久しぶりのスバルネタ

1週間前の日曜日、ボルボの購入を決めてから神戸へ行ってきました。

スバル360のイベントが開かれたからです。
今となっては関西でのイベント開催は珍しくなりましたが阪神大震災前は毎年開かれていたイベントで、久しぶりに一発という感じで開かれたそうです。

一眼レフを持って行ったのにSDカードを入れてなかったという失態で写真がありません(苦笑)
しんじさん、ちょっと拝借します。

1368959460.jpg

たくさん集まっていました。
あいにく昼頃から雨になりましたが久しぶりにいろんなスバルを見てモチベーションアップ。
特にしんじさんに教えてもらったインジェクション化されたスバルの存在を知ったのが驚きです。
丸キャブのリンクを上手く使っていて目から鱗が落ちました。
おーPWK化頑張ろうかなあ。

で、先日の日曜。
この日は出かける予定もないのでどうしようかな~と思っていたところにしんじさんからメール。
お借りしているプーラーをしんじさんも使う予定が出てきたとのことでした。
ナイスアシスト!重い腰をあげるきっかけになりました(笑)

朝から洗濯したりちょっと掃除してから作業開始。

DSCN2776.jpg

まずは日影の確保。
パラソル用のステーを地面にペグうちしてます。日差しをまともにあびると暑くてたまらない時期になってきました。

DSCN2777.jpg

さて、いっちょ行きましょう。

DSCN2778.jpg

デスビを引っこ抜いてクラッチカバーを外します。

DSCN2782.jpg

しんじさんにお借りしたSST。
これ、とても良くできています。全然遊びが無いのでボルト穴をさぐる必要がありません。

DSCN2783.jpg

クラッチ獲ったど~!
正確にはクラッチが組み込まれたフライホイールです。
さて、とりあえずSSTはお返し出来るようになりました。
ボルボの装備品も外さなくてはならないので、出来るところまで進めます。

DSCN2788.jpg

床下からガスケット、オイルシール、クラッチをゲット。
ところが・・・・

DSCN2789.jpg

ガスケット、3速用でした(笑)
手持ちの在庫、2枚ありましたがどちらも3速用。
なんで持ってるんでしょう。
しかたないので出来る作業のみやっておきます。
オイルシールを交換し、ケースに残った古いガスケットを取り除いて面を修正。

DSCN2790.jpg

ボルトやナットはなくさないように元の位置に仮止め。
大小のビニール袋を何重にもかぶせて養生しておきました。
ガスケットを注文するのに、まずパーツリストを探さなくては(笑)
サービスマニュアルは出てきたんだけどなあ。

とりあえず、ボルボいっときます。

DSCN2785.jpg

縁石の上に乗り上げて手が入れやすいようにしてからヒッチメンバーを外します。

DSCN2784.jpg

まずは2インチアダプターを外します。
ボルト3ヶ所を外してヒッチメンバーもおろしました。結構重い。

DSCN2791.jpg

それにしても、この2ショットももうすぐ見納めです。
荷室にあるものもすべて降ろして掃除機をかけました。

DSCN2795.jpg

7人乗り登録が珍しいのですが、サードシートの使用は27万キロのうち100キロくらいだと思います。

DSCN2787.jpg

マフラーのステーが朽ち果てそうになってました。
結構冬の高速で塩カル浴びてますから。
まめに下回りは洗浄していましたがそれでもこんな状態になりました。
ちなみに今度のV70は下に潜ってこのあたりもチェックしましたが、まったく錆びてませんでした。

DSCN2796.jpg

ナビパソコン等の配線を外していきます。
隠蔽処理したから、外すのも手間取りました。

DSCN2797.jpg

エンジンルームも綺麗なものです。
27万キロ、良く頑張ってくれました。

DSCN2799.jpg

コーションプレート。
ベルギー生まれのカナダ仕様で、海を渡って日本にやってきました。

DSCN2798.jpg

洗って磨いたらぴかぴかになりました。
さすがに塗装が強いです。
撥水処理もしておきました。
スポンサーサイト

ついにボルボ850引退決定

96年式VOLVO850。ついに引退決定です。

DSCN2694.jpg

先日、スタッドレスから夏タイヤに交換しているときに思いました。
ずいぶんくたびれたなあ、と。
メーターは25万キロちょっとですが、ECUが壊れたまま1年半走っていたので実際には27万キロ以上走っています。
さすがに各部がガタガタ。
それでもGWの長野往復もトラブル無く走りました。

