スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルボもいますよ

V70XCについてお問い合わせいただいたので書いときます。

3月に車検も通して、まだまだ元気です。
故障はどうですかとのご質問でしたが、今のところ大きな故障はありません。
850の方は結構故障していましたが。

ですが、来年で20年選手。
そろそろ燃料ポンプを交換しようと思います。
こいつが故障すると出先でどうしようもありません。
850の時は部品代と工賃で10万円でしたが、4WDであるクロスカントリーはアクセルシャフトも下ろす必要があっておそらく20万近くかかるそうです。
あと、トレーラーの牽引や荷室への積載を考慮してリアサスが自動調整式になっていますが、こいつがへたるとそれなりに高価だそうです。
また、FFベースの4WDで普段は駆動力をほとんどフロントに伝えていますがフロントが滑るとリアに駆動力を伝達します。
これは前後をつなぐプロペラシャフトにビスカスカップリングを入れて実現しているのですが、こいつが壊れると部品だけで20万だそうです。

幸い、うちのはまだどれも大丈夫ですが今年は燃料ポンプを交換しようかなと思っています。



3月の車検でバッテリーを交換したところですが、先日あがっていました。
850時代からジャンプスターターを荷室に積んでいるので事なきを得ましたが、いくらあまり走っていないと言ってもちょっとあがるの早くない??と思ってます。
オルタネータもへたってるのかなあ(苦笑)
スポンサーサイト

つやつや

水洗いでつやつや!
ええ子や(笑)

でもルーフテントが載っているのでルーフが洗えない…
トレーラーも洗いたいので高圧洗浄機とブロアを買いに来ました。
ダイソンのハンディクリーナーも手に入れたし、この秋は家と車たちを綺麗にしよう!

あ、まだ乗り換えませんよ(笑)

昨日の日記。
タイトルにもあるとおり次期車両については、あくまで「考えるだけ」ですからね。
考えるだけならタダなんで。

P7213626.jpg

こいつは850からナンバーを引き継いだお気に入りの車です。
来年2月に車検ですが、今年中に一度いろんな消耗品を交換したいと思っています。
欲を言えばシートが部分的に革じゃないってところが惜しい。
850は特別パッケージでオール革だったので座り心地が最高でした。
いつかは自分で張ってみようかなどと思ってしまいます。

そうだ、明日は掃除と洗車をしよう。
(たぶん今年初めての洗車・・・・)

P.S.さっき中古車サイトで検索したらこの初代V70XCは一台も見当たりませんでした・・・・
  もともと2年しか生産してないし、そもそもあまりこのXCに乗ってる人いなかったもんなあ。
  フルモデルチェンジした2000年以降のSBシリーズならたまに見かけますが。

次期車両を何にするか考える(考えるだけ)

VOLVO850から乗り換えた初代V70XCですが、気に入って乗ってます。

DSCN2724_20160930201511631.jpg

奥が27万キロのご奉仕をしてくれた850
手前がその後乗っているV70XC。乗り換えてすでに4年が経ちました。
普段あまり車に乗らない人なのでまだ8万キロちょいですがすでに車齢は19年選手。
ボディもエンジンもしっかりしていますが、自動レベル調整式のリアショックやエアコンのドレンホースなどゴム系パーツがへたり気味。
そりゃそうですよね。
来年、20歳を迎える車ですもん。
タイミングベルトやウォーターポンプは購入時に交換しましたが、そろそろ燃料ポンプも含めて消耗品の総取っ替えですねぇ。
びしっとリニューアルしたいところです。

ちなみに4~5年前、次期車両の候補を探していたとき候補に挙がっていたのはボルボの240などですがもう今更いい個体が入手できそうにありません。
もし次に国産に乗るならスバルのアウトバックだなとも思っていました。

oishii_64_1.jpg

ところが、もうすでに10年選手なんですね。
中古車サイトでみたら、10万キロで20~50万円くらいとたたき売り状態です。
今乗ってるV70XCがいよいよダメになった頃にはあまり残ってないんでしょうね。

では、今から次期車両の候補を物色しておくかな。

クラシックなボルボはもういいかなと思っています。
ずーっといいなあと思っているのはこれ。、

1306887F.jpg

初代レンジローバーのバンデンプラモデル。
いいなあバンプラ。
乗りつぶした個体なら手を出せそうですが、程度の良いのはすでにプレミア価格になりつつあります。
初代レンジで同年代のうちの英国トレーラーをひっぱるのが夢です。

同じレンジで欲しいのはこういうのもあります。

p02-03.jpg

3代目レンジのBMWエンジン搭載モデル。
レンジローバーは2代目と3代目の複数モデルに乗せてもらったことがありますが中央道の急坂でも「ここ、登りやったっけ?」というくらいにトルクフルに走ります。
まあ4.4リッターとか5.0リッターモデルですもんね。
中古なら手が出せそうなところまで落ち着いてきていますが、あとの維持費を考えると二の足を踏んでしまいます。
トレーラー引っ張るにはもってこいなんですけどね。
ただ、サイズ的にかなり大きくてうちのまわりの下町の路地で難儀しそう・・・・

ボルボだとXC70がサイズ的にもトレーラー牽引にはもってこいです。

volvo-xc70-classic_004.jpg

何年かたって中古車の値段が落ち着いてきたらありですね。
70シリーズは私が乗っているころに比べてかなりサイズアップしてますが、子供達の背もかなり伸びてきたのでいいかもしれません。

で、国産だとやっぱりこれかな。

002_o.jpg

スバルのアウトバック。
基本的に北米向けに設計されているので、トレーラー引っ張るのが前提になっています。
上述した欧州車もトレーラーを引っ張るのが当たり前の車両。
日本国内向けのものはどうしても軽量化を設計の趣旨としているのでたとえヒッチメンバーを取り付けることができても
あとあと問題がでたりしている話を結構聞くので選択肢には入りません。
デザイン的にはXC70のコピー?と思ってしまいますが、AWDの機構はさすがにスバルだと思います。
低重心のボクサーエンジンとシンメトリーなドライブトレーンは雪道で力を発揮できます。
まあ850からV70XCに乗り換えてから早朝のスキー場の上り坂でも不安になったことはありませんが・・・・
現行アウトバックが2年落ちとかで出始めたら狙い目かもしれないなあ。
安さと信頼性ならアウトバック一択です。

といいつつ、初代レンジの中古車情報をたまに思い出したように検索するワタクシでした・・・

モバイルオフィス

今日は朝からちょっと遠方に来ています。
午前と午後で別件のクライアントと打ち合わせなのですが午前のは10時過ぎに用事が終わり
次の打ち合わせは午後2時の予定。
3時間半あいてしまいましたが事務所に戻れる距離でもありません。

そうなることはわかっていたので今日はボルボに必要な用意をしてきました。

140904a.jpg

今日中に描き上げないといけない図面をかいています。
ノートパソコンのキーボードに手を伸ばすのは面倒ですがワイヤレスのトラックボールとキーボードがあれば車内でも非常に快適。
WIMAXでネットはもちろん、事務所のサーバーともつながっているので図面を描くのに何のストレスもありません。
コーヒー飲みつつ音楽聴きながら狭い車内で落ち着いて仕事するのもいいものです。

自走式のキャンピングカーでお仕事されている方もいらっしゃいますが、たまにならボルボでも充分ですね。
助手席が折りたためてデスクになるのが良いです。

さて、仕事しよっと
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2ID

ATU360

ATU360

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。