人工スキー場

行きました。

この日、とりあえず図面提出を夕方に済ませました。

翌日からは申請書類作成に没頭しなくてはなりませんが今日は仕事終わり!

幻の定時、18:30にさっさと片付けて事務所を出ます。

無料券をもらっていた六甲山人工スキー場を目指しました。

P1100410.jpg

1時間弱で到着。

全長200mちょいのコース。大回りだと2・3ターンで終わってしまいます(笑)

平日の夜はすいているので少しはターンの練習ができるかな。

P1100411.jpg

昨シーズンもろくに滑ってないのですっかりフォームが崩れています。

板のどこに乗っているのか分からない・・・・

しかも緩斜面しかないのでポジションがつかみにくくて、ひたすら練習してました。

22時前にリフトが止まるまで滑ってましたが最後の2・3本でやっとこましなターンができたかな。

無料券はまだあるのでまた来たいと思います。
スポンサーサイト

何もしない日

疲れがたまってきたので今日はのんびりする日と決めています。
とりあえず朝起きて部屋を片付けて洗濯物を干したら今日の家事は終了~
風呂はいりました(笑)

P1100380.jpg

スバルの充電をしておきます。
今週はあまり乗ることができませんでした。

P1100378.jpg

昨夜から漬け込んでいる肉は良い感じの色になってきました。
昼食は昨夜作ったハッシュドビーフです。
すでにご飯が出来ているというのは楽ちんなことです。

P1100381.jpg

漬け込んだ肉を糸で縛りました。
タコ糸なかったので少し細い糸で心細いですが(笑)

P1100383.jpg

75度で1時間のタイマーをかけて煮込みました。
温度があがると肉がかたくなるそうです。
DVDみながらゴロゴロしてました。

P1100384.jpg

おお、美味そうなスープになってます。
このスープはまた活用することにします。

P1100386.jpg

肝心の肉はこんな感じ。
鶏肉はプルプルです。
風に当てながら乾燥させました。

P1100387.jpg

ダッチオーブンで燻製にします。
スモーカー使うよりも外に煙が出てこないです。

P1100391.jpg

20分ほどで色が付きました。
ニンニクがかなり効いていてビールに良く合いました。
豚肉よりも鶏肉の方がプルプルで美味かったです。

P1100392.jpg

スープは肉を煮込んだダシに塩コショウで味を調整して野菜を煮込みました。
今日はのんびりして美味い物食べて過ごしました。

シーズンクライマックス

そろそろウインタースポーツのシーズンもクライマックスです。
世界アルペンやってますね。
昨年から公私ともに忙しくてゲレンデには行けないのが分かっていたので今シーズンはまったくチェックしていませんでした。
でも年末から続いていた毎日午前様の生活がそろそろ落ち着きそうです。
来週月曜に図面を一旦提出すれば少しはましになるかな。
明日の日曜はゆっくりするために、明日の昼食と夕食の仕込みをしながらテレビを見ることにしました。

P1100358.jpg

まずはハッシュドビーフを仕込みます。
って野菜と肉を切って煮込むだけですから作業そのものは一瞬です。

P1100347.jpg

で、世界アルペンを観戦。
ダウンヒルのVTRも流していましたが、見ているこっちが「うぅーわ」とか「あああぁあぁ」とか思わず声を出してしまうスピードでかっとんでいきます。

P1100361.jpg

で、今度は豚肉と鶏肉を漬け込みます。
ニンニクやハーブをたっぷりかけて仕込み中。
明日になったらスモークにしたいと思っています。

P1100351.jpg

チャンネルかえてフィギュアも観戦。
四大陸選手権です。
今年の女子は安藤選手の圧倒的な安定感がすごいですね。
安藤選手に勝とうと思うならショートでかなり得点差をつけておかなくてはなりません。
フリーではジャンプの得点が10%増しになる後半に怒濤の連続ジャンプを押し込むという一見無茶なプログラムを組んでいますがちゃんとこなしているところが凄いです。

あ~スキー行きたい。
六甲山人工スキー場のタダ券もらったので行ってみようかな。

ボトムブラケットのメンテ

P1100311.jpg

昼過ぎから作業しました。
今日の目的はボトムブラケット(BB)の取り外しとママチャリの鬼門、右ワンが外せるのかどうかの確認です。
ロックリングを外すにはフックレンチが必要です。
手持ちのフックレンチはリングの径には柔軟に対応できるのですが爪の部分の厚みが大きいのでベンチグラインダーで加工しました。

P1100315.jpg

P1100316.jpg

ロックリングが外れました。

P1100318.jpg

左ワンはカニ目レンチで外しました。
で、BBを外して次はいよいよ右ワンです。

P1100319.jpg

おや、見たことのない形状でした。
ママチャリの右ワンはみなさん外すのに苦労されているようでWEBで検索すると先人の苦労が見えてきます。
M16のナットを特殊工具として使う方法が編み出されているのですが、この右ワンはその方法では無理でした。
ちょっと方法を考えるとして今日はF4装着の方法検討とBBのオーバーホールでもするとします。

P1100319b.jpg


ところでこのBBはシェル幅が70ミリだったのでてっきりITAかと思っていたのですが右のロックリングは逆ねじでした。
JISですね。これは困った......
なぜかというとF4の右ワンは正ネジのITAです。そのままでは付きません。
装着方法を考えなくてはなりませんね。

P1100321.jpg


とりあえずF4クランクをあてがってみました。
結構厚みがあります。
今現在のBBシャフト長は127ミリですがそれでは足りないようです。
長いシャフトを探さなくてはなりませんが135ミリくらいのって手に入るかわかりません。

さて、BBの洗浄でもします。
古いグリスをパーツクリーナーで落としながら分解。

P1100323.jpg


シャフトも綺麗になりました。

P1100324.jpg


左ワン内部も綺麗に洗浄。

P1100326.jpg

ベアリングはバラ玉ではなく左右ともリテーナーに収まっていました。
パーツクリーナーに浸しながら古くて固まったグリスを楊枝でつつきます。

P1100328.jpg


綺麗にはなりましたがベアリングの表面には傷が残っています。
そろそろ交換かな。

P1100329.jpg

油っ気の無くなったBBをいったん仮組み。

P1100330.jpg

動作を確認してからグリスを塗布しながら組みなおしました。

P1100331.jpg

BBをフレームに装着。

P1100333.jpg

右ワンの直径は35ミリ。SSTを製作してから外したいと思います。

P1100334.jpg

ところでチェーンカバーは部品取り車の物を使っていますがネジ位置が若干合わないので部分的にしか固定していませんでした。
今日はカバーステーを部品取り車から外そうと思ってクランクをばらしました。
ほー、BBはスクエアテーパーではなくセレクタです。
シャフトの動きは手の感触では先ほどオーバーホールしたものより重いです。

P1100337.jpg

ステーをもぎ取って取り付けました。

P1100338.jpg

ペダルもつけて走り出した感想は、思わず笑顔になるくらいに出だしが軽い!です。
正直あまり効果を期待していなかったのですが、やはり駆動系のメンテは大切ですね。
前回、ハブの程度が良い部品取り車のホイールに前後とも変えたときも「おお!」っと思いましたが、今回のBBオーバーホールも体感できる効果でうれしいです。

1速なんかは軽すぎるくらいになったのでF4装着まではリアのスプロケを交換して調整するのもありかもしれません。

P1100340.jpg

今夜は簡単に野菜と豚肉を炒めましたが、たこ焼きを食べたくなったので裏の商店街でタコ買ってきました。

P1100339.jpg

タコと野菜を刻んで具を作ります。

P1100341.jpg

その間たこ焼き器に油を塗ってなじませておきます

P1100342.jpg

天かすや鰹だしを大量投入して焼きました。
紅ショウガ買っておけば良かったな。

P1100345.jpg

焼きたては美味いです。
くるくる回して焼くの楽しいし(笑)

雪見風呂

P1100293.jpg

昨夜1時頃帰宅するころから雪がちらついていました。
予報では積もるようなことを言ってましたが、朝になるとやっぱり積もっていました。
世の中は今日から三連休、ゲレンデは新雪を楽しめるだろうなと思いましたがまだ下の子は外出禁止なので家でのんびりすることにしました。

P1100297.jpg

で、風呂にお湯をためて雪見風呂(笑)
風呂の窓から外を眺めていました。熱燗用意しようかと思いましたがさすがに自粛.....

土曜日は仕事なので今日はめいっぱいゆっくりしました。
ゲレンデが恋しい・・・・・

ロードマンコルモ F4クランク分解洗浄

P1100264.jpg

自宅のサラウンドスピーカーはここ2~3年使っていませんでした。
復活させたMDをつないでみます。せっかくなのでスピーカーやウーファーの位置の変更とコードの取り回しを変更しました。
午前中いっぱい使っての作業。
ウーファーはテレビ台代わりになってますが(笑)MDウォークマンもつなぎました。

P1100266.jpg

リビングの幅いっぱいいっぱい使ってスピーカーを配置しているのでそれなりに広がりのある音です。
まあスピーカー自体が非常にしょぼいので貧弱な音ですが・・・・

せっかくなので映画のDVDを流しながら本日の作業をすることにしました。
まずは机をしっかり養生。

P1100243.jpg

今日はF4クランクの内部を洗浄してグリスアップしたいと思います。
まずはバラシ前に状態を観察。

P1100244.jpg

うへ~
ぐちゃぐちゃです。

P1100246.jpg

ピンの太さは2種類有るようなので位置関係を記録。

P1100247.jpg

パーツクリーナーとブラシで地道に洗浄開始。

P1100248.jpg

ワッシャを無くさないように外していきます。

遊星ギアまわりはすべて外しました。
ざっと洗浄。

P1100249.jpg

クランク裏はしっかり綺麗になりました。

P1100251.jpg

太陽ギアもバラして洗浄したいところですが、今日は遊星ギアの組み合わせを頭にいれるだけにしておきます。
あっちもこっちもやって収集付かなくなったら見本が無いだけに大変です(笑)

P1100250.jpg

今日のところはそっとしておきます。
洗浄液を作って遊星ギアを更に洗浄し脱脂しました。

P1100252.jpg

軸は焼きがはいっているみたいですね
P1100253.jpg

色がかわっています。

P1100254.jpg

いったん仮組みしてちゃんと組めるかどうかを確認したいと思います。

P1100256.jpg

しくみを再度観察しながら部品を組み込んでいきます。

P1100257.jpg

割と複雑です。
あとは遊星ギアを組むだけ。

P1100261.jpg

無事に(?)仮組み完了。
手で回して動作確認してみました。
おお!ぐるぐると遊星ギアがまわる感じが面白いです。

[広告] VPS


まさに遊星!
ちなみに遊星といいますが日本語で親しみのある表現は惑星ですね。
太陽ギアのまわりを自転しながら公転するのが惑星と同じ動きなので遊星ギアと言うのでしょう。
そもそも惑星とは恒星でできた星座の中を季節によって自由に動いていくので遊星と呼んだり惑わす星、惑星と呼んでいるのが語源です。

動作が確認できたところで、再度全バラしグリスを塗布しながら組み付けました。

P1100263.jpg

今日はここまで。
F4をママチャリに装着するにはボトムブラケットの規格の互換性確認が必要ですがまた今度にします。

P1100268.jpg

今日の夕食は、鮭メシと回鍋肉風の炒め物と豚汁です。
鮭メシはダシと醤油と日本酒を入れたら美味しく炊けました。
ちょっと作りすぎたかなと思いましたが、腹一杯食べました。

フロント内装変速F4

ついにF4を入手しました。
レアな内装変速式クランク......
ブリジストンのロードマンコルモF4に搭載されていたのですがコルモF4自体タマ数が少ないのでなかなか拝むことの出来ないシロモノです。

スーパーコルモF4

ヤフオクでコルモF4が出るとロードマンマニアとF4狙いの自転車改造マニア(主に折りたたみ系)の入札合戦で20年以上前の定価59800円の自転車が高値で取引されています。
ちょっと手が出せない状態・・・・
しかも部品取りしたら、ロードマンマニアの方に申し訳ないと思っていました。
そんな時、昨年の11月ごろだったかな、重量の重いF4クランクを外装のチェーンリングに交換しているブログを発見。
外したF4を譲ってもらえないか、ぶしつけな交渉メールを送ったところ年明け1月半ばにはお譲りできると思いますよと、ありがたい答えをいただきました。
しかも一桁間違ってません??という様な価格の提示に思わず「もう少し出しますよ」と返事したほどの格安。
結局それ以上はもらいませんからということで落ち着き、送ってもらいました。

P1100199.jpg


てっきり着払いで来るかと思っていたら送料元払いで処理されてます。
代金がほとんど送料に化けているのでは・・・・・
あわてて再度振り込みしておきました。

P1100200.jpg

さて、F4はオーバーホールして取り付けたいと思っていますが、そもそも取り付けてどういうギア比になるのか検討しておかなくてはなりません。

まずはF4の内装変速比です。
1速 1.000
2速 1.610
3速 1.790
4速 2.000

2・3・4速の差にくらべて1速と2速の差が大きいです。
2速から上が常用域でよっぽど急な坂などの高負荷の場合に1速を使うのでしょうか。
ということはインター4との組み合わせ時も常用域が2~3速あたりにしたいと思います。
F4で2速にいれておき、インター4で1→4速と自動変速しインター4のトップよりももっと速度を出したいときにF4を3速に入れる。
さらに速度が乗ればF4を4速に入れる。逆にキツイ場合はF4を1速へおとす。

と、いうような使い方になるかと思います。
では各ギア比はどうなるのか、ひとつひとつ検討する必要があります。

通常はフロントのギアリングの歯数とリアのスプロケットの歯数の比になるのですが、今回は前後それぞれに内装変速比をかけあわせなくてはなりません。
具体的な計算式は

総合変速比=(フロントの歯数×F4の内装変速比)÷(リアの歯数÷インター4の内装変速比)

となり、それぞれが4速あるので16通りの組み合わせになります。
面倒なのでExcelで表にしますが、まずはインターシリーズ単体の変速比です。

インター3と4


インター3はインター4にくらべてやはり変速差が大きいですね。
変速時にひざへ負荷がかかります。
ただ、ここで気づいた点がひとつ。

インター3とインター4のトップギアはインター3のほうが少しの差ですがより高いギア比になっています。
ドライブまわりをごっそり入れ替えたときに非常に軽やかになって軽く速度を出せるように感じていたのですが最高速は更新できませんでした。
なるほど、チェーンやハブの状態がよくなってるけどギア比は高くなっていないので最高速は伸びないということがよくわかりました。

ちなみに現時点での平地最高速は39.1キロです。

P1100240.jpg

さて、F4とインター4を組み合わせた場合です。
まずF4の歯数は変更することができません。やろうと思えば大径化はまだ何とかできそうですがとりあえず34T固定です。
リアは現在22T。インター3の時の16Tよりは歯数が増えています。

F4とインター4_22T

表の水色ブロックがインター4、黄色ブロックがF4の段数です。
フロント3速・リア4速ですでに総合変速比が5を超えてしまっています(笑)
漕げるか~!と一応つっこみいれておきましょうか。
F4は前述のとおり歯数の変更ができないのでリア側で対応することにします。
24・26・28と検討します。

F4とインター4_28T

28TにするとF4の4速にしても4.476と現実的な数字。
ちょっとしたロードタイプの変速比に匹敵します。
F4の全段を有効に使えそうな感じなので良いですね。
ただ、ママチャリのフリーハブに使える28Tってあるのかな。
たぶん無いでしょうね(笑)
カセットスプロケットの一部を流用する方法でも考えてみましょうか。

ま、とりあえずはF4のオーバーホールから始めたいと思います。

中身はこんな感じ

P1100201.jpg

真ん中に太陽ギア、まわりに遊星ギア、一通り観察してからOHしたいと思います。

P1100204.jpg


街乗り

[広告] VPS


調子よく走ってます。

現代車の流れに乗って走ってるだけですが、めいっぱいひっぱってるのでスピード感はあります。

運転楽しい。
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク