スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oldtimer発売

P1110248.jpg
昨日発売のOldtimerにスバルの記事を掲載していただきました。
取材当日のことを振り返ってみたいと思います。


3月のあたまにオールドタイマー編集部、五十嵐(重)さんからメールがありました。

「毎年6月発売号に掲載しているクーラー特集を今年は4月に掲載したいと思います、つきましては3月中に取材させていただけないでしょうか。」とのことでした。

もちろん、喜んで受けることにしました。
日程調整して3月21日の祝日に設定。

さて、それまでに中と半端な作業を仕上げなくてはなりません。
まずはクーラーをつけてちゃんと走行できる状態になっていないと話になりません。
暖かくなった日に昼間クーラーをつけてテストラン、クーラーが効き始めると冷媒の圧力が上がりコンプレッサーの負荷が高まります。
アクセル踏んでいる間はいいのですがアクセルをオフにするとアイドルできずにあえなくストール。
エアコンスイッチに手を伸ばし回転が低い間はスイッチを切り、回転が上がってからスイッチを入れると走行に支障ありません。
つまり手動アイドルカットです。
ということはアイドルカットリレーをとりつければいいわけです。

旧車は当時の設定でアイドルカットリレーがありました。
ですがこのリレーはまれに電装屋の棚に転がっているのを発掘できる程度で現在ほぼ入手不可です。
クーラー装着車もリレーが不調なためにクーラーの作動を断念している車両もあると聞きます。
ところがそんなものを今時の技術で作製&販売しているところがあるのですね。
中央電子設計さんで入手可能です。
以前の日記にも書きましたがチェンジマンデジタルという製品です。
取材までにこれを取り付けて動作させることを目標にし、すぐさま手配。

手元に届き、サイトで配線図をチェック、リアエンジンなので信号線と電源ラインがクーラーとエンジンルームをいったりきたりしなくてはなりません。
まずは仮の配線でテストしておきべきです。ワニ口クリップでアースをつなぎテストしてみました。
エンジンの回転が上がってからコンプレッサーのクラッチが作動、オッケーです。
取材の日まであと何日もありませんが、この週は仕事がかなり忙しく残業後の作業は断念。
疲れているのに暗い中配線をおいかけて間違う恐れもあるので、ほかの作業を優先させました。

汚れたシートカバーの取り替えやフロアマットを製作&交換、洗車などしました。
ワックスがけまでしたかったのですが時間切れ。

前日は子供の発表会でリハーサルなどを含め、一日拘束されます。
で、早朝にアイドルカットリレーの配線をしました。だいたいのところで時間切れ。
一応配線はコンプレッサーのみカットリレーをかましてコンデンサのファンはカットしないようにしました。
アイドリング中も冷媒を冷却して起きたからですがそのために別々の配線をリアまで引っ張る必要があります。
赤と黒のダブル線をリアまでもっていきました。


さて、取材当日です。
天気予報通り昨日から雨が降り続いています。
 
配線の残りをやっつけて、スバルの上にタープを張ることにしました。
雨の作業に使っていた折りたたみ式のワンタッチタープは以前キャンプ場で強風で大破したのでもっと前から使っているウイングタープを使いました。
庭のあちこちにペグを打ちながら設営していると五十嵐さんが到着。
いろいろとお話をしながらスバルをみていただきました。

一旦家に入り以前使っていたCDIや最近作ったPWKアダプタなどをお見せしました。
もちろんクーラーに関してもいろいろとお話をしました。
部品の作製や外注したときの図面や依頼書をお見せし昼食後、またスバルのそばでいろいろとお話。
話をしながらやっつけ仕事の配線を処理していきます。
カットリレーのテストもオッケーでした。

ついでにMSDのタコアダプターもつけてみましたがタコは動作せず。
そもそもこのタコメーターは動作品かどうかも怪しいシロモノです、後日ゆっくりと検証することにします。
社内を片づけてリアシートも取り付けました。久しぶりにすっきりした車内。
雨も上がってきたのでタープを撤収。

夕方、いよいよテストランをすることになりました。はたしてアイドルカットリレーは効果あるのでしょうか。
幹線道路に出てからもしばらくはクーラーオフで走行。
スバルの気持ち良い加速を楽しみます。
そしていよいよクーラーオン。
ちゃんとアイドリングしています。加速するとリレーが働きクーラーが作動。
一瞬パワーを食われた感じになりますがそのままアクセルを踏み込むとしっかり加速。
二人乗車ですが大丈夫です。満載してた荷物下してるし
回転の低い、トルクの細いところはさすがにパワー食われてるなあと実感します。ほんとに何かを牽引してる感じ

それでも普通に交通の流れには乗っているし追い越しもできるのでまあ合格かなと思います。
それにしてもまだ冷え込みの残るお彼岸のこの日、クーラーかけると寒くてし方ありませんでした。
途中で切らないといけないくらいでした。
一旦停車して撮影をし、再度クーラーをかけながら戻りました。
右折でもカットリレーのおかげで不安なく走れます。
取材当日がテストランという綱渡りでしたがうまくいってほっとしました。

発売されたOldtimer誌を手にしドキドキしながら読みました。
ひょっとして3ページくらいかなと思っていましたが5ページの中にぎっしりと詰め込んでいただきました。
エンジンのR2SS化とクーラー計画の良い記念になりました。
素直に嬉しいです。

不思議なことに、個人的に都合の悪い部分(笑)が薄れていきます・・・・・・
P1110250.jpg

見る見るうちに消えてしまいました!?
綺麗さっぱりです。

P1110252.jpg

不思議なことがあるもんですねえ(笑)
スポンサーサイト

久しぶりのJAF

先日、ママチャリで淀屋橋の審査期間へ書類を届けに行ってました。
帰りに道修町(どしょうまち)を通ると路地の奥にいい感じの神社が・・・・

P1110179.jpg

道修町が薬の街とは知っていましたがそこに薬の神様がいるのはあまり分かってませんでした。
そういや何年か前の朝日新聞に道修町に本社を置く製薬会社が東京に移転して製薬会社が少なくなったという記事がありましたがそこにこの神社の話もあったかもしれません。

P1110177.jpg

路地に入ると小さな敷地にいっぱいいっぱいの本殿が建っています。
まつられているのは少彦名(すくなひこな)という神ですが確か和歌山の加太神社もそうだったよなと帰ってから調べてみるとやっぱりそうでした。
加太神社は地元の通称で本名は淡嶋神社といいますが、調べると粟島神社(鳥取県)や粟嶋神社(大分県)も同じ「アワシマ神社」でこれまた同じように少彦名をまつっている様です。
お互いどういう関係なのか調べてみると面白いかも知れません。

さて、昨日は仕事でスバルを乗り回していました。
P1110181.jpg

法務局に行ったり、ちょっとした買い出しに行ったりうろうろ。
夕方には市役所に書類を提出しにスバルで出動。

P1110182.jpg

平日なのに中央大通りがガラガラです。
4月に入ってから道路交通情報もあまり渋滞していない感じ。
うちも残業が少なくなってきました。
さて、仕事が終わってからホームセンターめぐり。
サイドオーニングに使えそうなものを物色します。

P1110183.jpg

そして二軒目のホームセンターをあとにして帰ろうと思ったとき、セルがまわりませんでした。
おろ、バッテリーあがったかなとジャンプスターターを接続。

P1110185.jpg

ダメです・・・・
相変わらずセルがカチッと言うだけ。
ジャンプスターターも最近充電してなかったから電圧ひくいのかな
一人で押しがけしようかと思いましたが、おなかすいたし目の前に店があるので腹ごしらえしながらJAFを待つことにしました。

P1110186.jpg

びっくりドンキーで四川風ハンバーグを食べているうちにJAFのサービスカー到着。
でっかいジャンプスターターをつなぎます。

P1110187.jpg

カチ・・・・

あれ?
症状かわらず(笑)
ちなみにバッテリーの電圧はかると12.55Vと正常値。

うーん、セル?
もしくはセルに正常な電圧が来ていないかのどちらかです。
とりあえずJAFのお兄さんに押してもらってエンジンかけました。
3速にいれて押しがけであっさり始動。

今度じっくり調査しないといけません。
久しぶりにJAF呼んじゃいました。
JAFのお兄さんはエンジンルーム見て「めちゃくちゃいじってますね」と驚いてました(笑)

サイドオーニングのリフトアップ

ここ最近スバルでオーディオを聴くことは、エンジン音を楽しんでいるのであまりありませんでした。
まあせっかく車載パソコンに音楽データを積んでいるし、MP3プレイヤーソフトも入れているのでロングドライブの時は聴こうかなと思います。

が、スピーカーがあまりにちゃちです。
P1110171.jpg

家庭用のサラウンドスピーカーを流用してました。
そう言えば黄色スバルを解体したときにとっておいたケンウッドの据え置きスピーカーがありました。
あるものは活用しましょう。
試しにつないでみました。

P1110172.jpg

あ、良いです。
絶賛するような音ではありませんが所詮爆音スバルの中で使うので、必要にして充分。
フロントトレイにでも設置しようと思います。

さて、ボルボのサイドオーニングですがリフトアップをどうするか考えていました。
初めはこんなパンタジャッキを使おうかと考えていました。

mono32607443-090522-02.jpg

ひとつ1000円ちょっとで売ってるし。
ですが、これをキャリアに取り付けるには土台が必要です。
また幅が細いので横方向のモーメントに対して弱い。
これがネックでした。

オーニングは最大3メートル前後張り出します。
ほんのちょっとした力でもジャッキにかかるモーメントは相当大きなものになります。
少しでも幅のあるものにして断面二次モーメントで有利にしたいところ。
で、こんなのを用意しました。

LT0104-1.jpg

幅は150ミリと通常のジャッキの3倍近くあります。
バイクのメンテに使うミニリフトで、安物なら3000円台であります。
パンタジャッキより少しお高くなりますが、キャリアに取り付ける土台を作らなくてすみます。

取り寄せてみましたが結構な重量があります。
耐荷重500キロなので頑丈に作っているからなのですが、今回リフトアップするものは総重量を多めに見ても20キロまで。
オーバースペックです。
かなり肉抜きしてもいいかと思います。
大切なのは全体の幅ですから。

また、マニュアルに掲載されているパーツリストを眺めて色々と検討。

P1110175.jpg

肉抜きする部分と2個連動させるためのシャフトの延長方法を検討中。

また、前回入手できなかった電気用のダクトですが入手するメドがつきました。
あまり趣味のために仕事のつてを使いたくは無かったのですが相談してみるとあっさりと手配してくれました。
感謝です。

ベースキャリア

先週のお花見の写真で良い感じのがあったので、のせておきます。

P1110089.jpg

のんびりできるいいところでした。
シメは焼きそばで。
P1110090.jpg


昨夜は月が出ていましたが、山の方では月夜の桜が良い感じだったでしょうね。
15秒露光でスバルのシルエットを撮影してみました。

P1110148.jpg

今日は良い天気です。
ボルボのサイドオーニング計画を少し進めたいと思います。

P1110150.jpg

ルーフテントを支えているベースキャリアのバーを長いものにすると共に本数を2本から4本に増やしたいと思います。
バーは先日入手済みですがキャリアフットはルーフテントに付けているものを移設して使おうと思います。

P1110151.jpg

が、4箇所あるボルトのうち一箇所がさび付いてはずれません。
モンキー投入

P1110153.jpg

少しは動きましたが次第にモンキーでも回せなくなってきました。

最終的にこんなのでがっちりと掴んで力をこめてまわしました。

P1110155.jpg

あ、ねじ山なめてしまったようです・・・・

クルクル回りますが前にも後ろにも進みません。

いじり壊してしまった。
まあカットして別のナットを取り付けて工具でしめれば使えますがルーフテントを支えさせるにはちょっと不安が残ります。

ショック。
壊したフットは今までと同じようにルーフテント上部に取り付けスキーキャリア用に使います。
ルーフテント用には買い直すことにしようと思います。予定外の散財。

気分転換に昼を食べに出かけると同じ後期型の850がいました。
ディーラーものかな。

P1110156.jpg

ホームセンターで使えそうな金物を買い、オートバックスでキャリアフットを入手。
戻ってきていじり壊したキャリアを眺めてしばし反省モード。

P1110157.jpg

ま、直して使います。
どっちにしてもベースバーを増やすということはキャリアフットが必要だったわけだと自分に言い聞かせます。
気を取り直して作業開始。
ルーフテントは約50キロと非常に重く、キャリアの交換や増設は一苦労。
角材をてこにしました。

P1110161.jpg

フロント側2本、リア側2本の組み合わせですが、ピッチを揃えるためにメジャーで測りながら作業。

P1110163.jpg

ところでルーフテントとキャリアの固定にはこの様な金物を用いています。
右が付属のもの、左が増設するためにホームセンターで買ってきた金物。
フラットバーとボルトを組み合わせました。

P1110164.jpg

ところがその金物にボルトを固定しようとしても手が入るぎりぎりの寸法で四苦八苦します。
ルーフテントとキャリアレールの隙間になんとか腕が入るもののほとんど動かせない状態。

P1110165.jpg

これでフラットバーを支えつつ、ワッシャを押さえ、ブラブラ動くボルトにナットを取り付けるのは至難の業。
30分ほど苦戦してやっとひとつ付けられるという有様。
合計16個取り付けるのは気が遠くなりそうです。
そこでガムテープで仮止めするすればいいと言うことに気づきました。

P1110168.jpg

こんな感じでフラットバーを押さえ、ボルトも動かないように押さえるといとも簡単にナットを取り付けることができるようになりました。

P1110167.jpg

ほんのちょっとしたことなんですねえ。
その後は順調に取り付けが完了しました。

P1110169.jpg

車幅からはみ出ないように調整しています。
ここにリフトアップするベースを取り付け、そこにオーニングを設置したいと思っています。
4本にすることにより、ルーフテントの荷重が分散されレールのたわみがなくなりました。

次はリフトアップの機構を検証していきたいと思います。

ホームセンターめぐり

クーラーのコンプレッサー用ベルトは手ではあまり強く張れません。
しかも乗っているうちにだんだんと緩くなってしまいます。

P1110135.jpg

負荷がかかって滑ってしまうといけないので、以前考えていたようにターンバックルを使いたいと思います。
ホームセンターへママチャリで出撃。
シートポストを延長してからはスピードが出るので行動範囲が広がりました。

P1010085.jpg

手頃なサイズのターンバックルを入手しました。
あまり小さなものだと部材が細いので強度に不安があります。
また通常ターンバックルは引っ張り方向に力を加えるので端部はフック形状になっていますが今回は押出方向にも力を加えたいので端部がリングになっている方が良いです。
それらの条件を満たすタイプのがありました。
ちょっと大きいかも知れないのでサイズ調整は必要かもしれません。

ついでにオートバックスにも寄り、オーニングのチルトアップに使えそうな材料を物色してました。
パンタジャッキを2連にしようと思ってその問題点を考えていました。
ジャッキ同士をロッドで単純につなぐのはダメです。
ロッド自体が伸縮しないとジャッキの幅が上げ下げに応じてかわっていくのでロッドは可変機構を持たさないといけません。
これはロッドをサヤ管形式にすれば解決しそう。
またロッドの形状は角パイプにしておけば力の伝達も問題無さそうです。
鉛直方向の荷重は車を支えるジャッキなのでまったく問題はありませんが、水平荷重にともなうモーメントをどうするか、それが課題です。
ジャッキ自体をしっかりと固定しさらに上部で補助的に支えがあると安心。
それはマジョリーナのパイプにつなごうと思います。
建築で言うフライングバットレス(飛梁)です。
ノートルダム寺院の裏側にあるあれです。

ではジャッキをどこに設置するのか。
ルーフキャリアのベースをもう少し長いものにして設置しようと思います。
また今までルーフテントのマジョリーナをキャリア2本で受けていましたが荷重に対して少し不安があるのでこの際4本で受けようと思います。

P1110138.jpg

帰ってターンバックルをあてがいました。
やっぱりちょっと大きいので寸法調整が必要です。

で、今朝は出勤前にコーナンプロへ行ってきました。
昨日はコーナン2件とカインズホームの合計3件ホームセンターめぐりをしましたがサイドオーニング作りに必要な電設用ダクトが置いていませんでした。
プロ用の店ならあるかな。

P1110145.jpg

残念。
ほしい物はありませんでした。
電気用のダクトとはこういうものです。
http://e-negurosu.com/negurosu/sa1kvst/2-1-5.asp

事務所に向かう途中、公園の桜が散り始めていました。
P1110147.jpg

もう桜も終わりですね。
5月になればクーラーもいよいよシーズンインです。

屋根が欲しい(笑)

庭にスバルを置いているわけですが、ガレージを作ってしまうとタダでさえ狭い庭がもっと狭くなってしまいます。
ガレージ欲しいと思いつつボディカバーで過ごしています。
が、雨の日や夏の日差しがきついときにはやっぱり屋根が欲しくなります。

今までいろいろと工夫してきました。

最初はこんな感じで自転車を支えにしてボディカバーを渡して日陰を確保
030907.jpg

次はブルーシートを木やボルボの間に張っていました。
071112f.jpg

最強バージョンはこれ。
051018b.jpg

3メートル角のワンタッチタープです。
これは土砂降りでもお構いなく作業できて良かったのですが、蒜山高原で強風にあおられ破損。
ペグダウンしようと作業していた矢先の出来事でした。
結構置き場所にも困るしキャンプに持って行くにも積載スペースを無駄に消費するので再購入にはいたりませんでした。

で、ちょっとした日よけとしてパラソルを活用していました。
DSC00816.jpg

でも雨には勝てないんですよねえ。

先日の雨の時はウイングタープを張りました。
P1100756.jpg

大げさです。
庭からはみ出るしペグダウンが必要です。
撤収も後日乾燥させてから収納させなくてはなりません。

で、以前からボルボにサイドオーニングを付けたいと考えていました。
通常サイドオーニングは1ボックスなどの背の高い車に付けるものです。
ボルボに付けたら低すぎてテントの下で立ち上がることなんて出来ません。

ボルボの屋根に乗ってるルーフテント「マジョリーナ」に付けるのもひとつの手です。
メーカーオプションとしても存在しています。
が、幅が恐らく190CM程度と若干大きさに不満があります。
また、FRPのマジョリーナに装着するのはいくら補強を入れたとしても不安が残ります。
マジョリーナそのものの耐久性も下がるでしょうし。

で、ルーフキャリアに取り付ける方法を検討しました。
もちろん高さが足りないので使用時にはチルトアップする機構が必要です。
いろんな方法を考えましたが、ちょっと面白い方法を考えついたので細部を熟考したいと思います。

で、もう一つの問題はサイドオーニングをどうするかです。
市販のものは10万円前後と恐ろしく高くつきます。
で、自作しようかと考えましたがネットを徘徊すると非常にうまく考えられた自作サイドオーニングがあったので真似させていただこうと思っています。
「自作サイドオーニング」で検索してみて下さい。
電気用のダクトや物干し竿を使い1万円ちょっとでクオリティのかなり高いサイドオーニングを作っておられます。

2.5メートル角程度の屋根を確保出来そうなのでスバルの作業スペースとしても充分です。
ボルボの屋根に取り付けているので収納場所にも困りません。

さて、チルトアップはうまく行くのでしょうか(笑)
まずはその辺りを検証していきたいと思います。

花見でウダウダ

先週はなんだか雑用で仕事が忙しかったです。

HPのアクセスカウンターを自分のスバルのメーター風に仕上げてみました。

110407.jpg

ちょっとでかいかな。
また今度大きさの調整します。

普段からちょろちょろスバルに乗っています。

仕事の帰りにしんじさんちに寄ったりもしました。

スーパーデラックスなので純正フォグランプが付いているのですがあまり点灯したことが無いのでどのくらいの明るさかつけてみました。

P1110078.jpg

思ったよりも明るかったです。

(写真は実際よりも明るく写ってます(笑))

さて、週末は奈良でまなぶさんとお花見してきました。

P1110085.jpg

以前から気になっていた穴場です。

お昼前という一番混む時間帯でも車を横付け出来たし大きくシートを広げて陣取れました。

P1110082.jpg

近くのスーパーで買い物して早速焼きます。

まなぶさんの秘密兵器、カセットガスの網焼き器が大活躍。

これいいですね。炭いらないしちゃんと網焼き出来るし。

P1110086.jpg

ボルボもルーフテントを開け放して室内を乾燥させます。

こんな感じののどかな場所です。

P1110084.jpg

アルコール抜きでまったりと・・・・・

そういや今日は「D」さんがスバルでジムカーナに参戦してるはず、がんばってるかな。

P1110093.jpg

寝っ転がるとこんな感じ。

あ、バーベキューではなく花見が目的でした。

つい最近まで肌寒かったのですが、やっと春らしくなってきました。

P1110097.jpg

まなぶさんのスバル。

相変わらず綺麗に乗ってらっしゃいます。

そして軽やかなエンジン音。調子良いそうです。

久しぶりに「本当のスバルのエンジン音」を聞きました(笑)

ピストンバルブの静かな音(当社比)です。

夕方別れてからもう少し西の花見ポイントもチェック。

P1110099.jpg

ここもいいなあ。

車は横付け出来ませんがすぐそばに駐車出来る場所があります。

みなさんそこから荷物を持って行って桜の下でシートを広げていました。

ここも混雑していなくて穴場ポイントだと思うので来年候補にしようかと思います。

まなぶさん、お付き合いいただきましてありがとうございました!

仕事の足

P1110042.jpg

朝からガソリンスタンドへ直行。

先日すれすれで帰ってきたタンクを満たします。

燃費10.69km/L

あれだけ全開だったのでこんなもんでしょうか。

P1100939.jpg

で、今日もちょっとだけ高速走りました。

沈黙するタコメーターはいただけないですね。

何とかします。

P1110048.jpg

とある市役所の駐車場にMiEVがいました。

デザイン的には割と好きだったりします。

スバルをEVにするつもりはありませんが、一度はハンドル握ってみたいですね。

そのうち嫌でもEVばかり乗るようになるかも知れないのであせるつもりはありません。

まだハイブリッドも乗ったことありませんので。(同乗したことさえありません)

P1110050.jpg

事務所に戻ってきました。

何故か先日のロングツーリング後、調子がいいです。

全開連続であたりが出たのか、イリジウムに換えたからなのか。

アクセルワークにレスポンス良く応えてくれます。

クルージング

今日は高速クルージングにチャレンジしたいと思います。

まずは給油。

P1100911.jpg

燃費8.5km/L

200キロちょっと先を目指します。

P1100914.jpg

高速をまずは90kmで巡航、PAでプラグチェック。

あ、冬場用にB6HSにしてました。家族連れの注目を浴びながらイリジウムの8番に交換。

新名神を走ります。

P1100915.jpg

おお、やっぱりイリジウムはスムーズです。

高速の途中でイリジウムに交換したのは初めてですがこんなにスムーズさが違うのですね。

モーターみたいにまわります。

走行車線を100KMで巡航。追い抜きの際にプラスアルファといった感じです。

P1100920.jpg

トヨタ町通過~

P1100926.jpg

途中朝食込みの3時間弱でD-Spls!に到着

久しぶりに来ました。

ショップとしての体裁が整ってからは、初めてです。

2台のチャンバー仕様スバルを並べてだべりたおします(笑)

P1100923.jpg

「D」さんのスペシャルマシン、あおいくんのハンドルを握らせてもらいました。

おお!想像してたよりもずっとずぶとい排気音。

キャブの吸気音もいい音してます。

デュアルチャンバーはまだまだ手を加えるそうなので進化を楽しみにしておきます。

まずは、今月のジムカーナ頑張ってください!

昼に福ちゃんもやってきてさらにだべります。

「D」さんの奥さんの手料理をご馳走になりました。

どうもごちそうさまです。山菜ご飯美味しかったです。

まあみんなやりたいことをやっていて、そんな話が楽しめて良かったです。

帰りにまず給油。

P1100935.jpg

燃費 13.1km/L

高速巡航で伸びましたね。

さて、用事があるので間に合う様に帰らなくてはなりませんが、市街地での渋滞が思ったより激しかったです。

高速に入ると恐ろしいほどの横風・・・・・

70kmくらいで手に汗にぎりながら進みます。

横風になったり斜め前方からの風になったり風向きがコロコロ変わります。

斜め前方の時はアクセル踏んでも進みません。

東名阪に抜けるまでホントに神経使いました。

御在所SAでトイレ休憩、気を取り直します。

これまで速度を出せなかった分を取り戻します。

帰りは新名神か名阪かで悩みましたが新名神は横風の情報があったので名阪にします。

[広告] VPS


しかし名阪はやっぱりアップダウンが激しかったです。

全開、全開、4速でパワーバンドにのせるにはある速度が必要です。

左車線ではその速度に到達出来ません、なので右車線をキープ。

関トンネルの手前の登りは以前のエンジンでは3速でのぼりましたが今回は4速で登り切ることができました。

全体的にトルクが上がっているようです。

P1100940.jpg

右車線の流れに乗ることができたので大阪までずっと右車線で走りました。

山添付近の急勾配はさすがに道を譲り左車線に入りましたが、それ以外は右車線グループで走りきることが出来ました。

長年かけて熟成したエンジンです。今回の件でまた信頼度がアップしました。

しかしここで問題発生。

大阪に入りふと燃料計を見るとかなり減っています。

向かい風とアップダウンで結構燃料を消費したようです。

自宅まで持つか?

何とか行けそうなのと用事に間に合わせないといけないのでそのまま走りました。

P1100949.jpg

高速降りて信号待ちで撮影。

自宅まであと4キロほど。

頑張れ!

結局何とか走りきりました。

そして用事にもぎりぎり間に合いました。

というか1分ほど遅刻ですがまだ始まってなかったというのが正直なところです。

ロスタイム使って何とかなったという感じでしょうか。

今回の弾丸ツーリングで思った以上にエンジンが仕上がっていることを確認できました。

焼き付かせないように大事に乗ります。

「D」さんお邪魔しました。これからもスバルのショップとして頑張ってください。
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。