スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週のとある昼間

P1110228.jpg

仕事で打ち合わせに行く時スバルに乗っていました。
長袖に長ズボンを着用で窓は閉め切って・・・・

P1110229.jpg

そっか。
長ズボンなら「ひざが冷える」なんてことは無いわけです。
今さら気づきました・・・
それにしても強烈なエンブレ状態(笑)
2速でしっかりひっぱらないと3速で負けそうになります。
スポンサーサイト

折りたたみ自転車

ずーっと欲しいと思いながらも実用的でないために手を出さなかった分野。
それが折りたたみ自転車です。
かれこれ20年近く手を出すかどうか迷っていました。

折りたたみバイクは持っています。
これで電車を利用したときに痛烈に思ったのが「重さ」の問題。
あまり重いと携帯性という利便さに矛盾が生じます。

ブロンプトンやダホンなど気にはなっていましたが基本的に折りたたみ自転車の重量は10~13キロ程度と駅での乗り換え時などにかなり苦労しそう。
車で運ぶならいいのですが、うちの車はママチャリも難なく運べるので折りたたみの優位性を引き出すのはやはり電車での利用。

パナソニックから7キロ前後の折りたたみが出たときは話題になりましたが確か当時で26万程度、今はグレードによって22~29万円とお話にならない値段です。
ところが数年前、日本と英国から興味深い自転車が登場しました。

日本からは、あの名機YS-11の技術者という白井健次さんが設計したその名もYS-11という自転車。

img_ys-11.jpg

070603ys11-00.jpg

http://www.eco4u.jp/ys-11/index.html

7kg台で5万6千円から10万弱と現実的な価格。

そして英国からはユニークな貴族、シンクレア卿の発明したA-BIKE。
卿は世界初の小型電卓が有名ですね。

PRODPIC-1432.jpg

私は80年代のパソコン、ZX-81の方を思い出してしまいますがこれがその自転車です。

clive20sinclair20a-bike.jpg

電卓も自転車も同じシンクレア卿が一緒に写っています。
年齢に関係なくこんなものを開発する姿は見習いたいものです。

重量はなんと5.7kg。
かなりの数の偽物が流通しましたが本物でさえぎりぎりの強度なのに偽物はやはり身体を預けるにはちょっと....
その後改良が重ねられて現在はタイヤ径が6インチから8インチにアップ。
但し重量も5.7kgから6.8kgに大幅にアップ。
これはいただけないなあと眺めていました。
一ヶ月ほど前、ヤフオクで新品同様の初期型を安値でゲット。
6年ほど前のものなのでチューブが死んでいました。

2週間ほどはそのままのチューブで乗れましたが、ある日パスンと空気が抜けて終了。
早速手配して交換にチャレンジ。

120913a.jpg

ネットで手順を調べて作業開始。
外すのはそんなに難しくありません。

120913b.jpg

6インチのタイヤが大きく見えるくらいに小さなリアスプロケットと細いチェーン。

120913c.jpg

小径タイヤは手こずりますが、外すのは比較的簡単でした。

120913d.jpg

バルブの根本が傷んでいました。
A-BIKEの持病です。
問題はタイヤをはめることでした。
1時間以上すったもんだ。
タイヤレバーなど使っていましたが、最後は工具は使わずに石けん水をたっぷり塗って足の指で押さえつつ両手ではめるとスルッとはまりました。
コツがわかったので次回はもう少しスムーズにいけるとおもいます。

120913e.jpg

90PSIと脅威の高圧タイヤ。
ゲージで測定しながら規定の圧力まで入れました。
早速出張のおともに新幹線へ乗車。
5.7kgのアドバンテージは申し分ありません。
A-BIKEを初めて輪行しましたが携帯性、組み立ての簡便さ共に文句なしです。
ただし実際道路を走るときは結構慣れが必要でこいつを自転車と思ってはいけません。
でも4~5キロ走るのにはとても便利なアイテムだと思いました。

120913f.jpg

電車で移動して観光地をこれでまわるなんて使い方が真骨頂。

120913g.jpg

出張先からさらに足を伸ばして観光しましたが、街道裏の旧家めぐりに威力を発揮しました。

120913h.jpg

こんな電話番号をお持ちとは、当時の権利金も相当高額だったと思います。
局番無しの3桁ですもんね。

120913i.jpg

ここの建物も立派でした。
胃腸科の診療所だそうです。
とにかく携帯性抜群のA-BIKE。
そのぶん安定性や剛性が思い切って削がれていますが、それを補ってあまりある携帯性。
TPOに合わせて活用出来そうです。

クーラーベルト

先日のしんじさんにモチベーションをもらい(笑)、自分のスバルもちょっといじりました。

120909a.jpg

スバルとススキ。
秋ですねえ。

120909a2.jpg

Dスペ工具箱。
今回、ベルトの種類をちょっと変更します。

120909b.jpg

これが以前使っていたM型。

120909c.jpg

今回用意したのはA型。
同じ形状ですがAの方が太くてクランクプーリーとの接触面積を稼げます。
コンプレッサ側はMがジャストフィットなのでMを使っていましたがAも試してみます。

120909d.jpg

まあ問題ないかな。

120909e.jpg

エンジンかけると煙幕攻撃がひどくて両隣とお向かいの3軒が窓や玄関扉をいっせいに閉めたのでエンジン切りました....
スミマセン。
テストはまた後日にします。

スキーシーズンに向けて

今年ももう9月。
全日本スキー連盟(SAJ)の会員継続は先月済ませました。
いよいよ2012-2013シーズンがスタートしました。
で、今シーズンの具体的な目標を掲げたいと思います。

それはテクニカルプライズの受検。
いや、いきなり合格は目標にしませんがちゃんと検定を受けるレベルになるというのが目標です。
級別テストとは次元の違うプライズテスト、しっかり身体を作っておかないと大怪我します。
不整地大回りなんか「アホちゃうか」という速度でコブ斜面に突っ込んでいきますから(笑)

そのためにランニングと筋トレで持久力と瞬発力を高めておかないといけません。
自宅のすぐ近くにできたコナミスポーツを見学してきましたが「これはちょっと違うなあ」という自分のイメージ。
スイミングはとてもいい運動になるので良いのですがランニングマシーンなどのジムのマシンがどうも性に合わない。

で、せっかく大阪城から2キロちょいのところに住んでいるので走りこみはそちらですることにしました。
仕事が終わってから事務所を出るときに着替えて自宅に荷物を置き、ママチャリでダッシュ。
真夏と違って夜は走りやすくなりました。
大阪城まで8分で行けます。

120908a.jpg

噴水の廻りにあるベンチをベース基地にして自転車を置いてからストレッチ。
11月の大阪マラソンに向けてかどうか知りませんが夜の10時をまわっても結構な数のランナーがいます。

120908b.jpg

大阪城一周ジョギングコース。
最初は1キロ半でぜーぜー言ってました(笑)
でも身体は慣れてくるもので1週間もたたないうちに4.5キロのコースを一周するようになりました。
他の皆さんは何周もしているようですが、私はまだ無理しません。というかそんなに走れない(笑)

120908c.jpg

でも秋虫の声に包まれながらライトアップされた大阪城を眺めて走るのは悪くありません。
空調の効いた密室でずらっと一列にならんだルームランナーを踏みしめるよりは、自分はよっぽど気持ちいいです。
ランニングで持久力のトレーニングを終えた後はここで筋トレ。

120908d.jpg

大またで駆け上がるのではなく小走りで上っていき、くだりは反復横とびの様にサイドステップを踏みながら一段ずつおります。
スキーの小回り系のトレーニングです。
これを何本かしてヘロヘロになってからママチャリでクールダウンしながら帰り、風呂上りにストレッチをするのが日課になっています。

大阪城まで往復20分、一周するのに20分、石段ダッシュと休憩を合計すると大体1時間。
おかげで夜はぐっすり眠っています。

忙しいけど

今年は年明けからずっと忙しいのですが、盆明けからまた一段と・・・・といった感じです。
とはいえ、息抜きもしっかりしています。
先日tetsu君に誘われてドイツビールを堪能してきました。

120907a.jpg

こんなイベント知らなかった。
ドイツのいろんな銘柄の生ビールが楽しめます。
この夏、一度もビアガーデンとか行かなかったので外でジョッキを抱えて満足。

120907b.jpg

終了まで1時間弱というころに駆けつけましたがそれなりに楽しみます。

120907c.jpg

みなさん結構出来上がってます。

学生のころ、アイルランドまでギネスを飲みに行ったくらい黒ビール好きな私、次はこれをいきました。

120907d.jpg

東ドイツの醸造所だそうです。
黒ビールの味わいを楽しみながらのどごしは結構切れ味のあるビールでした。

あー楽しかった。
たまにはこういう気分転換もいいものです。

次は天王寺でやるらしいので、また行こうかな(笑)

換羽中

オカメインコのアイスは換羽中。
雛の羽から次第に大人の羽へ生え変わりつつあります。
体力の消耗も大きいそうですが、よく食べているので体重はキープしています。

120906a.jpg

カキカキを要求。
すっかりなついてくれました。

家にいるときもケージばかりではつまらないだろうとバードジムを自作してみました。

120906b.jpg

夏場は100円ショップの工作コーナーの品揃えが豊富です。
夏休みの宿題用なのでしょうね。
材料代は500円。30分で作りました。
そのうちバリエーションを増やすかも知れませんがとりあえず試作第一号。
バードジムって買えば結構しますので作ったほうが壊れても許せます。

すぐに慣れて階段を上り下りしたりかじったりしていました。

こちらも放鳥時の遊び場。

120906c.jpg

これは市販のブランコです。
鐘の中が気になるようでずっとカチカチ鳴らしていました。

事務所にも連れて行っていますが、一人きりになったときはたまに放し飼いにしています。
あちこちうろうろしますがすぐに私のそばによってきて気がつけばいすの下でじっと見上げています。

120906d.jpg

気をつけないと踏んでしまいそう。

120906e.jpg

なので机の横にブランコを吊って居場所を確保。

120906f.jpg

やっぱり鐘で遊んでいます。
換羽が始まって少し羽がまだら模様。
新しい羽は少しグレーが濃くて黒っぽい。
顔の色が黄色くなればオス、そうでなければメスなのですが今のところはまだ判断できる状態ではありません。

スバルネタ

久しぶりのスバルネタ。

でも自分のスバルではありません。
クーラー装着作業中のしんじさんのです。
先月、仕事帰りに見学させてもらいました。

P1110017.jpg

誰もが悩むコンプレッサーブラケット。
ヤフオクでゲットしたそうですがなかなかの出来映えです。
そして副変速化しているしんじさんはクラッチカバーとの取り合いに苦労したそうですがすでにクリア済み。

P1110019.jpg

おお~、良くできています。
厚みもあって頑丈そう。

P1110021.jpg

スリット付きボンネットを生かしたレイアウト。
水冷化も視野にいれた作業。

このあとずいぶんだべりました。
うちのスバルは今年はクーラー稼働していません。
ベルトすらかけていない・・・・
何故かというと昼間にクーラーかけるとフロントガラスに接近している上半身は暑くてクーラーの冷風があたる左ひざだけが異様に冷たくなるからです(笑)
電車でも弱冷房車で寒いと思うクーラー苦手な私には苦行そのもの。
でもしんじさんとしゃべるうちに、ダクトで顔を冷やすように持って行けば快適になるかもという結論にいたりました。
それは確かにそうですね。
ちょっと本気で考えようと思います。
風量がダクトの損失に負けるようなら中間ファンをつけるのも有りですね。
これはちょっと楽しくなってきました。
巨大ナビとのせめぎ合いになりそうですがレイアウトを考えてみたいと思います。
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。