FC2ブログ

検定前講習

テクニカルプライズの検定は受検前に一日講習を受ける必要があります。
来月半ばの受検を予定していますがその前日は仕事が入りそうなので少し早いですが今月受けておくことにしました。

・・・が、来月半ばの受検当日も都合が悪くなり受けれなくなりました。
まあ別の日に別のゲレンデで受ければいいのですが、講習は予約を入れていたので予定通り行ってきました。

DSCN0385.jpg

5時半起床、6時出発。
前日も遅かったのでちょっと眠いです。
目指すは120キロ先の箱館山スキー場。
近いのでお気楽です。

DSCN0387.jpg

寒い朝、運転していると日帰りスキーに行く実感がわいてくるのが好きです。

DSCN0391_201401201935508fc.jpg

滋賀県に入ると琵琶湖の向こうに朝日が昇ってきました。

DSCN0402.jpg

途中、給油したり朝ご飯を買ったりしながらですが2時間で到着。
ゴンドラで一気にゲレンデへあがっていきます。

DSCN0406_20140120193554a9c.jpg

標高があがると急に雪景色。
関西のスキー場はアクセス路には雪が無く、登行リフトやロープウェー、ゴンドラなどでゲレンデにあがるところが多いです。

講習は10人ほどで2班に分かれて受けました。
スキースクールの先生とかも何人か講習を受けていましたのでテクニカルを受検するのですね。

DSCN0416_201401201942351b0.jpg

とにかく短いゲレンデなので何十本も滑りました(笑)
切り替えやポジションなどは直すところがありませんとほめてもらったので素直に喜んでいます。
ただ、足りないのは加重。
もっと板に圧をかけてくださいと何度も言われました。
これは筋トレも必要ですが、雪の上にたって圧をかける感覚をもっと磨く必要があります。
今シーズンはなかなか夜の六甲山人工スキー場にも行けないし何か対策を考えないといけませんね。
でも課題が分かったのでそれもまた前向きに考えることが出来ます。

解散してからも何本か練習しましたがさすがに何十本も滑ると足腰が限界を迎えました。
リフトはまだ動いていますが帰ることにします。

DSCN0427.jpg

16時出発。
帰りはノンストップだったので1時間40分ほどで帰ってきました。
そしてハンドルを握りながらいろいろと考えていて一つ思いつきました。

スライディングボード!
あれが欲しい!!

スケートの選手などが室内での練習に使っていますが、最近ではスキーのオフトレにも使われています。
つるつる滑る板の左右にストッパーがあり、滑りを良くした専用のシューズを履いて左右に滑るものですが
荷重移動の練習にはうってつけです。
そして左右に移動している間のバランス感覚も養われるので少し前にいいなと思っていたものです。
ただし2万5000円ほどと結構な値段がするんですよね。
自分で作ればいいかと、その足でホームセンターによりました。

DSCN0430.jpg

早速作ってみます。

DSCN0373.jpg

ストッパーになるように左右に木の棒を巻き込んでずれないように滑り止めシートを下に敷きます。
そして市販のものよりもずいぶん大きなサイズのものが出来ました。

DSCN0375.jpg

シューズ代わりに靴下にシリコンスプレーをふいて滑ってみると面白い(笑)
左右につるつる滑りながら体重移動が出来ます。

ここでまた欲が出てきました。
もっとスキーな感覚にしたい!と。

次の日、ダイソーで材料を物色。さっさと作ってみます。

DSCN0431.jpg

手持ちの1x4の板を60cmにカットしてスキー板の代わりにします。
ブーツセンターをかき込み位置あわせ。

DSCN0432.jpg

こんなのや

DSCN0433.jpg

こんなのを使っていきます。

DSCN0434.jpg

ビンディングは手持ちのオフトレマシンから移植。

DSCN0435_20140120195851dfd.jpg

おお!形になってきました(笑)

DSCN0436_20140120200149078.jpg

良いですねえ。
それっぽくなりました。
早速履いてみます。

DSCN0441.jpg

左右に滑るローラーが裏についています。
早速滑ってみましょう。



まだ慣れて無くてへっpり腰ですが、ちゃんと加重の踏み替えの動作ができます。
これは使えるかも。

そしてものすごくきついということも分かりました。
ちょっとするだけで汗だく。
良いトレーニングマシンができました(笑)
スポンサーサイト



カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク