしてすっきりした後は私と遊びます。
私は晩酌、アイスは無塩ピスタチオ、すずはミカンとそれぞれお楽しみタイム。
2羽とものんびりおっとりした性格です。

トレーラーの車検

話が前後しますが、3月3連休の前の週にトレーラーの車検に行ってきました。

平日に陸事に行くのは無理なのでキャンピングカーが得意な民間工場へ電話して日曜に予約。
昼から出かけました。

DSCN0001.jpg

まずは自宅で連結。
でかいなあ。
一旦曲がり角まで引っ張っていき、そこから数十メートル手押しです。
3ヶ所の曲がり角をクリアしてから再び連結。
さらに道幅が笑うくらいにギリギリのところを通って下町を脱出。

DSCN0003.jpg

阪神高速にあがったらほっとします。
ボルボよりも車幅があるのでサイドミラーからは後ろの車両が確認できません。

DSCN0004.jpg

トレーラーのカーテンをあければ後方確認ができます。
ちょっとでも後ろが確認出来ると精神的にずいぶん楽になります。
これからはこれで行こう。

車検をお願いしたところは普通車も取り扱っていますが主にキャンピングカーの販売で有名なところです。
トレーラーの購入の際も何度か行きましたが左エントランスでナローモデルのものがちょうど無かったので購入の縁はありませんでした。
最近入庫していたエクセルは欲しかったタイプなのであと一年早ければとちょっと悔しい思いをしました。
そして実はtetsu君の家のすぐそばだったりします。
なので整備&車検をしているあいだ、tetsu君につきあってもらうことにしました。

同級生の命日が近いのでプチツーリングを兼ねて墓参りに行くことにしました。
小学校の時は同じクラスに良くなっていて、彼の家族もスキーをするので話題も共通で良く遊んでいました。
70年代当時、大阪南部でスキーをする物好きはあまり居なくて学年でも私と彼くらいでした。
お父さんと白馬手前にある「青木湖」によく行っていたというのを覚えています。
彼の家に遊びに行くと板や靴が置いてあってビンディングがマーカーのM3だったりしたのを今でも覚えています。

DSCN0006_20140401225133ee6.jpg

バイクを何台持っているかあえて聞きませんが(笑)
tetsu君の先導で秘密のガレージに移動。
私はベスパを借りて乗りました。
125ccまでは免許持ってますからね。

旧街道を通っていきましたが、めっちゃ楽しい。
ベスパええなあ(笑)

DSCN0008_20140401225136eba.jpg

ウルフは乗るのにちょっと気合いが必要なのと、前傾姿勢がこの歳ではちょっと(苦笑)
イタルジェットのモペットを原付2種登録出来たら実用的かなあ。

お墓参りを済ませて、再び旧街道を通って帰ります。
行きは通らなかった区間にとてもよさげな建物がありました。

DSCN0011.jpg

一般公開しているようなので突撃。
私は知らなかったのですが谷口房蔵大阪合同紡績(株)元社長の別邸だそうです。
大阪南部は古くからの綿の生産地で今もタオル屋さんが残っていますが昔の繊維業は盛んでした。
今も大阪市に綿業会館(めんぎょうかいかん)という立派な建物が残っていますし
伊藤忠やイトマンなど関西は繊維が中心産業だった時代があります。

DSCN0013.jpg

おっと、子供の頃隣町の田尻町は大変失礼ながら小さな田舎町と思っていましたが高円宮様がシダレザクラをお手植えになったとは・・・・
失礼しました。

DSCN0018.jpg

建物を拝見しましたが、嫌み無くいちいち凝っているのが面白かったです。

DSCN0022.jpg

ステンドグラスはあちこちに使われていました。

DSCN0024.jpg

tetsu君と「すごいなあ」と言いながらうろうろ。

DSCN0031.jpg

あっちへいったりこっちへいったり。

DSCN0037.jpg

洋館につながって和風建築もありました。
縁側越しの庭が良い感じ。
って、この時代にしたらかなり大判のガラスがはめ込まれています。
天井板も大きな一枚板が使われていたり見所満載。

DSCN0052.jpg

庭には数寄屋風にまとめられた茶室もありました。
いいなあ。

DSCN0053.jpg

おお、くみ上げ天井!
小さな空間も手が抜かれていません。

DSCN0057.jpg

こういうところに行ったら必ずチェックするトイレに入ってみました。
さりげなくものすごく凝っています。
腰壁がちょうな仕上げだったり、建具の鏡板が透かし彫りだったり面白い。

DSCN0061.jpg

小用しながら見る景色。
遠くまで見えるのでオーナーの支配下の町並みがすべて眼下に抑えられるといった感じでしょうか。

DSCN0068.jpg

洋室の鏝絵(こてえ)も凝っていました。
この部屋からは当時海が見えていたのでしょう。
波模様になっていました。

DSCN0093_20140401233721341.jpg

いやー眼福に預かり光栄です。
1階の一部がカフェになっているのでtetsu君とのんびりティータイム。
ええもん見せてもらいました。

再びバイクの乗っている間に「車検終わりました」との連絡が入ったので受け取りに行きます。

DSCN0195_20140401234400c94.jpg

連結中。
毎回、こんな簡単でいいのかなと思う連結です。

DSCN0196_20140401234402ed9.jpg

さーってと、自宅目指して帰ります。
となりの新車が気になりますが(笑)

DSCN0197.jpg

走り出すところをtetsu君に撮ってもらいました。
はたから見るとでかいですね・・・

自宅周辺の難所も無事にクリアして庭に帰りました。

DSCN0095.jpg

実は最近ボルボにバックカメラを取り付けました。
目的はもちろんトレーラーとの連結の為です。
これのおかげでずいぶん楽になりました。

車検も通ったし、ベスパでのプチツーリングも面白かったし、同級生の墓参りも出来て、良い感じの建物も見ることが出来て充実した一日でした。
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。