DSCN2695.jpg

でもまたブーツが破けてグリスが飛び散っています。

DSCN2697.jpg

ブレーキはパッドはもちろん、ローターも摩耗して交換時期。
何よりブレーキホースがカチカチに硬化してひび割れています。

DSCN2705.jpg

パワステオイルも漏れ放題。

DSCN2706.jpg

バッテリーは6年間だましだまし使っています。

DSCN2708.jpg

エンジンマウントはすべて破断。
高速道路で加速するために3000回転以上にあげると車体がブルブル震えます(笑)
クルーズコントロールも壊れてしまって不動状態。

すべて交換して7月の車検を通すとなると50万円は軽く超えそう・・・・
愛着あるし、直してもいいんだけど直したところで27万キロの過走行の車体。
これから先もいろいろ不具合が出てくるのは目に見えています。

そろそろ潮時かな・・・・
そう思い始めました。
そうなると車検までに次の車両を探さなくてはなりません。

最初は思い切ってキャンピングカーもいいかななんて思ってました。
スキーやキャンプに前の夜からなんの気兼ねなく出発できるし現地でも活躍しそうです。
カムロードベースのジル520やハイエースベースのセレンゲティが候補になりました。
でもうちの周りは下町でボルボでやっとの路地ばかりです。
夕方風呂屋の前に自転車が並ぶとボルボでもなかなか通れない。
さらに車幅が30cm近く大きなキャンピングカーではにっちもさっちもいかないでしょう。
それとスーパーやホームセンターの立体駐車場に入れない。
ここは大阪市の下町ど真ん中、買い物に行くと平面駐車場はあまりありません。
キャンピングカーでは普段乗りするにはきつすぎると思いました。

やっぱり普段から活用できる車にしよう。荷物がたくさん積めて長距離の運転が疲れなくて何より好きになれる車両。
となると、私の場合やっぱりボルボになるのでした。
とはいえ240や850はろくな車体が残っていません。
10万キロ以上走行しているのがほとんどで希に6万キロとかいうのがありますが強気の値段設定。
素性のわからない車体に100万円以上出すのなら、今のボルボを直して乗ります。

850からマイナーチェンジした初代V70は四輪駆動もあるし、値段も崩れているので狙い目です。
何よりフォードに身売りする前の最後のボルボらしいボルボ。いつも出先やゲレンデで「AWD」(全輪駆動)の文字をみて「ええなあ」と思っていました。
とりあえず四輪駆動に絞って検索します。

すると京都にいいのがありました。

20130518a.jpg

20130518b.jpg

V70のクロスカントリーです。
4WDでさらに車高をあげて悪路の走破性をあげたモデルです。いいじゃないですか。

・・・・え?
走行距離5万1千キロ???
車検が2年近くついていて車体価格48万円???
しかも写真で見る限りむちゃくちゃ綺麗です。

走行距離がなんだか信じられません。
でもディーラーもので記録簿がすべて残っているとのこと。
いつもボルボでお世話になっているボルボ専門店の社長に「他店の車両のことで質問なんて申し訳ないんですけど、この車両どう思います?」とメールしました。
すると「他社様の車両にとやかく言えません。個人的にはこのころのAWDはあまりおすすめしていないのですが信じられないほどの低走行距離なので、これはめったとないチャンスではありませんか?」という内容のメールを非常に丁寧に書いて送ってくださいました。

これだと去年新調した夏タイヤもスタッドレスも活用できます。

DSCN2703.jpg

なんなら去年新品に交換した燃料ポンプやインヒビタースイッチも移植できます。
とにかく現物を見てみることにしました。

DSCN2711.jpg

写真より綺麗ですやん!
実際、とても綺麗な車両でした。
おそらく室内保管です。

DSCN2714.jpg

HDDナビ&地デジ付きです。
もうなにもすることありません。
というか、室内も非常に綺麗。革のシートの匂いしかしない新車状態でした。

DSCN2717.jpg

荷室も綺麗です。
私みたいに、コンクリートブロックやセメントやコンパネや枕木を満載することはなかったのでしょうね(笑)
さらにスバルのサビサビエンジンを解体するなんてことは、この荷室ではなかったのでしょう・・・・
非常にジェントルに乗られてたイメージです。

DSCN2716.jpg

うーん、綺麗な車体。
リアビューは850とほぼ一緒。
ビッグマイナーチェンジといわれた850からV70へのモデルチェンジです。

DSCN2719.jpg

足回りやマフラーもまったく腐りもなく綺麗なものでした。
これは走行距離が5万ちょいというのも納得です。

DSCN2722.jpg

兄弟車ですね。
私の850はサスが揉みほぐされてリアが結構沈んでいます。

DSCN2723.jpg

V70は850と車高は変わらないと思いますがV70XCは最低地上高さが悪路走行用にあげられています。
ということはデパーチャアングルが確保されているのでヒッチキャリアがこすりにくいというメリットもあります。

DSCN2724.jpg

フロントはリアほど似ていません。
850の方がカクカクしていてよりボルボらしいですね。

DSCN2725.jpg

はい、購入即決しました。
15年落ちの車(20世紀の車)に50から60万円は高いか安いかは人それぞれでしょう(笑)
ま、定価600万円のディーラーものですからね。車検も再来年の2月までついていますし、4輪駆動のオプションをつけたと思えば・・・(笑)
しかも程度は申し分なし。私は非常にお買い得だと思いました。
というか、値段どうこうよりもこんなに程度の良いのに7月の車検まではおろか今後なかなか出会うことがないと思います。
車検まであと2ヶ月のこの時期に、こんなのがお隣の京都に出てきたのは何かの縁かなあと思いました。

そして850、今までありがとう。
17年間27万キロよく頑張ってくれました。
最後にお背中流しますんで、磨きたおさせてください。

オカメインコとの日々

オカメインコのアイスとは毎日コミュニケーションをとっています。
多数飼いだったらこんなになつかなかっただろうなと思います。

とはいえ、1歳になりかなり自我も出てきたようでひとり遊びもいろいろやっています。
セキセイインコとは違って言葉のものまねは不明瞭ですが「パパー」と私を呼んだりしています。
どちらかというと口笛の方が得意なのですが、これもまた練習中でバナナボートの一節を適当に口ずさんでいます



まだフレーズをちゃんと覚えきってませんが、オカメは自分勝手にアレンジするものらしいのでこんなものかもしれません。

夜は晩酌の相手してもらってます。
掻いて掻いてとおねだり。



身体を触られるのは大嫌いなくせに、頭と首を掻いてもらうのは大好き。
オカメ共通のようですね。
前に飼っていたセキセイインコは幼鳥や若鳥の時は良くかかせてくれましたが大人になりきると、まとわりつく割にはあまり掻かせてくれませんでした。

そして呼び鳴き。
バイバイと言うと、足を踏み外すくらいに焦ります(笑)



ウロウロしながら呼び鳴きしてます。
幼鳥の頃に、しつけのために呼び鳴きには反応しないようにしたのであまり長く呼び続けませんが、それでも出かける時と帰ってきた時は呼び鳴きしています。

IMGP3462.jpg

最近新緑が気持ちいいので、バルコニーでご飯食べたりお茶したりしています。
オカメインコのアイスも一緒に日光浴。

IMGP3482.jpg

もちろん、リードは付けていますし私も目を離したりはしません。
私が食事をしている間、横で変なバナナボートを口ずさみながら枝と葉っぱをかじり続けています。
夏になるとクマゼミの大騒音がひどいシマトネリコの木ですが今の時期はとても気持ち良いです。

GWは志賀高原

ゴールデンウィークは志賀高原へスキーに行ってきました。

・・・・が、予定の二日前に風邪引いてダウン。しかも息子と二人で・・・
私は高熱と下痢、息子は高熱と嘔吐。
仕事と学校を休んで病院に行くと処置室で二人並んで点滴を打ってもらいました。
祝日前夜から出発予定でしたがとてもじゃないので前泊分をキャンセルして翌日朝からの移動に変更しました。
渋滞情報では大阪から名古屋の間がとんでもないことになってます(笑)
名神は恐ろしいことになっていたので新名神と名古屋高速を駆使してどうにかこうにか小牧まで進みました。
中央道に入ると避けようのない渋滞が始まっていたのでおとなしく並びました。
午前中いっぱいかけてようやく長野県へ。

DSCN2551.jpg

お、南アルプス。
まだまだ雪はありますね。
病み上がりでふらふらですが、少し気分があがってきます。

DSCN2555.jpg

中央アルプスも良い感じです。
ここは千畳敷スキー場というところが春スキー限定でオープンします。

DSCN2560.jpg

ようやく岡谷ジャンクション。
桜が満開。

DSCN2565.jpg

そして北アルプスが見えてきました。
やっぱり松本付近からの景色は最高ですね。
安曇野に移住した友人から毎年絵はがきが届きますがうらやましい限りです。

DSCN2570.jpg

9時間かかってようやく到着。
リフトは無情にも終了のアナウンス。
1時間でも滑れたら良かったのですが、まだ体調がいまいちなので今日はおとなしくしておきましょうか。
まだ食欲が無くて夕食はほとんど残しました。疲れた~、そして運転飽きました(笑)
ま、夜はスキーサークルの皆さんと宴会やってるうちに元気になりました。

DSCN2578.jpg

さて、抜群の快晴です。
でも気温は冷えていて午前中は良い感じ。
今回は子供も一緒なのでサークルの飛ばしやの皆さんとは別行動。

DSCN2581.jpg

でも世話好きのノブさんが子供に指導してくださいました。
上の子は「ゲレンデに上手い人しか、いてへん」と目を丸くしていました。
ボーダーさんもゲレンデの真ん中に座ることが無いし関西や奥美濃のスキー場とはまるで違います。

DSCN2590.jpg

ゲレンデはこの時期だともっと土が露出していることが多いのですが、普通に雪をたくわえていました。
さて、今日はサークルのみんなとBBQです。

DSCN2592.jpg

飲むわ食うわで、わいわいと楽しくやりました。

DSCN2604.jpg

ゲレンデ見ながらぽかぽかとした日差しの中、腹一杯になりました。
ふと空を見上げた誰かが珍しい虹に気づきました。

DSCN2606.jpg

日暈(ひのかさ)とか光環とか呼ばれる丸い虹です。
サークルの皆さんはそのまま宴会を続けていますが、私は小休止後に滑りに出かけました。

DSCN2615.jpg

連絡路をこいで行き、寺子屋ゲレンデへ。

DSCN2627.jpg

寺子屋まであがってきたのは、たぶん高校生以来かな。
実に25年ぶり。
ここは適度な斜面と高々度で雪質が良いので春の練習にはちょうど良いです。
冬にくると寒いです(笑)

DSCN2618.jpg

脚力がないのでド後傾で滑ってますが、ここまで滑れるようになったら広い志賀高原のトップシーズンも楽しめそうです。

夕方、BBQの片付けを手伝って子供を部屋に入れた後ノブさんと高天ヶ原を少し滑りました。

DSCN2628.jpg

滑走距離は18km。
さすがに子供と一緒だしBBQでのんびりしたのであまり滑っていません。
もとより春のクサレ雪をがっつり滑る気はなかったのでこんなもんです。

翌朝、チェックアウトしてサークルの皆さんに別れを告げて志賀高原の端っこ、横手山に車で移動しました。

IMGP3399.jpg

横手山の山頂に来たのも25年ぶり。
良く滑っていたのは小学生の頃だったので自分の記憶の中の横手山はほとんど30年以上前の感じです。
あまりかわっていませんでしたが、トップのシングルリフトがペアに変わっていました。
遠くに見える富士山を期待して登ってきましたが、残念ながら春霞のため見えませんでした。

渋峠を滑ってほんの少し群馬県にタッチした後は横手山のゲレンデを滑りました。

IMGP3414.jpg

横手山は初心者から中級者にはちょうど良い斜面が多いです。
私も小学生の頃は志賀高原と言えば横手山でした。
焼額山がオープンしてからはもっぱら焼額と奥滋賀がメインでバリエーションに東館山や一の瀬を滑っていました。

IMGP3442.jpg

子供達の今のレベルだと横手の斜面がちょうど楽しく滑れる感じです。
そうそう、私は昨日はサロモンのdemo10で滑りましたがこの日はエランに履き替えました。
やっぱりエランの方が整地では圧倒的にスムーズなターンが出来ます。
でもメタルが入って重いのでコブ斜面のレスポンスがいまいち。
一度コブ斜面用に軽いモーグル板でも試してみようかな。
最近モーグルのライン取りが分かってきたので軽い板で試してみたい。

IMGP3451.jpg

標高2300mのトップまでリフトがつながる横手山の象徴的な景色です。
「私をスキーにつれてって」も見た瞬間「あ、横手山」と分かる場面です。

IMGP3455.jpg

昼メシ食べてから帰りました。
帰りは草津(滋賀県)周辺が大渋滞だったので名神と新名神はあきらめて、名阪で帰りました。
締めて7時間。まあまあかな。

しかしボルボは長距離運転で疲れません。
シートがいいんでしょうね。

でもこの7月に車検を通すかどうかちょい悩み中。

ちょっと愛媛へ

ボルボに乗ってちょっと愛媛へ行ってきました。
仕事を終えてから大阪南港へ行きフェリーに乗船。

IMGP3224.jpg

ご飯食べてお風呂入っている間に明石海峡大橋を通過。
そんでもって寝てる間に愛媛到着。

IMGP3225.jpg

軽く行きたいところを巡ってきました。

まずは別子銅山

IMGP3266.jpg
IMGP3288.jpg
IMGP3314.jpg

良かった。
期待以上に良かったです。

DSCN2481.jpg

松山では秋山兄弟のゆかりの地を巡りました。
司馬遼太郎ファンなので、現地の観光ボランティアの方といろいろと話し込みました。

最後は松山の洋館、萬翠荘。

IMGP3357.jpg
IMGP3362.jpg
IMGP3359.jpg

タイルの目地まで凝ってますね。
結構じっくりと見て回りました。

DSCN2510.jpg

帰りはしまなみ海道を通って帰りました。
長野に行き慣れたのでどうってことない距離でした。
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク