スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと青空の下で

12月30日土曜日。
この日は本当は休みのはずでした。
予定では早朝出発し鷲ヶ岳でスキースクールでプライズテスト対策コースを受講するつもりでしたが
仕事が終わらず腰痛もあったので見送りました。
で、仕事は何とか午前中に仕上げ12時半に整体へGO。
相変わらずここの治療は猛烈に痛いのですが、終わればしゃんとします。
びわ湖バレイのライブカメラをチェックすると久しぶりの晴天!
ふもとは晴天でもゲレンデは雲の中が多いこのゲレンデが晴天です。

・・・行くしかないでしょう(笑)
というか、整体にはボルボで行きましたが荷室にはスキー道具一式を積んでいました。
はなから行く気満々でした。

DSCN0659.jpg

1時過ぎに大阪市内を出発しましたが1時間ちょいで到着します。
ふもとに近づくにつれて雪を頂いた山々を見てテンションアップ。

DSCN0660.jpg

2時半にはゲレンデに立っていました。
晴れてますやん!!!!
昨シーズンは一度も晴れたびわ湖バレイを経験しなかったので久しぶりに晴れたびわ湖バレイで嬉しい。

DSCN0662.jpg

蓬莱山頂からの眺め。
これぞびわ湖バレイ。
海の様に見えるびわ湖めがけて滑ります。
大阪から1時間で来れるゲレンデ。
何度も倒産の危機に瀕していますが持ちこたえて欲しいですね。

腰のこともあるので中まわりや大回りのポジション確認をメインに滑ります。
前日の雨で雪質はあまり良くありませんが視界の広いところで大きく滑って気持ちが良い。

DSCN0668.jpg

夕方、雪雲が立ちこめてきました。
これは京都方面です。

DSCN0670.jpg

照明がつき始めました。
六甲以外の照明ってひさしぶりかな。

DSCN0673.jpg

写真では分かりづらいですが、京都盆地の向こうに淀川や大阪も見えていました。
こうやってみるとやはり大阪からの距離が近いということが確認できます。
昔は湖西道路もなくゴンドラに乗るのも90分待ちとかでゲレンデにあがるまでトータル3時間半とかかかっていたのですが今は1時間半ですからアクセスが良くなりました。
岐阜や長野もずいぶんアクセスが良くなっているのでスキー復活組は良い意味で驚きの連続かも知れません。

DSCN0675.jpg

鏡の様に静まりかえったびわ湖を眺めてナイターです。
この日は17時半までの営業だったのでぎりぎりまで滑りました。

DSCN0682.jpg

これで今年の滑り納めです。
年明けはウイングヒルズに滑りに行くので、今から楽しみです。
スポンサーサイト

寄る年波(笑)

一昨日の朝、布団をたたんでいて腰をやられたワタクシです・・・・
ロキソニン飲んでコルセットしていますが結構つらい。
今週のスキーはちょっと様子見です。

一昨日は忙しさも極限でした。
午前午後と役所の検査に消防の検査をこなして、さらに2時間走って信楽の役所へ別の現場の検査済証を受取に行きました。

DSCN0614.jpg

新名神をボルボで走りました。
写真には写っていませんがこのとき大雪が降り始めていました。
帰るときには路肩に雪が積もっていてスタッドレスにして良かったと思いました。
盆明けからスケジュールがずっと綱渡りでしたが、とりあえず年内の仕事はこれで一段落。
あとは事務所の雑用です。

翌朝、大阪も冷え込んでいてボルボのフロントガラスは凍り付いています。
この日もボルボで外回りに行こうと思い乗り込みましたがエンジンかかりません。
正確に言うと一度かかったけど1秒でストール、あとはセルはまわるもののかかる気配無し。
初爆がまったくないのです。

DSCN0618.jpg

何となく燃料系??と思いスロットルバルブあたりをコツコツ叩いたりしましたがダメ。
あきらめて事務所カーで出撃しました。

用事を済ませて昼過ぎに戻り、ボルボのことを考えます。
正月休みの間に泊まりでスキー行くのでそれまでに何とかしないといけません。
スタッドレスを新調したのも、そのためです。
まあ最悪事務所カーで行けばいいのですが、やっぱりボルボで行きたいところ。
で、春にお世話になった滋賀県のボルボ専門店に電話で相談。

店主さんによると
・850のエンジンが止まる原因は燃料ポンプの不具合によることが大半です。
 10万キロくらいで不具合が出ることもよくあるので25万も走っていたらいつ壊れてもおかしくないかもしれません。
・燃料ポンプかどうかを判断するには給油口をあけ、耳を近づけた状態で誰かにセルを回してもらってください。
 ポンプが生きていれば「ウイィーン」と音がします。しなければポンプの不良でしょうね。

ということだったので冬休み中の息子にキーをひねる役をやってもらいました。
結果、給油口からはうんともすんとも聞こえませんでした。
ビンゴ!やっぱり燃料系でした。
さすが20年ボルボばっかりいじってる人はするどいですね。燃ポンが原因ということをすぐにつきとめることができました。

さて、原因が分かったけどこれからどうするか。
滋賀の工場は年内はいっぱいいっぱいで残念ながら対応できないとのこと。
第一持って行くのが大変です。
ということで、元々お世話になっている工場(大阪市内)に電話をいれてJAFのレッカーで持って行く旨を伝えました。

問題はうちのまわりって道が狭いのでレッカーで出せるかどうか・・・・
とりあえずJAFに来てもらいました。これで年会費の元はとれたかな(笑)

DSCN0627.jpg

JAFのお兄さんに症状を伝え、おそらく燃ポンだという工場の診断だということを説明すると「ガソリンタンク叩いてみました?」とおっしゃいます。
そっか、燃ポン叩くという手がありましたね。
JAFのお兄さんは「一回やってみましょう」とのことなので燃ポンの位置を教えました。
タンクを叩くつもりだったので「あ、ポンプを直接たたくんですね」とおっしゃいました。
まあ普通「燃ポンここです」って言う人いないですもんね。

DSCN0628.jpg

850の燃ポンは荷室のマットを取り除いてスペアタイヤとリアシートの間のプレートを外せば出てきます。
まずはキーをオンにしてテスターをあてて、電源が来ているかどうか確認。
okなので私がセルを回し、お兄さんがポンプをコツコツと叩きます。

ブオン!
おお、エンジンかかりました!
これで燃ポンが原因だということが100%確実になりました。
JAFのお兄さん、めちゃくちゃ嬉しそうな顔(笑)
何でもあまりもの道の狭さにレッカーで出す自信がなかったそうです。
自走ででれるようになったのでほっとしたとのこと。
この先いつ止まってもおかしくないので、動いたものの当然交換することにします。

工場に電話をいれ、やっぱり燃ポンが原因なのですぐに手配してもらうようにお願いしました。
日付は12月27日。部品屋さんが出荷してくれるかどうかぎりぎりだそうです。

DSCN0631.jpg

工場に到着すると全国に手配をかけて返事待ちの状態でした。
東京も大阪も在庫無しとのことで微妙な感じ。
返事がでるまで待たせてもらうことにします。
チンクチェントやトライアンフがいて待っていても飽きることがありません。

DSCN0633.jpg

ロータスやヒーレーやら目の保養になります。
しばらく待っていると、名古屋に在庫があって明日の15時便で到着するとのこと。
おーぎりぎり間に合いました。
ついでにポンプリレーも交換してもらうことにしました。
とりあえず部品は何とかなりそうです。
あとは交換時に硬化したホースが割れないことを祈ります(笑)
割れたらそれでおしまい・・・・

それと自分の腰を何とかしないと。
なかなか取れない整体の予約ですが何とか土曜日の昼間に押さえてもらいました。
ほんとはこっそりスキーに行くつもりでしたが、おとなしく腰を治します。
正月のスキーに照準をあわせよっと。

ボルボも私も寄る年波には勝てませんねえ

ハチ北

土曜日スキーに行ってきました。
予報で雨だと分かっていたのでお金と時間をかけて奥美濃までいくのももったいない。
かといってびわ湖バレイでは名物の濃霧の中で面白くない。
では兵庫エリアへ行ってみるかとハチ北にしました。
本当はあまり混雑しない氷ノ山(ひょうのせん)にしたかったのですが積雪状況がまだ良くなくオープン前でした。

DSCN0391.jpg

朝一番に用事を済ませて9時に出発。
ハチ北エリアは和田山周辺で名物の大渋滞があるのですが、先日ついにバイパスが完成。
その利便性を確かめたいと思います。

DSCN0396.jpg

ナビパソコンは新しい地図データですがさすがに先日開通した道は知りません。
到着予定時刻は4時間後の午後1時。渋滞してたら確かに4時間かかることもありますが、すいてたら以前の道でも3時間くらいかな。

DSCN0401.jpg

中国道も舞鶴道もすいていて1時間で春日インターに到着。

DSCN0403.jpg

ここから北近畿豊岡道(無料)です。
高規格国道と言って高速道路並なのに無料。

DSCN0405.jpg

この道が出来た時は喜んだものですが、交通量が増えてしまい下道におりてからの渋滞がひどくなりました。

DSCN0406.jpg

この秋まではここ、和田山までしか無かったのですが20km延伸。

DSCN0409.jpg

延伸部分のほとんどがトンネルです。
いつもの渋滞部分を快適にショートカット。

DSCN0415.jpg

今回は久しぶりにゲレンデ駐車場ではなくふもとの民宿街に車を止めることにします。
ちょっとレトロなゲートをくぐり到着。

DSCN0416.jpg

なんと2時間ちょい。
深夜なら以前も2時間で来たことありましたがそのときは思いっきり飛ばしていました。
今回はゆったりしたペースで運転しても2時間です。
去年来たときも3時間かかったのでやはり大幅な改善となりました。
距離的には奥美濃よりも近いのに時間的に奥美濃と同じくらいかそれ以上かかっていたハチ北エリアですがこれからは選択肢にいれてもよさそうですね。

DSCN0418.jpg

小雨と若干の視界不良ですが、びわこバレイよりはずいぶんましです。
ひろいバーンで早速練習。
今日は最近の教程に入っている「ハイブリッドスキーイング」を取り入れてみます。
なにがハイブリッドだかいまいち分かっていませんが体軸を長くとるというところを意識しました。
おお、快適な速度域があがります。限界値が高くなるのでちょっと恐い。
でも両足が綺麗に板に乗っている感じでコントロールはきちんとできています。
恐いと感じるのは人がたくさんいるバーンでこれ以上スピード出してはいけないなと感じるからで
コントロールうんぬんの恐怖心ではありません。

DSCN0420.jpg

昼はロコモコ食べました。
相変わらず雨は降り続けています。

DSCN0421.jpg

昼過ぎにちょっと視界が良くなりました。
すいているバーンを思いっきり攻めてみます。
楽しい。

DSCN0422.jpg

ハチ北名物の北壁はこの日はまだあいにくのクローズ。
でも山頂からはスカイロードコースで滑ってこれるので山頂まであがってみます。

DSCN0424.jpg

写真には写っていませんが-2度。
あまり冷えていませんね。
さすがに山頂では雨は雪になっていました。

北壁の下のモーグルコースはオープンしていたので何本かアタック。
モーグルのコブってせわしない(苦笑)
エッジングとポジショニングと切り替えとやることが次々にやってきます。
ぜーぜー言って滑りました。
やっぱり体力がついてきてないな。

あとはリフトが止まる4時まで、大回りの練習をしました。
あー疲れた。

DSCN0429.jpg

今回民宿街に車を止めたのはここに来るからでした。
以前はなかった外湯が出来ていたのでひとっぷろ浴びます。
雨で冷えた身体を温泉でゆっくりと温めました。

DSCN0435.jpg

あー気持ちよかった。
これで天気が良ければハチ北も結構使えるかもです。
ただ、本気の練習が出来る斜面が北壁だけというのがちょっと寂しいかな。

DSCN0436.jpg

帰り道、氷ノ山の看板を横目に通ります。
雪が降ったら来てみたいと思います。
帰り道もすいていたのですが4時間半かかりました。
何故かというと途中のSAで1時間半熟睡していたからです(笑)
目が覚めたら真っ暗になっていて自分がどこにいるかわからなかった・・・・

ところで、今シーズンまだ一度も青空の下で滑っていません。
年末年始は恵まれますように。

夜練

一昨年まで夜の練習はびわ湖バレイでしたが23時までの営業は昨年から縮小し週末のみ20時までとなっています。
昔は土曜日オールナイトとかあったのに残念。
20時までのナイターはさすがに行けません。
なので基本は去年と同じく六甲山が夜練の場所となります。
今年はちくさ高原が週末に23時までナイターするらしいので期待していますが積雪がまだ厳しいみたいなのでまだ先のお楽しみになっています。

DSCN0310.jpg

阪神高速神戸線を事務所カーで走ります。
今シーズン初の六甲山。
今年はシーズン券ではなく株主優待券で通うつもり。
六甲山はリフト券の他に入場券も必要ですがナイターは入場券(2500円)のみで利用できます。
株主優待券をチケットショップで買うと700円前後で入場できて滑り放題(ナイターの場合)。

DSCN0311.jpg

あいかわらずの緩斜面ですが練習はできます。

DSCN0313.jpg

ボード30人に対しスキー4人と完全に少数派でしたがスキーの4人はみんなメニューが濃かった(笑)
ひたすらプルークボーゲンを練習している人はたぶん指導員の検定を受けるのでしょうね。
内足ターンばかりしている人もいましたし緩斜面でひたすら小回りを練習している人もいました。
わたしはひたすらポジションの確認。
今シーズンは何回来るのでしょうね。

びわ湖バレイオープン

土曜日、休みをとってゲレンデへ行くことにしました。
先月ナショナルデモにレッスンを受けたとき、まったくもって納得のいかない滑りしか出来なかった私、とにかく基礎練習が必要だと痛感。
地味な基礎練には斜度は必要なく、そこそこの幅の緩斜面でじっくり滑ることが一番重要です。
なので遠くの奥美濃まで足を伸ばす必要はありません。
この日はハチ北のオープン日だったので行こうかなと思いましたが、もっと近場のびわ湖バレイにしました。

例年より早くオープンしたびわ湖バレイの天気予報は雨でしたが、曇っているものの雨は降っていませんでした。
前日、ちと飲み過ぎたので朝はゆっくり出発。でも1時間半あれば到着。
11時半にはゲレンデに立っていました。

DSCN0196.jpg

オープン初日ですが、一部しか滑走できないのと天候不良のため人は少ないです(笑)
低速での練習にうってつけではあります。

DSCN0195.jpg

さて、前回心を開いてくれなかったこの板。
ちゃんと乗りこなせることができるのでしょうか・・・・
先月ウイングヒルズで滑ったときはまったくカービングターンになっていませんでした。
見事なテールコントロール(笑)
小回りなんか完璧にウェーデルンでした。おかしい、何かがおかしい。
この板はターン導入のしやすさが定評なのにトップコントロールできずにテールを流してしまっていました。

今日も取り合えず滑ってみるかと緩斜面をじっくり滑っていろいろと分析。
完全に外足荷重になって、内足をほとんど使っていません。昔の滑り方・・・
ちょっと急斜面に行ってみるかと蓬莱ゲレンデへ移動。

DSCN0199.jpg

ほとんど前が見えないなか、ポジションを確認。
やっぱり内足に乗れていません。
これはまずいな。
本当にこの板をちゃんと乗れるようになるんだろうかと、面白くない気持ちになりながらいろいろと試します。
たぶん今の滑り方だと、今までのサロモンを履いても同じでしょうね。
つまり板うんぬんではなく、自分のフォームが間違っているのだと思います。
カービングの滑りを忘れてしまった・・・

焦ってもしかたありません。
メシでも食って落ち着こうと食堂に行きました。
普段は満員で入れない食堂もガラガラ。
外を眺める席を確保。

DSCN0201.jpg

外は相変わらずの視界不良ですが、雪景色を眺めてしばらく考えていました。
午後は練習メニューで滑ってみることにします。
今日は基礎練。地味にやろう。

DSCN0205.jpg

それにしてもがら空きです。
カツカレーを食べてゆっくりと練習メニューを記憶の中からひっぱりだします。
上体をフリーにして体重移動をもっと自由にするため、ストック無しで滑ってみることにしました。

緩斜面をストック持たずにゆっくりと滑走。
昨シーズンに揖斐高原の副校長や先月デモンストレーターに教わったことを思い出しながら身体を動かします。

キュイン、キュインと少しずつ切れのある滑りに。
お!キター!!
カービングの感覚です。
よしよしと思いながら再びリフトへ。

DSCN0212.jpg

緩斜面を何度も繰り返し滑ります。
内足先行の感覚も取り戻してきて、ターン時の加速が良い感じに。
内足のみのターンなど色々と試します。
どんどん滑走速度のアベレージが上がっていきました。
分かってきたところでストックを持ち直し、急斜面へ。

相変わらずの濃霧の中を滑り出したとき・・・・・

なんじゃ!こりゃ!!

ギュインギュイン曲がります。
板のサイドカーブに沿って曲がっていくのが自分でも良くわかります。
おお~!気持ちいい!!!
小回り入れてみると声を出して笑いそうになるくらいにクルンクルンと曲がります。
あーやっとトップコントロールの感覚を取り戻しました。
というか、この板確かにターン導入時の動きが抜群です。
蓬莱ゲレンデは濃霧で危険なので自制のためちょっと休憩。

DSCN0214.jpg

エランのアンフィビオ、良いです。
やっと心を開いてくれました。
メタルが2枚入っていて持つとずっしりと重いのですが小回りでもそれを感じさせない取り回しの良さ。

DSCN0215.jpg

ちなみにストックは中2の時(1984年)から使っているケルマです。
物持ちいいなあ(笑)
腕輪部分は牛革ですよ。
1984年と2012年のマテリアルを使っています。

霧がさらに濃くなってきたので、この後はひたすら緩斜面で練習していました。
止まりそうな緩斜面でも切れるターンが出来るように練習。

DSCN0217.jpg

結局真っ暗になってリフトが止まる17時までひたすら低速ターンしていました。
やっぱり基礎練習は緩斜面に限ります。
急斜面ではごまかして滑ってしまいますが、緩斜面だと自分にウソをつけません。
今の課題は左ターンの際の左足。つまり内足の先行動作がかなり意識しないと出来ないということ。
これが無意識に出来るようにならないと急斜面の小回りで遅れてしまうと思います。

しかし、この板は素晴らしい。
天気の良い日にだだっ広い急斜面を死ぬ気で大回りしたら気持ち良いだろうなあと思います。
死ぬ気にならんでもいいけど(笑)
もっと攻めたくなる板でした。

翌日は家でくたばってました。
緩斜面でも一日もたないな。
夜はやたらと餃子が食べたくなったので120個ほど包みました。

DSCN0232.jpg

これはその半分くらい。
あとは焼きながら、食べながら包みました。
ビールにあいます。
満足したらDVDでデモンストレーターの良いイメージを目に焼き付けました。

今シーズンもそろそろ本格始動です。

冬支度の続き

ボルボ850の冬支度続編です。

雪道ではトルクが強いと発進時に滑ってしまうのは皆さんご存じの通りです。
マニュアルミッションだと2速発進したりしますがボルボのATにもそういうモードがあります。
ただしうちのボルボはスイッチの押す部分が壊れて無くなっています。
オートマモードセレクタスイッチといいますが、アッシー交換するにはセンターコンソールをばらす必要があり結構めんどくさい。
今シーズンは雪道を登る機会が多いので直さなくてはと重い腰を上げました。
でも欠品しているボタン部分を付ければいいだけなので部品取りのセレクタスイッチをさらに分解。

DSCN0191.jpg

ボタンを壊さないようにニッパーとカッターを駆使してようやく生け捕り。

DSCN0193.jpg

結構手間取りました。
あとははめるだけ。

DSCN0223.jpg

おー、何年も無かったモノが付くと嬉しいものです。
スイッチを押せばウインターモードに切り替わりました。

スタッドレスもようやくタイヤ屋さんへ持ち込みホイルに組み込んでもらいました。

DSCN0227.jpg

以前は鉄のホイールでしたが、ようやくアルミになりました。
ボルボ850純正ですが、ターボ用の16インチではなくNA用の15インチです。

DSCN0224.jpg

新品同様なのに格安で手に入れました。15インチの方がタイヤも安く手に入るので良かったです。
スタッドレスはミシュラン、ブリヂストン、ヨコハマと今まで使ったことがありますがやっぱりブリヂストンが一番良い印象なので今回もブリザックにしました。
チェーンも積んでるしこれでいつでも雪山へ行けます。
あ、砂を詰めたペットボトルも積んでおけば完璧ですね。
早朝の雪山、アイスバーンで前走車がスタックしてこちらも停車を余儀なくされたとき、FFだとスタッドレスだけでは再発進出来ないことがよくあります。
そんなとき、砂をまけば結構な確立で脱出できます。
1月は割と雪道を走ることになりそう。
頑張って年末まで乗り切りたいと思います。

冬はボルボ

あまり車に乗らない私です。
年間の走行距離はスバルとボルボが2000KMずつ、そしてママチャリも同じく2000KMくらい(笑)
あとは事務所の車に乗ってます。
でも昨シーズンからスキー生活を復活させたのでボルボの距離は延びそうですね。

ボルボ850はロングドライブで力を発揮します。
シートが疲れないのが助かります。
欲を言えばAWD(4WD)だとなお良かったのですが、850のAWDって日本ではほとんど存在しません。
私自身一度も遭遇したことありませんが、AWDの設定があるのでドライブシャフト用の大きなセンタートンネルがシャーシを貫いています。
なので後席真ん中は座りづらい。
マイナーチェンジしたV70ならAWDもあるので850がどうしようもなく壊れたらV70RAWDが乗り換え候補になりそうですね。
後ろから見たら850だかV70だかぱっと見分かりません(笑)

さて、先日地図データを更新したボルボのナビパソコンですが新しい地図はやっぱり良い。

DSCN0051.jpg

南阪奈もちゃんと表示されてます。
分岐点で表示される詳細画面も新しい情報を表示しています。
かえて良かった。

キーレスエントリーのリモコンの動作も怪しくなってきたのでばらしてみました。

DSCN0172.jpg

アンロックは正常動作しますがロックは動作したりしなかったり。
おそらくスイッチかなと思って見てみるとやはりロック側のスイッチがグリスで固着していました。
綿棒にアルコールを付けて余分なグリスを除去。
正常に動作するようになりました。

ルーフテント(マジョリーナ)はスキーの道中や前泊に活用したいところ。
今でもそれなりに断熱してますがさらに快適仕様にするためにごそごそしました。

DSCN0165.jpg

まずは中のものをすべて取り出してマットも外します。

DSCN0164.jpg

FRPの床が出てきました。
この上に厚手のアルミ蒸着マットを設置。
DSCN0167.jpg

かなり厚みのあるタイプです。
マジョリーナ附属のマットレスを元に戻しました。

DSCN0168.jpg

クッション性は高く保温性もばっちりのマットレス。
寝袋はダブルサイズがちょうどのスペースです。

DSCN0169.jpg

コールマンのダブルサイズの封筒型寝袋の中に、小学生の時から使っている冬季用寝袋をさらにイン(笑)
大阪に昔からある登山専門店「ロッジ」のオリジナル商品です。
これで厳冬期の志賀高原で夏用のバンガローに泊まったりしました。
物持ちの良いワタクシです。

DSCN0170.jpg

さらに熱が逃げるのを防ぐ、ニット帽、ネックウォーマー、手袋とパーキングで気持ちよく眠るための耳栓とアイマスク、それらをまとめる袋を用意しました。
あと、室内履きがいりますね。

DSCN0171.jpg

これは前からこのルーフテントで使っている折り畳みの机。
前泊の時に熱燗飲んだり鍋であったまったりするのに使います。
ハイシーズンが待ち遠しい。

オカメインコの防寒

オカメインコはまだ1歳を迎えていないので初めての冬です。
まだ身体ができあがっていないのでちょっと気を抜くとすぐに風邪をひくだろうしほっておけば簡単に肺炎になりそうです。
(今のところいたって元気ですが)
40Wのヒーターを入れていますが寒波がくるにつれて力不足になってきました。
透明シートでケージをくるんでみましたがケージの中からシートをカジカジしてしまいます。
市販のアクリルケースは3万円とか強烈なお値段。

さて、どうしたものかと100円ショップをうろつきました。
で、良いもの見つけました。

DSCN0173.jpg

こいつをタイバンドで連結してケージを囲み、それを透明シートでくるんでケージの中からシートに届かないようにします。

DSCN0093.jpg

おお、リーズナブルにできました(笑)
夏場はばらしてコンパクトに収納出来ます。
シートは前回使った厚み0.3ミリは少し頼りなかったので0.5ミリに変更。

DSCN0096.jpg

クリップで留めて簡単施工でした。
前面は垂らしてあるだけなので世話をするときは上にまくりあげればOK。

DSCN0100.jpg

ヒーターは100Wに変更しましたが、やけどするといけないので餅アミを曲げ加工してカバーにしました。
これで安心。
さらに適温を維持するようにサーモスタットを導入。

DSCN0085.jpg

ぴたっと設定温度をキープしてくれます。
暑すぎず寒くもなく、こちらとしても安心して留守番させられます。

DSCN0101.jpg

快適のようです(笑)

気がつけば愛知県

おや、目の前にスバルがいっぱい

DSCN0159.jpg

どれどれ

DSCN0160.jpg

おお、たくさんいます。

実は「D」さんとこの忘年会にちょろっと顔を出してきました。
この日は参加出来なかったのですが仕事終わってから名神すっとばして行きました。
愛知県の一番西寄りの宿でした。
久しぶりに顔をあわせてだべって楽しかったです。

スキーに行くようになると距離感おかしくなりますね。
現地滞在2時間ちょいですが往復4時間半かけても平気でした。

冬はヒッチキャリアを外します

なんだか忙しい毎日が続いています。
年末ですもんね。
昨日や一昨日、何してたっけ?という状態が続いています。
そんな合間にボルボの冬支度。

ヒッチキャリアは冬の間、外しています。
雪道の上り道、再発進を失敗しずるずると後ろに滑り落ちたら後続の車に大きなダメージを与えてしまうので。

s-DSCN0079.jpg

脱着そのものは簡単です。
ですが一応ピンだけではなく振れ止めの金物や鍵を装着しているので一つ一つ外します。
たいした作業ではありません。

s-DSCN0080.jpg

あとは抜くだけという状態になりましたが、浮いているサビを落として部分的に塗装しておきます。

s-DSCN0081.jpg

錆はなくなってとても綺麗になりました。
ついでに全体的に塗装して乾燥。
このあと保管場所に移動しておきました。

ボルボの荷室も整理。
雪道グッズ(タイヤチェーン、スコップ、スタック時に使う布切れ、予備バッテリー)を荷室左側に寄せて固定。

s-DSCN0082.jpg

掃除機かけて綺麗になりました。
ところでナビパソコンの地図は10年以上前のデータです。
第二京阪、新名神、北近畿豊岡道、京奈和、南阪奈、阪和道の延伸部分など普段使う道路でかなりの部分が欠落しています。
東海北陸も全通していないし、伊勢湾岸道は全く存在しません。
そろそろデータを更新するかとナビ研のデータをヤフオクで手に入れました。

s-DSCN0121.jpg

2011年版です。
こいつをナビパソコンのNavin'you5.5で使うにはそれなりの儀式が必要ですがちゃんと認識しました。
おおー第二京阪を使えるようになったのは強みです。
コンビニやガソリンスタンドの情報も最新になりました。

あとはスタッドレスへの交換ですね。
タイヤもホイールも手に入れているのですがタイヤ屋さんにホイールへのタイヤ装着をしてもらわなくてはなりません。
なかなか持っていく時間がない・・・
今シーズンは降雪が例年よりかなり早いので早くしないといけませんね。

知り合いの方が太刀魚を釣って持ってきてくれました。
釣ってすぐに絞めているから刺身にするといいとのこと。
太刀魚なんてさばいたことありません。
ネットでタチウオをさばいている動画を見てイメージトレーニング。
包丁を研いて一気にさばきました。

s-DSCN0078.jpg

ちょっと背骨周辺に身が残ったけど(笑)、意外と簡単に三枚におろせました。
このあと刺身とタタキにしました。
熱燗ちびちびやりながら食べるとたまらんかったです。
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。