FC2ブログ

高校受験のサポートを終えて①

上の子は春から高校生活をスタートしました。
毎日自転車通学していて、地元の高校で良かったと私も思っています。

昨年、受験のサポートをしたわけですがその際にいろんな先輩保護者さんたちの情報を参考にさせていただいたので
私もこれから高校受験を迎える保護者さんの参考になればと何度かに分けて書きたいと思います。

まずは私自身、中学の時はどうだったかを少し書いてみたいと思います。
私は中学二年の時に荒れに荒れている中学へ転校しました。
担任の先生に連れられて職員室から初めて自分の教室に向かいましたが、廊下や階段では大勢の生徒がたばこを吸いながらたむろしてます。
ウンコ座りした女の子が「あんた、どっから来たん?」とたばこの煙をはき出しながら聞いてくるのには度肝を抜かれました。
それ以上に驚いたのは教師が「おお、この子転校生やで」と何事もないかのように言って歩いていることでした。

転校前の中学は田舎の学校でしたが、授業はわりとじっくりと進める方針だったようで、ペースは遅いもののしっかりとした授業でした。
もちろん授業中にたばこ吸いながら麻雀やったりジャンプ読みながらトランプするやつなんていませんでした。
転校後の学校は生徒がやりたい放題やってる前で、先生が淡々と教科書を独り言のように読んだり、黒板に向いたまま授業を進める先生がいたりとむちゃくちゃでした。
生徒をほったらかしにしているのでその分ペースは速く、たとえば日本史で言うと転校前は弥生時代だったのに転校後は明治維新まで進んでいるという違いがありました。

先週まで弥生時代をやっていたのに今週から明治です。
それが5教科全部で同じようにあいだが抜けてしまいました。
幸い理科と国語は得意だったので、なんとかなりそうでしたが、英語・数学・社会は途中が抜けたらなんのこっちゃわかりません。
しかも授業は崩壊してるし、取り戻すことなく中学生活は終わりました。

それでも、自分自身がしっかり勉強していれば問題なかったのでしょうが、すっかり自堕落な環境に順応してしまい(笑)、転校してからまーったく勉強しませんでした。
でも環境のせいにしてはいけませんね(笑)、悪いのは自分です。
何をしてたかというと、日本橋に自転車で行ける距離になったのをいいことに、通い詰めてラジオ作ったり黎明期のパソコンにはまってました。

そんな私がまともに高校へ行けるはずがなく、私学も公立も落ちるという親不孝なことをやらかしてしまいました。
当時、昼夜が逆転したような自堕落な生活丸出しのまま、試験日を迎え試験中に熟睡するというマンガみたいなことをやってしまったのです。
ちなみに私学も公立も「数学」で眠ってしまいました。
どちらも半分くらい解いてから記憶がなくなり、終了のチャイムで目が覚めてびっくりしたのを覚えています。

不合格になった翌日、朝刊で私学の1.5次募集が出ているのを見て、聞いたことのない私立高校を受けました。
結局そこに行くことになりましたが結果として、その高校に進学して良かったと思います。
中学2年1学期までの学力だけで受験したわけですから、よくまあ合格できるところがあったものだと思います。

さて、私の高校受験の顛末を書きましたが振り返ってみると、なんて自分はお子様だったのだろうと思います。
昨年の宇宙博の記事に書きましたが、あの日に会ったJAXAの職員さんとAさん(今だから言いますが某大臣のお嬢さん)は、10代からしっかりしていたんだろうなと本当に思いました。
私も10代後半から「それなりに」自覚も芽生え、勉強もバンドもスキーもしっかり打ち込みましたが、10代前半はあまりにも子供すぎたなあと思います。

中学3年生になった自分の子供に目を向けるとやはり「どうしたらいいのかわからない状態」になっていることすら客観視できない様子。
少し呼び水を差してやるかと思ったのが受験サポートのきっかけでした。

DSCN0338_2014072122353079b.jpg

ですが、私自身前述のようにまともに高校受験を経験してませんし、試験問題の内容もまったくわかってませんでした。
私がその後、大学受験や国家資格の受験勉強で、あるいは仕事をする中で身につけたのが「まずは何がわからないのかを把握する」という当たり前のセオリーだったのでそこから手をつけることにしました。

次回、そのあたりを書きたいと思います。

サクラサク

やっと受験が終わりました。

タイトル通りです。

P3021446.jpg

合格発表は私は見に行かないつもりでしたが、直前になって我慢できず車を走らせて駆けつけました。
息子には行くとは言っていなかったので近くの駐車場で待機していると「番号あった」と電話が入りました。
そのまま手続きをするということなので、見に来ていることを告げずにそっと掲示板を見に行ってきました。

確かに番号がありました。
自己採点を聞いて合格は間違いないと思っていましたが、発表までの一週間が長かった・・・・

それにしても、息子よ。
よく頑張った。
ダントツで低い内申点で合格したということは、裏を返せば当日点をかなりとったということなので
自信を持っていいと思う。
何より、自分が「行きたい」と思った高校に頑張って合格したのは本人も嬉しいだろうと思う。
SSH指定校の文理学科、授業が面白そう。
春から高校生活を満喫してくれ。

ええなあ共学(笑)
(私は男子校でした・・・・)
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク