3連休志賀高原 最終日

山口へ出張に行っていたのでブログの更新がとぎれました。

3連休最終日、今日は志賀高原ともお別れです。もっと居たかったな。
朝から荷物を詰めたりチェックアウトします。
滑る前に車を掘り起こしておこうかな。

DSCN0412.jpg

埋もれてます。
昨日は快晴でしたが気温があがらなかったので融けることなくそのまま残っていました。残念。
もちろんスコップなどの雪かきセットは持参しているので頑張って雪をどけました。
ある程度どけたら4WDパワーで脱出。
無事、荷物を積みました。

DSCN0413.jpg

今日も良い天気です。
ですが冷え込んでいます。
横手山方面に行ったサークルのメンバーはものすごく寒かったそうです。

DSCN0414.jpg

子供達も快調に滑っています。

DSCN0427_2014033123484731a.jpg

お昼にはここを立ち去るのかあ。
名残惜しいです。
また来ればいいか。
ゴールデンウィークまでシーズンありますもんね。

DSCN0429_20140331234850f61.jpg

もう、あまり子供達を待つことが無くなってきました。
立ち止まる私に「先に行っていい?」と言いながらどんどん滑っていきます。
来シーズンはもっと斜度のあるところを重点的に連れて行こう(笑)

ホテルで着替えて13時過ぎに出発。
14時前にふもとのコンビニで昼食を買いました。

DSCN0441_20140331235021d33.jpg

さて、大阪へ帰るとしますか。
明るいうちに中央道は走り抜けたいところ。

DSCN0444.jpg

中央アルプスかな。
雪をたくわえています。
さすがに3連休最終日なので小さな渋滞があちこちであります。

DSCN0450.jpg

途中のPAから見た南アルプス。
綺麗ですね。

キャンピングトレーラー発見!

DSCN0451.jpg

エメロードです。
トレーラーを探していた時、中古でいいのがあったので候補にあげましたが
右エントランスなので庭に置いているとき使いづらいと判断したことがありました。

なんだかんだ渋滞で帰宅は21時半。
8時間以上かかりました。

あー疲れた。
でも楽しかった志賀高原の3日間でした。
スポンサーサイト

3連休志賀高原 2日目

二日目の朝です。
ベッドから起き上がると急いで窓の外を確認。

DSCN0335.jpg

おお~!車が埋まってる!
朝一パウダーを思いっきり楽しめる!!

子供たちに「ゆっくり寝て、ゆっくりご飯食べや」と言い残し、そそくさと朝食を済ませゲレンデに飛び出しました。
ホテルの前がリフト乗り場なので便利です。
朝一パウダーに目をきらきらさせている皆さんと一緒にリフトに並び、動き始めたらすぐにゴンドラでゲレンデトップを目指しました。

DSCN0337.jpg

良い天気♪
非圧雪のコースは早々にパウダーイーター達に食べ散らかされました(笑)
では、ちょっと秘密の斜面へ。

DSCN0339.jpg

まだまだノートラックの斜面が残ってます。
10時くらいまでさんざん楽しんでから子供達を迎えに行きました。

DSCN0343.jpg

それにしても良い天気。
3月の青空でこんなに良い雪質を楽しめるなんて、最高です。

DSCN0342.jpg

ゲレンデにいるみんながみんなニッコニコ。
もう自然に笑顔になれます。

DSCN346.jpg

焼額山からの眺め。
南北16キロに渡る広大な志賀高原です。
横手山は雲にかくれていますがここから車で移動しても30分以上かかります。
1週間滞在しても飽きることのない広さです。ロングステイしたいなあ(笑)

DSCN0347.jpg

焼額を何本か滑りました。

DSCN0356.jpg

トップシーズン並の雪質です。
サークルの皆さんも40名ほどで来ているそうで何人かとすれ違いました。
1年ぶりに私の滑りを見た人は「めっちゃ上手くなってる!」と驚いていました。
客観的にも上達しているようで良かった(笑)

DSCN0360.jpg

いやー、気持ちいい!
スキーヤーオンリーの奥志賀へ移動しました。

DSCN0361.jpg

たまらん!
この開放感はやっぱり信州ならではです。

DSCN0367.jpg

皇室御用達の奥志賀はスキーヤーオンリーのゲレンデです。
今日は本当に青空が気持ちいい。
しかも春のザクザク雪ではなくて踏むとキュッとなる最高の雪質。
どんどん滑ります。

子供が林間コースで滑っている間、私はショートカットでパウダーを楽しみます。

DSCN0370_20140327130659c98.jpg

パウダー&ツリーラン。楽しすぎます。

DSCN0372_20140327130700a07.jpg

素晴らしい。

DSCN0374.jpg

楽しいようです。

DSCN0375_20140327130704c86.jpg

この斜面はちょうど良い感じの斜度で練習に最適でした。
私は今回、ほぼすべて小回りで滑っています。
雪質が良いので安定して小回り出来て楽しい。
ゲレンデ下部に設定されている斜度の簡単なツリーランエリアで子供も一緒にツリーラン。
木々の間を楽しく滑りました。

DSCN0385_20140327131855af1.jpg

グランフェニックスのラウンジでティーブレイク。
泊まると大変なので休憩だけ(笑)

DSCN0376.jpg

一日中、天気もゲレンデもいいコンディションが続きました。
ゴンドラで山頂にあがりホテルに一旦戻ります。
3時半、子供達は部屋に戻り私は再びゲレンデへ飛び出します(笑)

DSCN0387_20140327131857cd6.jpg

ゴンドラに乗ってパウダーランのコースを物色。

DSCN0392.jpg

結構食われてます。

DSCN0393.jpg

ラインを選べば楽しめそうです。
1ライン、横に走ってますがここであまり横に切ってはいけません。危険です。

DSCN0394.jpg

お、ここはまだまだ楽しめそうです。
ですが今回まだコブ斜面を楽しんでいないので、オリンピックコースに行くことにしました。

DSCN0396_20140327133304be7.jpg

やった!
自然コブが育っています。
ラインコブはまだ滑って楽しいと思えるところまで到達していませんが自然コブは大好きです。

DSCN0398.jpg

斜度もコブのピッチもちょうどいいあんばいで、楽しい。

DSCN0399.jpg

ゴンドラ乗り場まで降りて振り返るとさっき滑ったオリンピックコースが見えていました。
ズームアップすると。

DSCN0400.jpg

こんな感じ。
今シーズンはコブレッスンを受けて安定感が増しました。
これくらいの自然コブなら柔らかめのノーマルスキーで滑ってみたいなあ。

DSCN0401_2014032713404867c.jpg

焼額山頂から再び志賀高原全体を見渡します。
朝は雲がかかっていた横手山も綺麗に見えています。

DSCN0403_20140327134049fec.jpg

そのズームアップ。
横手山の右奥には白根山の火口が顔をのぞかせています。
この日はリフト終了時間が16時45分。
最後の最後まで滑りました。

DSCN0405_20140327134051f4d.jpg

部屋に戻ると向かいの一の瀬が見えていました。
ビールをプシュッと開けて景色を眺めながら飲みます。
たまらん(笑)

DSCN0407.jpg

次第に夕焼けに染まる様子を飽きもせずに眺めていました。
天気予報は明日も快晴。
期待して寝ましょう。


この日の滑走記録です。

SKILINE0322.jpg

滑走距離は31キロとあまり伸びてません。
ですが8:30から16:45まで丸一日楽しみました。

ちなみにこの夜、夢を見ましたが青空の下でパウダーランしている夢でした(笑)
まさに朝の続きを夢の中でやってる感じでした。

3連休志賀高原 初日

待ちに待った3月3連休の志賀高原。
木曜の夜に出発、長野県の伊那市に宿泊します。
仕事が終わってすぐに出るつもりでしたがなんだかんだで20時出発。
4時間弱で伊那インターすぐそばのホテルに到着。

DSCN0290.jpg

大浴場でほっこりしてから朝までぐっすり。
朝食バイキングでしっかり食べてから出発。
いつもなら早起きして朝一から滑るところですが、今回のテーマは「レジャースキー」(笑)
昼までにつけばいいかというのんびりモードで移動しました。

DSCN0292_20140327105248fcc.jpg

南信州の伊那は快晴でしたが志賀高原のふもとまでくると雪が降っています。
さーって積雪と急勾配が名物の志賀高原道路を上りましょうか。

DSCN0294.jpg

しばらく行くとあんのじょう数台が立ち往生して道路をふさいでいました。
FF車が全滅。
みんなで道路脇に押して退避してもらいました。
ボルボはさすがに4駆です。
問題なく再発進しました。前の850だとたぶん無理だったろうなあという勾配でした。

DSCN0297.jpg

ここ数日の高温で融けた路面がこの日の冷え込みでカリンコリンに凍っています。
その上にうっすらと新雪が乗っているのでかなりスリリング。
超スローペースで慎重に進みました。

昼前に無事、焼額山のプリンス西館に到着。
チェックインを前倒ししてくれました。
お昼を食べてゲレンデに飛び出します。

DSCN0303.jpg



DSCN0305.jpg

少々ガスってますがわさわさ降り積もる雪にテンションアップ。
3月後半にこんなに良い雪が楽しめるなんてさすが志賀高原。

DSCN0307.jpg

さあ楽しもう。
雪は降り続けていますが、気温はそんなに低くなく凍えることはありませんでした。

DSCN0306.jpg

今シーズン、子供たちも滑り込んでいるので格段にうまくなっています。
こちらとしても手がかからなくなったし、べったりと横についておく必要が無くなったので
一緒に行っても自分自身スキーが楽しめるようになってきました。

DSCN0313_201403271106258c1.jpg

コブの上の新雪で少々斜面が荒れていても滑ってます。
これくらい滑れるようになったら広い志賀高原を満喫できると思います。

15時半頃子供たちはホテルに戻りました。
さてリフト終了の16時半までは私の時間(笑)
この日、雪と強風でゴンドラの運転が中止していたり低速運転していたりですが
焼額のゴンドラは低速ながらも運転していたので何本か乗りました。

DSCN0319.jpg

今回、コブ斜面を滑るのを楽しみにやって来たのですが降雪ですべて埋まっています。
なのでパウダーを楽しみましょう。

DSCN0321.jpg

時間が遅いのであまりディープなところへは行かずにちょっとしたパウダーゾーンで遊んでました。
それにしても良く降ります。
これは明日の朝一番が期待できます!
ゴンドラ終了までニヤニヤしながら滑っていました。

DSCN0327.jpg

ホテルに戻って風呂&ビールを楽しんでから一眠り。
19時までのんびりしてから夕食のためレストランに行きました。

志賀高原のプリンスホテルは東館、南館、西館とありますが一番最後に出来た西館は若干リーズナブルな設定となっています。
夕食のバイキングもそれなりな感じですが(笑)、腹一杯食べれることだけは保証されています。

DSCN0330.jpg

部屋に戻ってのんびりタイム。
下の子の発表会が近いので旅先で練習出来るようにコンパクトな電子ピアノを買いました。
しょぼいタッチの安物ですが指の動きくらいは練習出来ます。
ヘッドホンで聴いたら意外に音がいいのに驚きました。

窓から外を眺めるとどんどん降り積もっています。
しかも天気予報では明日は晴れ。

もう、ワクワクしながら眠りにつきました。

ビバ寒波!!行くぜ!志賀高原!

今週はきつかった・・・
山口に張り付いて検査検査検査の毎日でした。
もし不具合があったらどうしようとか胃が痛くなりましたがすべて無事にパス。
本日検査済証も無事交付されました。

良かった。
予定通り志賀高原に行ける(笑)
しかも寒波到来!

20140320.jpg

明日の最高気温は氷点下5℃
「春スキーかな」と思っていたけど思いっきり冷えてますやん。
日曜の朝は氷点下15℃!
帰り道気をつけないといけませんね。
スパイクスパイダーの登場かも。

さて、今から出発します。
今夜は駒ヶ岳のちょい向こう、伊那インターにあるビジネスホテルに泊まります。

必死で仕事したあとにトップシーズン並の志賀高原が待ってます。
ウキウキのワクワクです(笑)

トレーラーの車検準備

まだ一度しか出動していないのに車検が来てしまいました(笑)
3月28日で検査が切れるのですが本当はこのまま6月くらいまで寝かしてから車検通そうかななんて思ってました。
3月はまだまだスキーシーズンなのでずらしたかったのです。
でも4月に出かけてみたいなと思い直し急遽車検を通すことにしました。
平日に陸事までもっていくのは今のスケジュールでは無理なので民間の工場に依頼。
今度の日曜日ならどうにか予約が取れるとのことなのでお願いしました。

特に問題のない車両ですがテールランプにヒビが入っています。
早速補修しておきましょう。

DSCN9876.jpg

現状チェック。
右端にひび割れがあります。

DSCN9877_20140313003520a65.jpg

ヒビに汚れが蓄積されて余計に目立っています。
とりあえず洗浄。

DSCN9880.jpg

スバルのエンジンも洗浄してきた洗濯シンクで洗います。
油汚れではないので楽でした。

DSCN9882.jpg

汚れが落ちてヒビ割れ自体もあまり目立たなくなりました。

DSCN9909.jpg


さらにブレクリで破断面を洗浄&脱脂。

DSCN9910.jpg

アロンアルファを患部にしみこませます。
ジェルタイプではなくサラサラのタイプです。

DSCN9911.jpg

まだヒビは目立ちますがかっちりと固定できました。

さて、取り付けと同時に灯火類の確認もしておきます。

DSCN9915.jpg

車幅灯OK

DSCN9916.jpg

ナンバー灯OK
尾灯の右がアウト

DSCN9918.jpg

続いて後退灯の右がアウト(笑)
結局は接触が悪かったので接点をいろいろと磨きました。

DSCN9924.jpg

OKです。
さて、補修したひび割れはというと。

DSCN9927.jpg

ほとんどわからなくなりました。
これで許してください(笑)

オリンピック終わりましたね

ああ、オリンピック終わってしまいましたね。
って今さら何をって感じですが。

普段テレビを見ない私ですが今までずーっと見送ってきたHDDレコーダーをソチオリンピックの為に購入
ほぼすべての競技を録画しました(笑)

時間を見つけては今頃見ています。
オンタイムで見ていたものも何度か見直したり、マイナー競技をじっくり見たりと結構楽しんでいます。

DSCN1030_20140310182049ed2.jpg

10年以上使ってきたプロジェクターもくたびれてきたのでソチにあわせて買い換えました(笑)
今のは安くて高性能ですね。びっくりです。
画面が数倍明るくなりました。

ちなみに右下にある黒いのが我が家に唯一ある16インチのテレビです。
普段はこのテレビ一台だけですが、チャンネル争いはあまりありません。
プロジェクターはこの写真で150インチくらいにしていますが壁一面使うと200インチ近くに出来ます。

DSCN1031.jpg

等身大の葛西のジャンプ!
観客席が大写しになるとちょっとだけ現地にいる感じになれます。

DSCN1033_20140310182052d9d.jpg

上村愛子選手です。
モーグルやハーフパイプも等身大の選手が見れて面白い。

今はスケルトンやボブスレーをじっくりみているところです。
パラリンピックも始まって冬の祭典はまだまだ楽しめそうですね。
チェアスキーの皆さんの活躍が素晴らしいです。

国を問わず参加選手の皆さんが実力を出し切れるように祈ってます!
ええもん見せてください。

ナイター(ちょっと遠征)

関西のスキー場はぼちぼちシーズン終了というところが出始めています。
揖斐高原は雪がなくなってしまったし、今庄365は雪があるけど予定通り3月あたまでシーズン終了。
ナイター営業が2月で終わったところも多いようです。

さて、土曜日は仕事してましたが予定よりもはかどったので夕方早めに切り上げてナイターへ行くことにしました。
近場のびわ湖バレイはナイターシーズン終了。アップかんなべやちくさ高原は斜度がゆるいし、今庄もシーズン終了。

滋賀県北部の余呉高原が2時間で行けるし週末は23時までナイター営業やってるので行こうと思ってHPをチェックすると「本日ナイターは休みます」とのこと・・・・
うーんそこそこの距離が滑れるナイターに行きたいなあ。
で片道3時間エリアの奥美濃方面に出かけることにしました。
鷲ヶ岳とダイナランドで迷いましたが長年ダイナランドに行ってないのでそちらを選んでみました。

DSCN1246.jpg

土曜の夕方の高速はすいています。
パラリンピックの番組を横目に進んでいきます。

DSCN1248.jpg

八日市のあたりからは雪がちらほら。
鈴鹿山脈は雪雲に覆われていましたがその雲の合間には雪化粧した山肌がのぞいていました。

DSCN1249.jpg

米原では伊吹山が見えますがここも雲に隠れていました。
でも裾野にはかつてのゲレンデに白く雪が積もっているのが見えました。
もったいないなあ。
伊吹山のゲレンデが復活したら今は高速道路がよくなって2時間以内でこれるビッグゲレンデなのに・・・

途中のPAで腹ごしらえをして予定通り3時間でダイナランドに到着。

DSCN1253.jpg

今はここも立体駐車場があるんですね。
センターハウス横のスペースにとめれました。
時刻は18時半。23時までナイター営業をしているので結構滑れそうです。
最終までいる気はありませんが(笑)

DSCN1254.jpg

全長1400mの奥美濃最長距離を誇るナイターコースです。
コースバリエーションは鷲ヶ岳に軍配が上がりますが上から下まで一気に滑る爽快感はこっちが上かな。
今日は検定のことは忘れて純粋にスキーを楽しむためにきました。
ポジションだけは大事にして滑ろうと決めてさっそくリフトであがります。

寒波が来ていて結構冷えますね。

DSCN1255.jpg

向かいの山に鷲ヶ岳とホワイトピアたかすのナイターが見えます。
日中は頂上でゲレンデがつながっているので共通リフト券を出したらもっと魅力のあるスキー場になるのになあ。
今滑っているダイナランドも頂上で隣の高鷲スノーパークとつながっています。
かつては共通券がありませんでしたがお互いマックアースグループになったので自由に行き来できるようになりました。

ゲレンデは冷え込んでいて雪質もよかったです。
ただ、19時台はゲレンデど真ん中にグループで座り込んでスマホで写真撮ったりしていてよけるのが大変。
急斜面の落とし込みにもいっぱい並んで座っていたりするのでスリル満点でした。
ゲレンデのあちこちに座るのは奥美濃エリアの文化なのかよくあることなのでこちらも十分気を付けて滑ります。
21時を過ぎるとだんだんと人が少なくなってきてゲレンデもすいてきました。

思う存分かっとんで気持ちよかったです。

DSCN1260.jpg

途中で休憩をいれつつ22時20分まで15本滑りました。
滑走距離は20キロ強となるわけですがナイターだけでもそこそこ滑れるものですね。
冷えた空気の中をスカッと飛ばして滑るのはとても気持ち良かったです。
やっぱりスキーは楽しいな。

帰りは燃費走行を心がけたので4時間かかりました。
2時半帰宅(笑)
それから熱燗飲んで寝ました。

顔洗ってます

先週のぽかぽか陽気が嘘のように冷えてきましたね。
ナイターに行きたくなるではありませんか(笑)
木曜の夜、時間があいたので行くことにしました。
京都の広河原スキー場まで行こうかと思いましたが打ち合わせが終わったのが19時であまり滑れそうにありません。
身近なところでホームゲレンデの六甲山スノーパークへ行きました。

DSCN1239.jpg

うちから阪神高速の魚崎出口まで20分、そこから六甲山を登るのが30分。
狭いながらも1時間かからずにゲレンデに立てるのは有り難いです。

入場料が結構かかるのですが、こいつを使えば問題解決。

DSCN1240.jpg

株主優待券です。
金券ショップやヤフオクで500~700円で取引されています。
私は12月に安売りしていたのをショップで発見、1枚100円で4枚ゲットしておきました。

DSCN1242.jpg

狭くて短いゲレンデですが基礎練習するには問題ありません。
先日の検定で小回りが不得意だということがはっきり自覚できたので再構築したいと思います。
自分を客観的に見つめないと進歩はありません。
今日はデジカメを三脚にセットして動画を撮りました。

・・・・うーん
左手と左腰が開き過ぎている。
緩斜面だとモロにクセが出ますね。
浅いラインコブがあったので滑ってみたのがこちら。



最初の3ターンくらいのピッチが細かく無理に曲げようとして右ターンの左足が
外向になってます。しかも荷重がのっていない。

整地はこちら。


もっとトップを使わないと・・・
最後の滑りなんかは完全にテールコントロールになってます。

しかし動画って便利ですね。自分のクセが客観的に見れるのが面白い。
これからは動画を練習に生かそうっと。

顔を洗って出直せ!(笑)

山口への出張中です。
在来線にゆられながら書いています。

テクニカルプライズの受検、行ってきました。
結果は不合格、相変わらず箸にも棒にもかからないレベルでした!
それでは山口で春の訪れを感じる車窓からの景色を眺めながら雪深い飛騨高山での様子を記したいと思います。

金曜日の夜、仕事を終えてから子供と一緒に前日から煮込んでおいたハヤシライスで腹ごしらえ。
20時すぎ出発。

DSCN1062.jpg

行先は飛騨高山のモンデウス飛騨位山(ひだくらいやま)スキー場。
センターハウスが道の駅になっていて駐車場には暖房完備のトイレが24時間開放されています。
今夜はそこで車中泊の予定。

いつものように、第二京阪-京滋バイパス-名神と通り信州方面の時とは違う東海北陸道に入ります。
日本の高速道路最高地点(標高1085メートル)を越え飛騨高山へ抜けるまでが3時間半。

DSCN1064.jpg

街中のコンビニでお酒と朝食を買い込み30分弱でスキー場へ到着。
360キロ、4時間。長野に比べるとずいぶん楽に来れました。

DSCN1067.jpg

すぐに車中泊仕様にチェンジしてくつろぎます。
明日からの二日間にそなえ早めに寝ました。
7時半起床。外は予報通りの雨(笑)
まあザーザー降っている訳ではないのでカッパまではいらないかな。

朝食&着替えを済ませ子供たちのスクールと私のプライズ受検の手続きをしておきました。
一本くらい滑ろうと思ってましたが時間もあまりないのでトイレに行ったり水分補給をしておきます。

DSCN1070.jpg

下の子は初級コース、上の子は上級コースに入校。
これからは上の子と一緒に上級コースに入ることもできそうです。

プライズテストの方はというと今日は事前講習。
クラウン班もテクニカル班もそれぞれ10名弱と言った受講生でした。

DSCN1084.jpg

午前中は大回りと総合滑降の講習。
今シーズンいい感じに仕上がってきた大回りなので八方尾根のスクールで教わったことを思い出しながら滑ってみました。
先生も「いい感じですね、あまり直すところはありませんがもっとスピードを出していくためにターン弧を縦にしていってください」とのこと。

午後は小回り系
まずは整地小回り。トップからまわす様に何度も指導を受けます。
ニュートラルポジションをしっかりとって高い位置から板をたわますようにするとダメ出しがなくなりました。

最後に不整地小回り。いわゆるコブです。
雨でグサグサの重い雪ですが、ラインコブをみんなで滑ると下のアイスバーンが出てきました。
そのアイスバーンも薄くブッシュや石が飛び出してきたのであまり滑り込むことは出来ませんでした。

リフトの上では他の講習者の方と話をしますが、大回りと小回りで板を替える人が多かったのにびっくり。
普段から大会にも出たりしているので両方の板を持っているそうです。
話を聞いているとSLなどの競技出身者やSAJやSIAのインストラクターさんが多く、しかもテクニカルを何年も受けているけど
なかなか点数が出ないそうで、自分が目指している山の高さを改めて認識しました。

一日雨が降ったり止んだりでしたがウェアの中までずぶ濡れになることはなく無事に講習が終了。
子供たちも一日レッスンを受けてうまくなっているようです。

DSCN1072.jpg

宿はクワッドリフトに隣接(笑)
写真の右手に写っているのがそうですが、センターハウスよりもゲレンデに飛び出した位置の民宿です。
あまり期待していなかったのですが、ここの宿は良かった。
妙に落ち着けるし宿のご主人やその他の皆さんも子供に優しく接してくださいました。

DSCN1086.jpg

夕食もボリュームたっぷり。
失礼ながら期待していなかったのですが揚げたてでサクサクのイカリングも美味しかったし
バランスの良い内容で満足でした。

DSCN1089.jpg

何か落ち着く(笑)
窓の外はすぐゲレンデです。

DSCN1090.jpg

宿題やっとけよ。
のんびりまったりしてから早めに就寝。明日にそなえます。

DSCN1093.jpg

朝食後、ワックスをかけました。昨夜は雨が雪になったようでアイスバーンの上にうっすらと新雪が乗っています。
でも気温が高いのですぐにゆるみそう。
オールラウンドなワックスにしておきました。

DSCN1094.jpg

リフトが動くまで部屋で待機。ゲレンデは完全にガスってます。
定刻通りリフトが動き出したので軽くウォーミングアップに子供たちと滑ります。

DSCN1098.jpg

レッスンの効果が出ていて上の子は小回りが出来るようになってきたし下の子は開脚でパラレルやってます。
一緒に滑る範囲が広がりそうなのでこれからが楽しみです。
検定は10時スタートだったのですが30分ずらしてガスが晴れるのを待ちました。

DSCN1100.jpg

子供たちは10時からレッスンが始まるので午前のレッスンが終わると私の検定中待ちぼうけになります。
泊まった宿は昼の食堂もやっているのでご主人にお願いして先に何か食べさせてもらうようにお願いしておきました。
これで何の心配もなく検定に専念できます。

検定はテクニカル16名、クラウン18名で受検。
まずは大回りからとなりました。
検定バーンはゲレンデ下部の斜面で、その少し上にある緩斜面で待機。
そこから助走をつけて一気に下部の落とし込みに入っていくのですが助走時にはゴールどころか検定バーンも見えません。
ターンしながら検定バーンにつっこんだときに「あれ?ゴールそっち?」と焦ってしまいました。
フォールラインよりもずいぶん右向けに突入していてすぐに修正しましたが肝心の滑りの方に気が回りませんでした。
3ターンくらいしてあっというまに終了。

DSCN1101.jpg

次に総合滑降(フリー)
リフト沿いの斜面を一気に下っていくのですが自分の滑りに客観的になれないまま終了。

DSCN1104.jpg

この時点で大事なことをようやく思い出しました。
「重さの無い滑りになっている・・・・」
あかん、得意の大回りと総合滑降で重さのない滑りをしてしまってはどうしようもありません。
不得意の小回りは大事に行こう。

整地小回りは上部の斜面で行われました。
相変わらずのガスでスタート地点からは検定員のいるゴール地点が見えませんが滑り出して少しするとうっすらと見えてきました。
整地と言ってもごろんごろんの雪のかたまりが転がっている状況でなかなか大変です。
そして小回りは自分の中では不得意分野。迷いがありながらも大事に滑りました。

DSCN1106.jpg

午前中で検定が終わるかと思いましたがスタートが遅れたので一旦昼食ということになりました。
ご飯食べてからすぐにコブかあ(笑)
食べるのはちょっとだけにしようっと。

降りるついでにコブも滑っておきました。
みんなが滑るのでかなり深いコブに育っています。
2本のラインが出来ていましたが右はピッチが大きくなったり小さくなったりと不規則。
左は規則的なのですが、みんながそちらをすべるのでさらに深くえぐりとったラインコブに成長。
検定では右を選択することに決めました。

宿の食堂に行くと子供たちが先に思い思いのものを注文して食べていました。
ご主人にお礼を言って支払おうとするとめちゃくちゃ負けてくれました。いいの??
私もラーメンを少し食べて残りは子供に譲りました。
宿のご主人が「昼からどうする?」と聞いてきたので子供たちを部屋で休ませても良いか聞いてみると快諾してくれました。
あとで聞くとジュースをごちそうしてくれたり片付けていたテレビをセッティングしてくれたりとずいぶんお世話になったそうです。
ありがたいですね。

さて、最後の種目不整地小回りです。
今まで大の苦手だったラインコブ。深まわりのバンクターンで逃げるのではなく縦に攻めてみようとアタック。
ピッチ細かい!と心の中で叫びながら縦に刻んで無事に完走。

DSCN1116.jpg

3名の検定員はじっと採点を続けています。
とりあえず今シーズンの検定が終わったことにほっとしつつ残りの皆さんの滑りを見学。

DSCN1115.jpg

DSCN1111.jpg

すぐにブッシュが出てくるので一人滑ってはコブに雪を放り込むということをしていました(笑)

14時に終了。合格発表の15時まで子供たちと滑ることにします。
宿の部屋でまったりしていた子供を連れ出しリフトへGO。

DSCN1118.jpg

下の子が急斜面に行きたいというので連れて行きました。
一番急なところはゆっくり滑らせましたが途中の中斜面からは自由に滑らせます。

DSCN1123_201403041135223fa.jpg

お、結構攻めるね。
今が一番楽しい時なんやろうなあ。

DSCN1128.jpg

上の子も良い感じになってきました。
まだまだ伸びしろはありそうです。

さて、いよいよ合格発表です。

DSCN1144.jpg

くー、わかってはいましたが残念です。
合格車は16名中1名、女性の方です。
小回りがぴかいちにお上手でした。
大会に出たり、いろいろ滑り込んで年間滑走日数35日。それでも5年受け続けてのやっとの合格だそうです。
努力が実って良かったですね。おめでとうございます。

私の成績は以下の通り(3名の検定員の採点も載せます。合格基準点は75点)

整地大回り
73-72-73 の73点
総合滑降
74-73-73 の73点
整地小回り
74-74-74 の74点
不整地小回り
74-73-74 の74点

合計点294点(300点の-6点)

重みを載せることの出来なかった大回りと総合滑降はさんざんな点数です。
-2点は「受検するレベルに達していない」という評価に等しいと思っています。
対して不得意な小回り系は2種目とも74点。
丁寧に行ったからかもしれません。
特に苦手だったラインコブを縦に攻めて74点もらったのはちょっと嬉しい。

ちなみに294点というのは何人かいましたが参加者の中で最下位レベルでした。
でも昨シーズン受けた時よりは進歩を感じることが出来ましたし
自分が登ろうとしている山の高さが見えなかったのが見えるようになりました。

はるか高い山ですね。ハイキング気分で行けるような山ではありません。
ようやくベースキャンプまで登ってきたというような感じです。

全員1級を持っていて半数くらい指導者がいてその16人がたばになってかかっても一人しか合格できなかったこのプライズテスト。
面白くなってきました。
あきらめずに頑張りたいと思います。
ここ1~2年の座右の銘は「意志あるところに道は出来る」
あ、でもあまり気負わずに楽しんでやっていこうと思います。
努力した分すこしずつうまくなっているのが嬉しいのです。

さあ今シーズンの残りはレジャースキーを楽しむぞ!
今月3連休の志賀高原はバックカントリーとコブをがんがん滑ろうっと!
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク