スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物欲全開モード突入

暑さが戻ってきました。
午前中は用事をしていましたが昼過ぎ帰宅。
今日は庭でまったりカフェタイムを過ごしたいと思います。

P1130491.jpg

午後は日陰になるし、そよ風も吹いているので家の中にいるよりもよっぽど涼しいです。
今、物欲全開になっているのは一眼レフのデジタルカメラ。
「いつかは」と思いつつも、まだまだ発展途上だったこのジャンル。
なかなか手を出せずにいました。

フィルムカメラは小学生の時に中古で買って以来、ずっとPENTAXの道を歩んできました。
今手元に残っている2機種です。

P1130493.jpg

左がその小学生の時に買ったSV。
当時天文少年だった私は天体写真を始めるために小遣い貯めて、大阪駅前ビルの中古カメラ屋にて買ったものです。
当時で10500円なり。
同じSVが2台並んでいて13000円と10500円の値段がついていました。
その二つを眺め倒してどちらにするか相当の時間悩んでいたのを覚えています(笑)
結局、店の主人に違いを聞いてみるとボディに小さな傷があるかどうかということだったので写りに影響ないならと安い方にしました。
当時はPENTAXもKマウントに移行しつつあるころで昔ながらのSマウントは中古市場も値段が下がっていた頃だと思います。

SVは名器SPの廉価版で、露出計は内蔵されていませんが天体写真には関係ないし父親に露出計を借りることもできたので割り切ってSVにしました。
廉価版と言えど、このSVでさえ当時の大学初任給の2倍以上の値段でした。
今なら35万円前後と言った程度でしょうか。それだけコストをかけたこの時代のカメラはさすがに丈夫です。

P1130495.jpg

露出計も内蔵していないタイプなので電気系のトラブルも無縁で未だに現役。
セルフタイマーも問題なく動作します。
さすがにスローシャッターに不具合が出ていますがいつかは自分でOHしたいと思っています。

レンズキャップも丁寧な作り。
露出計も現役です。

P1130497.jpg

今、メインで使っているのはこのMZ-3。

P1130496.jpg

まあ使ってて可もなく不可もなくといった印象でしょうか。
オートフォーカスはちょっといらいらするのでマニュアルで使いたいところですがフォーカスリングが細くてマニュアルでの使用を前提としていない設計です。
横にある古いレンズはSuperAの頃から使っている70-200のズームです。
オートフォーカス未対応だし、重いし、長いしとあまり良い印象ではありませんが使い続けて25年以上たちます。
このMZ-3とズームレンズは父親に借りっぱなしのものですが、向こうはニコンの一眼レフデジカメに乗り換えたようなのでこのまま預かっておきます(笑)

SV→SuperA→SFX→MZ-3とペンタックス街道を歩んできました。

ちなみにSuperAはこういうのです。

peb0034.jpg

コンパクトで軽くて丈夫でPENTAXらしさにあふれるものでした。
今はどこかの引き出しで眠っているはずです(笑)
今度掘り出してみようかな。
単焦点の広角レンズと共に持ち出して町並みを撮影すると楽しいと思います。

次のSFXはこんなのです。

peb0044.jpg

初めて経験したオートフォーカス機ですが、重いし、かさばるし、フォーカスはなかなか合わないし、リチウム電池は異様に高いし、プラスチックボディは割れるしとあまりいい印象はありませんでした。
最後はヨーロッパをうろうろしている時ロンドンの霧雨に濡れておシャカになってしまいました・・・・
1ヶ月の予定の旅のしょっぱなでカメラが壊れてかなりショックでしたが、気を取り直してロンドンのカメラ店で中古のコンパクトカメラを4000円で買ってなんとかしのぎました。
どうせなら向こうでローライでも買えば良かったかな・・・・

一眼レフのデジカメは以前から指をくわえて眺めておりましたが、機能的にようやく熟成の域に達してきたのでそろそろ手を出そうかなと思った次第です。
そう思い始めると無性にほしくなるタチですが、いざとなるとどこのメーカーにするか、どの機種にするかを自分で決めて行かなくてはなりません。

今までPENTAXでしたが互換レンズも汎用ズームが一本あるだけなのでこだわる必要はありません。
実は「いつかはニコン」と憧れていた時期がありました。
なぜかというとF2への強烈なあこがれが当時からあり、おそれおおくて未だにF2に手を出せない自分がいます。
なんでしょうね、あのF2のオーラ。
いつかはF2持ちたいです。

nikon_f2.jpg

でも今はあまりニコン製品にオーラを感じていないのでとりたててニコンに行きたいという気持ちもわいてきません。
CANONはなぜかどういう思いも沸かず、オリンパスはちょっと気になりますがPENTAXからわざわざ乗り換えるという気にもなれません。

で、やっぱりPENTAXかとなるわけですが、少し前まではPENTAXの一眼レフデジカメは評判があまり良くありませんでした。
自分自身SFXの苦い思い出がよみがえるようなコメントを読んだりしてデジカメはCANONの定評がやはり上かなと思っていましたが、PENTAXもK-7の登場でようやくPENTAXらしさを取り戻した様です。
さらに熟成を進めたK-5の関連記事を読んでいるとどうしても欲しくなりました。
この「どうしても欲しくなる」というのが私の場合重要で、どうしても欲しいものじゃなければ手を出さないようにしています。

K-5は結構暗いところでも使える様ですし、何より純正のセットもののレンズだと防滴仕様となります。
割と雑な使い方が多い私には必要な仕様です。これでロンドンの霧雨も怖くない・・・・

軽量コンパクトで丈夫、そして深い描写力、PENTAXらしさを取り戻したという噂ははたしてそうなのかどうか、今からわくわくどきどきです。
スポンサーサイト

マクド(関西風表現)

マクドに通ってます。
この3週間、週に4日はここで作業。

P1130297.jpg

ハンバーガーは全種類制覇する勢いですが、マックランチが提供される21時ぎりぎりに入った時はその時々の390円セットにしています。
ビッグマックやマックスターのセットが390円とはなんとお得な・・・・
しかもコーラLサイズが100だったり、ポテトLサイズが150円だったりあの手この手で悪魔のささやきが。
おかげで3週間で4キロ太りました(笑)

何をしているかというと、ツーリングビデオの制作です。
4分前後と2分前後、30秒ものと6本くらいの作品を作っていますが、テーマを一つ決めて全体で一本の芯が通ったものにしたいと思っています。
だいたい21~22時に入って2~3時間作業というパターンで集中して作業しています。
なんだか資格試験の勉強しているときを思い出します。

もうほとんどできあがりつつありますが、一番手間がかかったのが素材作りとその素材を使えるように加工することでした。
曲の選定と静止画、動画の取捨選択にどうしても時間がかかります。
BGMも5曲の内、2曲は加工して長さを変更しました。

坂本龍一&渡辺香津美の曲とU2の曲を加工したのですが、原曲の世界観を崩さずに長さをカットするのに神経使いました。
本来はカットすべきではないのですが、静止画のみで5分はだらけてしまうので静止画しかないツーリングはどうしても長さの調整が必要でした。
でもたぶんどこをどうしたのかわからない様に加工できたと思います。

手持ちの音声加工ソフトはこれまたWindows7非対応だったので新しく導入しました。

P1130296.jpg

こんなのがフリーウェアです。
凄いですね。
しかもマクドナルド店内で無線LANにてダウンロードしました。
客観的に考えるとすごい世の中になったものだと思いました。

一度は完成したものの納得いかなくて作り直しているものもありますが、あと一息で完成です。
試用版で使っているPremierElementsもずいぶんわかってきました。
もう6.0には戻れません(笑)
10年前のバージョンですからね。ずいぶん使い勝手が良くなっています。
あともうしばらくマクドナルドに通います。
店員さんのシフトもわかるようになってきました(笑)
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。