FC2ブログ

床下大捜索

さて、クラッチケーブルをつながないことにはどうしようもありません。
床下の部品庫を大捜索します。

DSCN9316.jpg

ケースを一つ一つチェック。
うーん、すぐには見つかりそうにありません。
地道に行きます。

DSCN9318.jpg

EK32時代のパーツも結構あります。
が、肝心のものはいずこへ・・・

DSCN9319.jpg

だんだん奥地へ進みます。
お!クラッチカバーかな?

DSCN9321.jpg

写真ではわかりにくいですが、プチプチに包まれたクラッチカバー発見!

DSCN9322.jpg

残念!
肝心の蝶ナットは見あたりませんでした。
やっぱりクラッチカバーよりもクラッチケーブルと一緒に保管している確立が高そうです。

DSCN9323.jpg

さらに奥地へ進みます。
すでに8ケースほど捜索しています。

DSCN9327.jpg

ボルトやナット類を再メッキしたものが詰まった箱を発見。
しかしながらここにはありませんでした。

DSCN9328.jpg

そして12ケース目。
お!腐ったソレックスの横にあるのは?

DSCN9332.jpg

ついに発見!
ありました!
やっぱりクラッチカバーにケーブルが付いた状態でないとダメですね。
これはエンジン単体で入手した際、ケーブルを途中で切断されていたのでそのままカバーと一緒に保管していたものでした。

DSCN9333.jpg

こういう状態で保管してないとどこかに無くしてしまいそうです。

DSCN9334.jpg

失われたパーツ三点セットです(笑)
いやー出てきて良かった。
やっぱりなんでもとっておくものです。

DSCN9336.jpg

ひっぱり出したケースをそれぞれしまい込み、床を閉じました。

DSCN9339.jpg

さらに本棚ももとの位置に戻して秘密の収納はご覧の通り。
うちの床下収納は2ヶ所ありますが、容積は想像を絶するものです(笑)
たぶん一般的な納戸の4倍くらいは余裕で飲み込んでいます。
まあ出し入れは大変ですが重宝しています。

さて、これでスバルの路上復帰のめどがたちました。
今また作業の時間が取れませんがここまでくればあと少しです。

そして僕は途方に暮れるby大沢誉志幸

何という暑い毎日!皆さんいかがお過ごしでしょうか!
ワタクシは非常に忙しい毎日を過ごしていました。
とりあえず倒れることもなく盆休みにたどり着くことができました。

さあ、スバルの路上復帰を目指します。

DSCN9304.jpg

ジョーシンで展示処分されていたスポットクーラーをセットして作業開始。
まずはずるずるに滑っていたクラッチを分解。

DSCN9305.jpg

つるっつるです(笑)!
そら滑るわ!って状態。

DSCN9306.jpg

裏側も同じ状態。
相当ミッションオイルを吸っています。
ですが、手持ちのクラッチはよく見るとEK32用のコイルスプリング式用でした。
EK33のダイアフラム式には使えないので脱脂して再利用することに。

家の前の月極駐車場に移動。
ここは西日が暑いところです・・・・

DSCN9309.jpg

あっつ~としたたる汗をぬぐいながらの作業。

DSCN9310.jpg

久しぶりの作業に最初は手間取りましたが一旦集中するとサクサクと進みます。

DSCN9311.jpg

それにしても西日が強烈。
真っ昼間よりはましですが・・・
実はスバル用に屋根付きガレージを借りることにしました。
そこへ移動したらもう少し快適なスバルライフを送ることができると思います。

DSCN9313.jpg

クラッチも組んでカバーやデスビ、セルを取り付けるとほぼエンジンとして仕上がりました。
あとはマフラーのサイレンサーとダイナモを取り付ければ完成です。
バッテリーが完全に死んでいるので後日用意することにしますがとりあえずここまでできました。

さて、クラッチワイヤーをつなごうかと下を覗いて「しまった・・・」

DSCN9315.jpg

ありゃ・・・
先端の蝶ネジと円筒形のスペーサー?が取れて無くなっています。

DSCN9314.jpg

しまったなあ。
クラッチワイヤーをつなぐことが出来なければ走れません。

たぶん家からこの駐車場まで押してくる間に外れてしまったのでしょう。
作業途中にパーツを無くすなんて小学生がプラモデル作ってる時みたいと思ってしまいました(苦笑)

うーむ。
ヤフオクで探そうかな。


追記

床下を大捜索して出てきました。
また後ほどアップしますが、取り急ぎ報告です!

