スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VOLVO850 快適化計画

DSCN1682.jpg

正月に作ったボルボのコンソールテーブルですが、やっぱり塩ビシートの質感が非常に残念な感じです。
見てるだけならまだマシですが、常に手を置いたりして触れるところなので感触をごまかせない。
では作り直そうということでいろいろ考えていました。

ボルボの内装にあわせるならウォールナットにクリア塗装となるわけですが素人が手を出す世界では無さそう。
というか、つるつるしたクリア塗装だと結局樹脂仕上げみたいになって触ってても楽しく無さそう。
というわけでブビンガの無垢板にオイルフィニッシュをすることにしました。

さて、収納部分をどうするか。
採寸して図面を手書きしてホームセンターで桧の板を購入。

DSCN1949.jpg

図面を見せてその場でカットしてもらいました。

DSCN1610.jpg

組み立てるだけです。これは楽ちん。

DSCN1612.jpg

さくっと組み立ててボルボにあてがうと、キチキチすぎました(笑)
あかんやん。
入るには入るけどシートと若干干渉していてリクライニングの際に負荷がかかりそう。
10ミリ幅を切り詰めた図面を書いてもう一度ホームセンターへ・・・・

DSCN1730.jpg

おお、大丈夫。
CDやDVDも納まります。

天板はネットで注文していたのが届いたので寸法チェック。

DSCN1729.jpg

こちらは何も問題ありません。
一旦仮組してネジの位置を決めていきます。
後部座席側から使うカップホルダーは前回は穴を開けていましたが、今回は他車種流用でいきます。
ネットでいろんなホルダーを物色して左右独立したタイプをチョイス。

DSCN1733.jpg

このままだとつかないので干渉部分をいろいろとカット、カット、カット。

DSCN1734.jpg

取り付け位置を決めるために仮組します。

DSCN1735.jpg

DSCN1795.jpg

仮組完了。
ここまで、作業時間は2時間くらい。
ボルボに仮付けして問題ないかチェックします。

DSCN1799.jpg

おお、良い感じ。
前回のカップホルダーはやっぱり安物くさかったので、ビルトインタイプにして正解です。

DSCN1800.jpg

ボルボへの取り付け位置もマーク。
下穴を開けておきます。

さて、形が出来たので一旦ばらして各部分の仕上げ作業に取りかかります。
まずは箱部分。
レザーを貼り付けて内部には前回余った塩ビシートを貼りました。

DSCN1805.jpg

蝶番を取り付けて天板との下穴の位置を確認。

DSCN1806.jpg

さて、いよいよ天板の仕上げ作業。
180番から2000番まで少しずつ番手をあげつつ研磨します。

DSCN1794.jpg

ブビンガは硬い材質なので磨き甲斐があります。

DSCN1808.jpg

どんどんすべすべになっていきます。
気を抜くと持っている手からするんと落としてしまうほど。

カラ拭きしてからいよいよオイルフィニッシュ。

DSCN1810.jpg

薄塗り重ね塗りが基本です。

使ったオイルはこれ。

DSCN1811.jpg

ごま油の美味しそうな匂いがします(笑)
塗っては一日乾燥というのを1週間かけて4回ほど行いました。

DSCN1895.jpg

写真では解りませんが色に深みと艶が出てきました。
取り付け前にもう一度仕上げの研磨。

つるっつるのすべっすべになりました。

DSCN1896.jpg

DSCN1900.jpg

右が前回のバージョン。
収納容積もテーブル面積も格段にアップしています。

DSCN1904.jpg

カップホルダーを固定。
ドライバーを通すための穴あけ加工も先日行いました。

DSCN1907.jpg

ホルダーのカット部分を紙ヤスリで修正。
2000番まで使って仕上げます。

DSCN1912.jpg

いよいよボルボに取り付け。
後部座席との位置関係も良いです。

DSCN1913.jpg

収納も運転席側から使い勝手が良いようにしています。

DSCN1921.jpg

前回同様、純正の収納部分も活用できるようにしています。
今回は箱の底部分もレザーで仕上げました。

DSCN1916.jpg

後部座席をフルフラットにした時も干渉しません。

DSCN1923.jpg

前側もフロント用のカップホルダーと干渉しない様にしています。
そしてこの大きくなったテーブルに何を載せたかったかというと。

DSCN1932.jpg

ThinkPadです(笑)
ナビパソコンのVAIOとは別画面でいろいろ出来るかなと思っています。
まあ普段はこんなことしませんが長距離等では活躍すると思っています。
とりあえず納得の使い勝手と仕上がりで自己満足しております。

さて、こうなってくると車内をのたうち回っているケーブル類が気になります。(今さらですが・・・)
チェンジャー、レーダー、パソコン、iPod、GPS受信機などのケーブルがまったく整理出来ていません。
DCアダプタやACアダプタも結構場所を食っています。
どこか収納するところは無いかなと内装をとってみるとありました。

DSCN1925.jpg

グローブボックスやハンドル下に大きな空間があります。
ここに配線を通すようにしました。

DSCN1935.jpg

ダッシュボードの上がスッキリ。

DSCN1933.jpg

足下にいたDCアダプタとACアダプタも無くなってスッキリ。

あと18年間頑張ってきたオーディオのスピーカーがどうしようも無くなってきたので交換することに。
リアは左が死んでるしフロントも中音が聞き取りにくい。
とりあえずフロントは13cmと解っていたので取り寄せました。

DSCN1936.jpg

今までお疲れさん。
18年間、25万キロ頑張ってきたスピーカーです。

DSCN1940.jpg

交換するのはこいつ。
JBLとは名ばかりですが、安かったので。

DSCN1943.jpg

特に加工もしなかったのですぐに完了。
気になる音は大幅に改善されて納得。

さて、問題はリアです。

DSCN1941.jpg

ツィーターが死んでいます。
サイズは約14cm、ということは5-1/2インチ?
あまり見かけないサイズです。
みんカラでは皆さんフロントと同じ13cm(5-1/4インチ)を付けてる理由が分かりました。
なかなか無いんですね。
今月は予算が無いので来月にでも作業しようと思います。

ぐっちゃぐちゃだった配線がスッキリしてテーブルと収納が大きくなってすっかり自己満足してます。
ボルボのライトキャンパー仕様を模索中。
天井が低くてフルフラット部分に座ると頭がつかえるのが難点ですが・・・・

スキーシーズンと花粉症のシーズンが終わればスバルの相手もしたいと思っています。
2ストサウンドの禁断症状が(笑)
スポンサーサイト

テクニカル受検

2週間前の出来事です。

土曜日開催のテクニカルプライズテストを受けてきました。
場所は今シーズン何度も滑ったウイングヒルズ白鳥リゾート。
受付が朝の7時半からなので金曜日に仕事を終えてから前泊しました。
お風呂上りにイメージトレーニング。

DSCN1772.jpg

今回の目標は合格ではなく、一種目でも合格基準点の75点を出すこと。
さて、どうなることやら。

DSCN1774.jpg

翌朝、天気は快晴。
ここ数日の高温でゲレンデはザックザクで、4月くらいのコンディション。
検定前講習は通常、午前2時間、午後2時間でこなし翌日に検定をするというものですが、今日は午前中に通しで4時間講習をして、30分の休憩をはさんで検定をするという強行軍です。

DSCN1775.jpg

今日はモーグルの大会も行われます。
これは公認B級コース。
そしてA級コースは遠くから見ても深いコブになっています。

DSCN1776.jpg

難易度の高いA級コースは本日大会が行われません。
ということは検定の不正地小回りはここでやるんですね(笑)

DSCN1777.jpg

さて、講習の始まりです。
私のすべりをみて「昔、レースやってました?」とのコーチの一言。
スピード重視で外向姿勢が強いらしい。
やっぱり癖はなかなか直らないものです。

別のコーチに見てもらってまた一言。
「競技やってました?」
いえ、やってません(笑)

不整地小回りのバーンは深い溝コブでこけないように滑るのがやっとでした。
4時間ぶっ通しで滑った後、30分の休憩です。
おなかいっぱい食べると動けなくなりそうなのでアンパンとウイダーインゼリーで済ませました。

DSCN1778.jpg

さあ、検定の始まりです。
足腰はすでに鉛のように重い(苦笑)
一発目は整地大回り。

検定バーンがクリアになったのでスタートした瞬間、ゲレンデ外からボーダーさんが乱入してきました。
狭いバーンなので併走している限りは大回りが出来ません。
そこでターン弧を大きくとって加速、ボーダーさんの前にいって大回りをすることにしました。
結果スピードは未知のゾーンに突入(笑)
風圧で身体があおられるような速度で大回りを開始。
もうそんな状態になると、フォームの矯正なんて頭から飛んでしまいます。
教えてもらったことは完全に忘れて滑りました。

次は整地小回り。
ベタベタな雪で速度を維持するよう縦に切りましたが最後まで迷いの出た滑りとなりました。

不整地大回り。
モーグルA級コースの横でやりました。
コース幅が狭くてセーフティーゾーンがまったくない中、攻め込みました。
コブにはじかれそうになりながらも滑りきりましたが、完全に後傾でした。

DSCN1779.jpg

不正地小回り。
モーグルA級公認コースで滑りました。
午前中よりさらに深くえぐれた溝コブに半泣き(笑)
でもバンク滑りを心がけると意外と滑れました。
が、コース半ばでストックをついたとたん以前脱臼した右肩が「ミシー、ゴクン」と鳴り外れそうになりました。
肩をかばって思いっきり後傾になり、リカバリーを試みるも3ターンほどして転倒。
激しく転ぶといった感じではなく、溝コブにするんとはまった状態で立ちゴケみたいになりました。
ああ、まさかの検定中転倒。恥ずかしい。

そしてラストは総合滑降。
一番標高の低い斜面で行われました。
雪質は最悪で足をとられて転倒する人もいる中、勇気をだして突っ込んでいきました。

DSCN1782.jpg

総合滑降はスピードと切れがすべてです。
半泣きになりながら高速ターンをしました。

さて、何点出たのでしょうか。

DSCN1785.jpg

25人中、2人合格。
もちろん私は不合格ですが果たして点数は?

DSCN1787.jpg

ゼッケン122が私です。
おわー、結局ひとつも75点出せませんでした。
まだまだテクニカルを受検するレベルではないことを実感。
あらためてプライズホルダーはすごいなと思いました。
また来年頑張ります。

DSCN1789.jpg

いやー疲れた!
でもやるだけのことはやりました。
未知の速度で滑った整地大回りが一番良い点でした。
すべての種目をあの次元以上で滑らないといけないのですね。
ハードルの高さを再認識しました。

要するに新しいフォームを身体に染みこませて何も考えなくても効率の良いターンが出来るようにならなくてはなりません。
そうして初めて難易度の高い斜面や速度でも余裕の滑りが出来るようになるのでしょう。
身体がついてこれるかわかりませんが。
ま、楽しんでやっていきます。

数年かかるな、こりゃ(笑)

ちくさ高原

これも3週間前の出来事。
八方尾根に行った翌週の日記です。

この週末は滑りに行くつもりはありませんでした。
木曜と金曜にものすごく気温があがり雨まで降っていたのでゲレンデコンディションはあまり良くないと思っていました。
土曜も雨の予報だったので行っても楽しくないだろうなと仕事の予定をいれていました。
ところが金曜の深夜からぐっと冷え込んで雨から雪になっているみたい。
近場にちょっと行ってみるかと、土曜の午前中に仕事を片付け昼過ぎに出発しました。

DSCN1683.jpg

13時か。
今からだと兵庫県のスキー場が2時間圏内。でもナイターが無いところだと1~2時間しか滑れません。
23時までナイターをやっているちくさ高原にしました。

DSCN1686.jpg

阪神高速池田線を北上し中国道に入ります。
朝一番だと混雑するルートですがこの時間だとさすがにすいています。

DSCN1691.jpg

千種(ちくさ)の町中を抜けると積雪が目立ってきました。

DSCN1695.jpg

ゲレンデサイドの駐車場にとめれました。ラッキー。

DSCN1696.jpg

自宅から2時間、133キロ。
天然雪のスキー場では一番近いかな。
北緯35度ちょうどのスキー場は本州最南端クラスです。
もちろん山口や広島だと35度を切ったスキー場もありますし、本州最南端なら紀州半島のスキー場がありますが最南端クラスのゲレンデと言って間違いありません。
関東だとちょうど千葉の館山市あたりが北緯35度です。
ちなみに日本で最南端のスキー場は宮崎の五ヶ瀬ハイランドスキー場で関東だと八丈島のさらに南の緯度になります。
ちくさ高原も緯度が南の割にはそれなりに天然雪があります。

DSCN1697.jpg

この日、降り続いた雪のおかげでなかなかのコンディション。
さっそくゲレンデトップまであがりめいっぱい滑ります。

DSCN1699.jpg

上部の急斜面はアイスバーンに粉雪が乗ってる状態でした。
凍った自然コブを慎重に攻めます。

DSCN1701.jpg

降りしきる雪の中、ゲレンデ幅いっぱい使ったターンも練習。
新しい雪はやっぱり楽しいものです。
新雪だと関西のスキー場も捨てたものではないなと思いました。

DSCN1706.jpg

ナイターが始まり、食堂で腹ごしらえしてから滑りました。
リフトが遅いので待ち時間があるのが難点ですが、時間はたっぷりあります。

DSCN1710.jpg

それにしても良く降ります。
前日の気温と雨が嘘のよう。
ゲレンデの端の方へ行くとちょっとしたパウダーを楽しめました。
だんだんとリフト待ちの行列が長くなってきたのではやめに切り上げました。

DSCN1711.jpg

道路は完全に積雪路になっていましたが凍結はしていないのでスタッドレスのグリップをしっかりと感じながら帰ることが出来ました。
房総半島のさきっちょと同じ緯度の景色ですよ。

2時間で行けるちくさ高原はリフトの遅さがネックですが、結構使えます。
今シーズンから経営者がかわりましたがこのまま存続して欲しいものです。

忙しいけど行ってます(笑)

だんだんにっちもさっちもいかないくらいに忙しくなっています。
新しい仕事がないのにおかしいなあ(笑)
アフターな仕事と事務所の組織変更の雑用が山積。

とはいいつつ、ちゃっかりゲレンデには立っています。
ブログは更新してませんでしたがまずは3週間ほど前の出来事を・・・・

3時とか2時とかまで仕事をしていた週ですが、土曜日に時間を確保。
で、前日に行き先は20年ぶりの白馬と決めました。
スキースクールと言えば八方スキースクールです。
本場の講習を受けに行こうと決めて金曜に仕事を早めに切り上げいざ出発。

DSCN1553.jpg

目指せ長野。
コンビニで運転しながら食べれる様におすしやサンドイッチを確保。

DSCN1554.jpg

遠いな(笑)
白馬での深夜チェックインが可能な宿を調べるヒマがないので少し手前の穂高にあるホテルを目指します。

DSCN1557.jpg

20時過ぎには長野県の県境を通過。
良いペースです。チェックインは22時までとのことですが充分間に合いそう。

DSCN1561.jpg

21時半に無事到着。
おお、穂高までなんと4時間でした。

DSCN1562.jpg

だんだん慣れてきた自分が恐い(笑)
ホテル近くのコンビニでビールとワンカップとつまみを買い込みました。
早速熱い風呂に入り晩酌開始。

DSCN1563.jpg

外は雪が降り始めていました。
寒波が近づいているので予報では明日の朝はかなり冷え込むようです。
ゲレンデコンディションは最高だと思いますが、道中は緊張しそう。

DSCN1565.jpg

夜明け前に起床。コンビニで用意した朝食を部屋で食べてチェックアウト。
放射冷却で冷え込んでます。

DSCN1567.jpg

冷えとるな~
ここで-8℃だと白馬村では-12℃くらいかな。
40キロのスノードライブ。気をつけていきましょう。

DSCN1568.jpg

めっちゃくちゃアイスバーンです。
前を行くこの車、ペースを上げて視界から消えましたがしばらく行くとコーナーでアウト側の歩道に乗り上げ左フロントのタイヤが足回りごともげていました。
そしてしばらく進んでいると今度は後ろにぴったりとくっついていた車が直線で突然ふらつきはじめ、右に左に必死に立て直そうとしたけど、おつりがどんどん大きくなってこれまた歩道に乗り上げていました。
たぶん、足回りいってしまってるでしょうね。

うわー、あんなんなったらたまらんなあと思いつつ慎重に進みます。
ちょっとした登りでの発進なんて結構どきどきでした。
まあ志賀高原と違って白馬はほとんどアップダウンが無いのが救いです。
無事にゲレンデ近くの駐車場に到着。
あー、緊張した。

DSCN1569.jpg

後ろに見えているのは岡部、斉藤、そして原田が、船木が飛んだあのジャンプ台。



仕事が休めなくて事務所でテレビ中継を見ていましたがソルトレークの悪夢の後だけに鳥肌もんでした。
そのオリンピック会場に来たんだなあ。
あれから15年、上村選手は未だに現役、里谷選手も今シーズンまで現役、驚異的です。

名物の朝イチリーゼンは、さすがでした。
みなさん、上手い!
強風でしたが何本か楽しみました。

DSCN1571.jpg

雑誌やDVDで何度か見たことのある八方スキースクールです。
恐る恐る上級コースに申し込みを済ませ(笑)班分けテスト。
上級コースの上位班に入れました。ああ良かった。
エキスパートなコースに申し込む勇気はありませんでしたが、基礎をじっくり教えてもらいます。

DSCN1575.jpg

晴れているのですが、ゲレンデトップは強風でリフトが止まっています。
尾根からの地吹雪が白く舞い上がってます。

DSCN1577.jpg

白馬村を見下ろします。

さて、レッスン。まずは大回りから。
緩い斜面での低速ターンで滑りを分析。
軽くシェーレンになるのは後傾だからと教えてもらいました。
外足はきっちりポジションに乗れているけど内足が若干後傾気味。
なぜなら若干外向気味で左右の足に前後差ができているからです。
古いスキーヤーの身に染みついた前後差・・・・
内足をもう少し引いて、きっちりと荷重をかけるとシェーレンにはならないと教えてもらいました。

内足を引いて腰を回す。
ノーマルスキー時代に覚えたのと逆の動作。
分かってはいるのですがまだ身につかない(苦笑)

昼休みに少し時間があったので上までのぼりました。

DSCN1578.jpg

長野オリンピックでのアルペン会場です。

DSCN1581.jpg

気持ちいい!

DSCN1582.jpg

自然コブが出来ていたので滑りました。
やっぱり溝コブと違って楽しい。

昼からは小回りをメインに講習を受けました。
受講生は8人くらいで、和気あいあいとしていました。
それにしてもコーチの説明が非常にわかりやすい。
何も難しい表現は言わずに、さらっとシンプルに指摘されます。
身体はいっこうに理解しようとしませんが(笑)

15時まで講習を受けて解散。
せっかくなのでゲレンデトップを目指します。
八方まで来たなら黒菱や兎平のコブ斜面を滑らないと。

DSCN1586.jpg

寒!
風が猛烈です。

DSCN1593.jpg

風の当たるところはカリッコリのアイスバーンでしたがそこを過ぎればそうでもありません。
溝コブではないので何とかなります。

DSCN1595.jpg

すでに体力が限界でしたが、リフトが止まるまで何本か滑りました。

DSCN1597.jpg

ガスってきたので画像処理した写真です。
関西や奥美濃エリアでばかり滑っている人間にとっては延々とコブ斜面が続くイメージ(笑)
もう勘弁して!ってくらいに滑りました。

DSCN1601.jpg

疲れたー
でもやっぱり長野は良いですね。
「スキーしてる!」って実感がわきます。
コース幅が広いのでとても自由に滑れます。
しかも上手い人がいっぱいなので、後ろについて勝手にラインをトレースするだけでも勉強になります。

DSCN1602.jpg

さーってと。
いっちょ帰るとしましょうか。
眠くなったら、車をとめてがっつり眠ることにしてとりあえずスタート。

DSCN1603.jpg

さらば白馬!
人生3度目の白馬でした。
最初は35年くらい前、小学1年生くらいだったかな。シングルリフトしかない頃です。
その次は22年ほど前。空前のスキーブームの頃ですね。
次はいつ来るのでしょう。
ま、結構近いうちに来そうですが(笑)

DSCN1609.jpg

安曇野インターに入る前にコンビニで夕食を買った後はノンストップでした。
白馬から5時間20分。意外と近いな。
だんだん距離感がおかしくなる今日この頃でした・・・・
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。