久しぶりのスバルネタ

1週間前の日曜日、ボルボの購入を決めてから神戸へ行ってきました。

スバル360のイベントが開かれたからです。
今となっては関西でのイベント開催は珍しくなりましたが阪神大震災前は毎年開かれていたイベントで、久しぶりに一発という感じで開かれたそうです。

一眼レフを持って行ったのにSDカードを入れてなかったという失態で写真がありません(苦笑)
しんじさん、ちょっと拝借します。

1368959460.jpg

たくさん集まっていました。
あいにく昼頃から雨になりましたが久しぶりにいろんなスバルを見てモチベーションアップ。
特にしんじさんに教えてもらったインジェクション化されたスバルの存在を知ったのが驚きです。
丸キャブのリンクを上手く使っていて目から鱗が落ちました。
おーPWK化頑張ろうかなあ。

で、先日の日曜。
この日は出かける予定もないのでどうしようかな~と思っていたところにしんじさんからメール。
お借りしているプーラーをしんじさんも使う予定が出てきたとのことでした。
ナイスアシスト!重い腰をあげるきっかけになりました(笑)

朝から洗濯したりちょっと掃除してから作業開始。

DSCN2776.jpg

まずは日影の確保。
パラソル用のステーを地面にペグうちしてます。日差しをまともにあびると暑くてたまらない時期になってきました。

DSCN2777.jpg

さて、いっちょ行きましょう。

DSCN2778.jpg

デスビを引っこ抜いてクラッチカバーを外します。

DSCN2782.jpg

しんじさんにお借りしたSST。
これ、とても良くできています。全然遊びが無いのでボルト穴をさぐる必要がありません。

DSCN2783.jpg

クラッチ獲ったど~!
正確にはクラッチが組み込まれたフライホイールです。
さて、とりあえずSSTはお返し出来るようになりました。
ボルボの装備品も外さなくてはならないので、出来るところまで進めます。

DSCN2788.jpg

床下からガスケット、オイルシール、クラッチをゲット。
ところが・・・・

DSCN2789.jpg

ガスケット、3速用でした(笑)
手持ちの在庫、2枚ありましたがどちらも3速用。
なんで持ってるんでしょう。
しかたないので出来る作業のみやっておきます。
オイルシールを交換し、ケースに残った古いガスケットを取り除いて面を修正。

DSCN2790.jpg

ボルトやナットはなくさないように元の位置に仮止め。
大小のビニール袋を何重にもかぶせて養生しておきました。
ガスケットを注文するのに、まずパーツリストを探さなくては(笑)
サービスマニュアルは出てきたんだけどなあ。

とりあえず、ボルボいっときます。

DSCN2785.jpg

縁石の上に乗り上げて手が入れやすいようにしてからヒッチメンバーを外します。

DSCN2784.jpg

まずは2インチアダプターを外します。
ボルト3ヶ所を外してヒッチメンバーもおろしました。結構重い。

DSCN2791.jpg

それにしても、この2ショットももうすぐ見納めです。
荷室にあるものもすべて降ろして掃除機をかけました。

DSCN2795.jpg

7人乗り登録が珍しいのですが、サードシートの使用は27万キロのうち100キロくらいだと思います。

DSCN2787.jpg

マフラーのステーが朽ち果てそうになってました。
結構冬の高速で塩カル浴びてますから。
まめに下回りは洗浄していましたがそれでもこんな状態になりました。
ちなみに今度のV70は下に潜ってこのあたりもチェックしましたが、まったく錆びてませんでした。

DSCN2796.jpg

ナビパソコン等の配線を外していきます。
隠蔽処理したから、外すのも手間取りました。

DSCN2797.jpg

エンジンルームも綺麗なものです。
27万キロ、良く頑張ってくれました。

DSCN2799.jpg

コーションプレート。
ベルギー生まれのカナダ仕様で、海を渡って日本にやってきました。

DSCN2798.jpg

洗って磨いたらぴかぴかになりました。
さすがに塗装が強いです。
撥水処理もしておきました。

気がつけば愛知県

おや、目の前にスバルがいっぱい

DSCN0159.jpg

どれどれ

DSCN0160.jpg

おお、たくさんいます。

実は「D」さんとこの忘年会にちょろっと顔を出してきました。
この日は参加出来なかったのですが仕事終わってから名神すっとばして行きました。
愛知県の一番西寄りの宿でした。
久しぶりに顔をあわせてだべって楽しかったです。

スキーに行くようになると距離感おかしくなりますね。
現地滞在2時間ちょいですが往復4時間半かけても平気でした。

オイルシール交換はじめました

「冷やし中華はじめました」の様なタイトル。
一日で終わるはずの作業が何故終わらないのか??
夏頃からずっと探していたSST(特殊工具)が見つからないからです(笑)
プーラーが見あたらない。どこやったんやろ。
とりあえずしんじさんに借りることにして、出来るところまで作業しました。

121104a.jpg

まずは床下に必要なものがあるのかどうかチェック。

121104b.jpg

だいたいあるみたい。
肝心のオイルシールのサイズがわからない(苦笑)
サービスマニュアルとパーツリストは事務所に置いてたと思うので後日確認します。

121104c.jpg

ツナギに着替えて工具箱も出して、さてやりましょか。

121104d.jpg

まずはバンパーはずします。
こいつを外すと「エンジンまわりをいじる」というモードに気分が切り替わります。

121104e.jpg

続いてスカートを外します。
おお、何だか久しぶりにチャンバーをみます。

121104f.jpg

厚手のステンレス製。ええ音します。

121104g.jpg

オルタを外す前にバッテリーの導通をカットしておきます。
カットオフスイッチで楽々作業。
しんじさんのをまねっこしましたが、これは便利。

121104h.jpg

キーをまわしてうんともすんとも言わないことを確認。

121104i.jpg

ごろんと外れたオルタネーター。
自家塗装しています。

121104j.jpg

今回は外しませんがクーラーコンプレッサも同じ塗装を施しています。
クラッチケースを外すにはサイレンサーも外しておかなくてはなりません。

121104k.jpg

この状態でエンジンかけたい衝動にかられますが、タダでさえご近所に迷惑かけているので自重(笑)

121104l.jpg

外したパーツたち。
さて、ここから先はちょっとジャッキアップ。

121104m.jpg

フロアジャッキ使うのも久しぶり。

121104n.jpg

アンダーカバーを外しました。
オイルでねっとりです。

121104o.jpg

デスビの位置も覚えておいたほうがいいですね。
上死点0の時

121104p.jpg

デスビの位置はこんな感じ。
まあ組む時の目安にはなるでしょう。

121104q.jpg

クラッチケースを外すにはミッションオイルを抜いておく必要があるのでやっておきます。
まずは左のドレン。

121104r.jpg

そして右側のドレンからも少々。

121104s.jpg

パッキンの在庫、あったっけ?
まあ一応仮組みしておいて次の作業までに探します。

クラッチカバーやセルを外すと作業中断中にホコリや砂がはいると良くないので今日はここまで。
プーラー借りてから残りの作業は一気にやろうと思います。

久しぶりにスバルをいじりましたが、楽しいですね。
メンテ用パーツを床下に整理して収納しているのでそのあたりも楽になりました。
大物やめったに交換しないものは、別の床下で眠っています。
一度全部のパーツケースを整理したいと思っています。
秘密基地作ってからかなあ。

今朝ウイングヒルズのブログを見ると山頂はこんな感じでした。

121104t.jpg

おお!天然雪が積もってる。
下部の人工雪ゾーンは今週オープン。
11月中に雪の上に立ちたいものです。
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク